2007年12月9日日曜日

あ~よく寝た

おはようございます。気づいたら夜になってました。埼玉のジェントルマンこと白井です。
寝てる間に日商の12番が一発レッドしてました。
やっぱ挑発とかするのって良くないと思うし僕はそういう非紳士的な行為はしたことないってかできない人間なのであれは夢だったっぽいです。
つーことはPKで負けたのも夢だったっぽいな。よかったよかった。


まぁでもこれじゃfeelingsにならないんでその夢で見た試合について思ったことを書きます。

まず一番感じたのは、サッカーって難しいってこと。
点を取ることの難しさ、守りきることの難しさ、勝つことの難しさ。
どれも秋季を観戦しながら他人事みたいに思ってた以上にリアルで、まだまだ自分は力不足でした。

もうひとつ感じたのは、当たり前だけど負けたら悔しいってこと。
受験でも、サッカーでも、負け続けてきた俺だけど、やっぱりいくつになっても負けたら悔しい。
もっと体寄せられたんじゃないかとか
後半の最後はリスクかけてでも上がるべきだったんじゃないかとか
とにかく勝つためにもっとやれることあったんじゃないかって今更ながら思います。


この1ヶ月間、新人戦チームでやってきていろいろとうまくいかないことも萎えることもあったけど
もう少しこのチームでサッカー、したかったです。ほんとに楽しかった。
応援してくれた3年生、OBの皆さん、スタッフの方々には申し訳ない気持ちでいっぱいです。
特にインゼミなんて言っておきながら本当は東洋大板倉キャンパスに前日入りして3回戦の最高の応援席を確保してくれていた高松さんには合わせる顔がありません。マツさん、ごめんなさい。

来年こそは。


みなさんほんとうにありがとうございました。

1年MF 白井英介

0 件のコメント:

コメントを投稿