2007年10月4日木曜日

ガンバリ国連特別顧問、なんていい名前…。

中国では、福田首相がのび太君に似ていると人気上昇中だとか。マンガ好きの麻生元幹事長としては胸中複雑なところでしょう。


こんばんは、最近復帰した3年の大沢です。やっぱり観るよりもプレーする方が楽しいですね。自分のイメージ通りに動けたときなんか特に。


さて、秋季も折り返しを過ぎ、主力には警告や疲労が蓄積してくるころです。こういうときこそ、新たな戦力(シンデレラボーイ?)の出現が必要です。


「チャンスは全員にある」とよく言われますが、やっぱり与えられるチャンスの数は違うと思うんです。

主力の調子にもよるし、ポジションによっても違うし、BよりAの方が鈴木コーチにみてもらう時間は長いだろうし。

でも、重要なのはチャンスが多かろうが少なかろうがそれを生かせるかどうかってトコです。
試合だって相手の3倍シュート打っても負ける時は負けるんで。それと同じです。

最近Bチームと合同の練習も多いですが、たとえBでも少ないチャンスをexcuseにせず、一旗揚げてやろうっていう選手にはやっぱり怖さを感じるし。これはお世辞でも上から目線でもなく、実際感じることです。

逆にそういう意味では、同ポジションの先輩2人が離脱した直後に自分もケガをしたのは、チームに迷惑をかけた以上に一選手として情けないですね。千載一遇の好機をフイにしたことになるんで。

だから次の好機は石にかじりついてでも掴んでやるという気持ちでプレーしてます。


ネチネチクドクド色々書きましたが、つまるところ3年生(以下)ももっと今年に懸けていいんじゃないか、ということです。今年の結果で来年の舞台が変わるんで。


厳しい現状ですがみんなで起こしましょう、いわゆるひとつのメークドラマ。




(僕の嫌いな)巨人も優勝したことですし…。


大沢 拓巳(3、MF)

0 件のコメント:

コメントを投稿