2007年9月11日火曜日

東京大学ア式蹴球部のサポーターです。

秋季リーグ第2節
東京大学VS上智大学

〈前半〉0―1
15分 上智大学 11番ゴール18番アシスト

〈後半〉0―0

〈結果〉0―1



残念ながら負けてしまいました。しかし次の試合まで一週間しかありません。次は勝ち点3を手に入れましょう!!!!



前回のfeelingsで書いたコトをネタとして引っ張られfeelingsを書くコトの大きさを痛感しました2年MNGの櫻井優里です。投稿遅れて申し訳ないです。



最近、私はア式の練習や試合を見てると声を出してチームを盛り上げるのは大切なんだなぁと感じます。

前にテレビであるサッカー解説者が試合中に声を出して盛り上げる事について「試合中どんなに声を大きく出してもサポーターの応援の声でかき消されてしまう。だからあんなのはパフォーマンスにすぎないのだ。」と言っていたのを聞いたことがあります。
確かに日本代表やJリーグの試合ではいくら声を出しても聞くのは難しいでしょう。
しかし、私たちア式サッカー部そして大学サッカーの試合では選手同士が声を聞き取り合うことができます。
これはとても良いチャンスだと思います。
声を出すことによって意思表示にもなるし自分自身のモチベーションを上げるコトができるのではないでしょうか。そして、それがチームの一体化につながるのです!
試合中だけではなく練習中もそうです。
特に私はあの地獄のフィット中、チーム内で声を出している人は輝いて見えます。

声を出して一緒にチームを盛り上げていきましょう!!

最後に…
最近、学連のお仕事でU-22のお手伝いばかり行き職権乱用などと囁かれていますが私はお仕事で行っているのであって水野選手を近くで見るためではありません!!
そして1番好きなチームは「東京大学ア式蹴球部」です!!!!

0 件のコメント:

コメントを投稿