2007年12月2日日曜日

3回目

 の投稿にして、初めてけが人としてでなくフィーリングスを書く実島です。まあ、捻挫して一時的に離脱した時には、やっぱりけが人が自分の定位置なのかとへこみかけましたが、思ったより早く戻れて良かったです。
 さて、長いリハビリ生活から復帰して一ヶ月半。最初の頃は普通にサッカーができるだけで楽しくてしょうがなかったですが、ちょっとずつ落ち着いてくるにつれてじわじわと実感してくる自分の下手さ、あまりの下手さ。特に試合をやる機会の多い最近は、簡単に裏にパスを通されてしまうこと、パスミスの多さ、サイドハーフとうまく連係が取れないことなど、ことあるごとに本当にいろんな課題が湧いて出てきます。こういう風に守りたい、攻めたいというビジョンはあるのに、実戦で思うようにそれを出せない歯がゆさ、焦りを強く感じています。
 それでもやっぱりサッカーは楽しい。実戦の中で課題を感じることは、当たり前だけど実際にサッカーしないとできないわけで、課題について考えてかないとどうやって成長するべきなのか見えてこないわけで、今は自分の足りないものをはっきり感じられるだけに成長できる余地がたくさんあるように思えます。
 新人戦ではなかなか出場機会は来ないと思いますが、どんな形で出番が回って来るかわからないので、それにかけてしっかり心身の準備をしときたいと思います
1年 DF 実島 崇之

1 件のコメント:

  1. わたくしめ、佐藤はもっとバネをためて復帰したときに爆発します!!!

    返信削除