2007年6月27日水曜日

マーダーボール



どうも。3年の鈴木亮平です。





「マーダーボール」とは車椅子ラグビーのアメリカ代表のドキュメンタリー映画です。


最近観た映画の中では抜群に面白かったです。


観終わった後、拍手をしたくなるようなめちゃめちゃいい映画でした。


サッカーやってる人にはかなりオススメです。





それはさておき、皆さん上の写真はどこで撮ったものかわかりますか。
今年の12月に開通する首都高速中央環状新宿線のトンネルの中です。
月曜日に授業で見学に行ってきました。
開通前でまだ工事しているトンネルの中に入れるということで、珍しく早起きしていきました。
東京の地下にこんなのがあるのかと感嘆しました。
トンネルの作り方には2種類あるようで、1つは地表面からトンネルを通す位置まで掘ってから、トンネルを作ってまた埋めていくという開削工法。
もう1つは、モグラのように地中を掘っていくシールド工法。
シールド工法だと、写真のように丸いトンネルになります。



シールド工法のトンネル、僕の体にもあります。
シールド工法的にネジをぐりぐりと左足の甲の骨に入れました。
現在、骨がくっつくのを待ちながらリハビリやってます。
けが人はモチベーションを保つのが非常に難しいですが、昨日慶さんが言っていたように、怪我で休んでいる期間はある意味チャンスです。
体作りができるし、外からプレーを見ることで自分のプレーを見直すことができます。
けが人の皆さん、あせらず元気にがんばっていきましょう。


最近3年生になったので課題やらレポートでひどく忙しいです。
明け方まで課題をやっていることが多くなりました。
そんな時、僕を癒してくれるのが「めざにゅ~」の杉崎美香。
彼女の笑顔に癒されてからぐっすり眠ります。
笑顔はいいですね。
ということで、今週も“笑顔で”がんばりましょう。


鈴木亮平(3年MF)

0 件のコメント:

コメントを投稿