2007年10月17日水曜日

紅白戦

こんばんは、3年DF、最近は右足ロングシュートが売りの齋藤です笑

明日は紅白戦。

4年生との練習回数も限られてきた今、明日の紅白戦に意気込んでいる人も多いと思います。僕もそんなヤツの一人です。

3年生としての今の自分の課題は、4年生がいなくなってもア式のプレークウォリティを維持・向上させるために残り数少ない4年生との練習を真剣に取り組むこと、最高学年になったとき自分達でチームをまとめられるようにプレーでもメンタルでも周りに認めてもらえるよう行動すること。紅白戦は、今述べたことにを追求する上で3年の自分にとって大きな意味を持っていると考えています。

最近3年生のミーティングを重ねるにつれて自分の中で「上の学年」という意識ができてきて、同時に自分のプレーも変わってきていると感じています。

個々のプレーについて、さっきの1対1では簡単に振り向かれたから、次はもうちょっと寄せてみよう、というようなのが意識のある練習だと思っていたけど、鈴木さんやキャプテンが常日頃言う「意識」は、今述べた反省とか教訓の意味だけでなく、プレーに取り組む姿勢、やる気?みたいな意味もあるのではないかと思います。最高学年になる前に自分が変わらなくてはならない、というような危機感があるから、今は練習に対する姿勢が自然と矯正されて徐々に良い傾向のパフォーマンスを発揮できるようになってきているのだと思います。

秋季リーグも残りわずか、各学年ともそれぞれの立場から今の状況を考え、明日の紅白戦、土曜の練習試合、そして日曜の明学戦に取り組みましょうっ。

0 件のコメント:

コメントを投稿