2007年6月30日土曜日

一年もとうとう10人になりました

早いもので一年生の内もう三人もア式をやめてしまいました。
理由はそれぞれあると思し、もうどうこう言う気はないけど、正直10人は寂しいです。
しかもやめたのはみんなゴミ係の人で、残ったゴミ係は僕を含め二人です。かなり迷惑です。

てことで、部員を増員するために「ア式ブランド」なるものを確立し、ア式のイメージアップにつなげようという運動を展開しようかと一年の何人かで考えてます。 まず、部ポロにハーパンでア式のバッグを持って駒場、特に食堂をうろつくことでア式の存在をみんなに意識させます。そのスタイルで颯爽と歩く姿がかっこいいと思う人がいたらこっちのもんです。 とまあ今考えてるのはここまでです。
あとどんなにイメージアップしてもとりあえず一部に上がらないとどうしようもないので頑張りましょう!!


最後に個人的なことについて。このままの体ではどうしても怪我が多くなってしまうので、筋トレ頑張ります。入学時から続けてきた体重増加計画は順調に進行中で、3キロちょっと増量しました。
一人暮らしにもほとんど慣れ、ア式の練習にも慣れてきたのでこれからもっと頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。


一年、MF 久木田 紳吾

2007年6月29日金曜日

『シュリ』はいい映画です!

 6月28日のfeelingsを書くことになった岩田宗一郎です。

「feeling」の名の通り、最近自分が感じる事について書きたいと思います。と、言っても、近頃の六者協議での北朝鮮の傲慢さとそれに対する寛大すぎる措置について書くわけにもいかず、やはりここは最近の自分のプレーについて書きたいと思います。
極めて個人的な内容になると思いますが、最後までお付き合い頂ければ幸いです。


 最近、練習後に家でストレッチをする(スピッツを聞きながら)ことを覚えまして(結構疲れが取れるようです)、いつもストレッチ中や寝る前に、その日の自分のプレーはどうだったのか、良かった点はあったのか、悪かった点ではどうすべきだったのか、といったことを振り返るのですが、よく今日の練習中の自分は傲慢な部分があった、と思います。「傲慢」といっても、威張り散らしているわけではなく、ミスをした時にやる気をなくしてカバーしなかったり、そのミスを指摘するOBコーチや他の選手の声に対して反発心を持ったり、といったことです。
具体的な場面を例に挙げると、1対1や2対2の対人練習において、ゴール前でドリブルをして相手に取られた時に、「ゴール前だぞ、考えろ!」という声に対して、明らかに自分のミスだし、それは自分でも認識できているにもかかわらず、気持ちが盛り下がっていくと同時に『うっせぇわ!そんなことは分かってる。』と心の中で反発する自分が確かに存在するのです。もちろん毎回そのように思うわけではないのですが、思うときがあるのは事実です。
このような傲慢な態度で練習しても上手くなるはずがない。悪影響はあっても好影響はあるはずがない。と家でよく反省するのですが、いざ練習に入ると自分の精神をコントロールしきれない時があり、自分を見つめて、傲慢な自分がいると感じても、(ナルシストなので)そのまま精神が回復するのを待つだけになったりするのです。
 では、なぜ(どのような時に)そのような傲慢な精神が自分の中に芽生えてくるのだろうか?
もし自分がいいプレーを連発し、ミスも無く、良い精神状態で練習していれば、そのような感情は芽生えないはずです。つまりある程度自信はあるのに、それに見合うプレーができず、精神的に悪い時に芽生えると思われます。しかし、絶好調の日ばかりではないはずです。必ずミスが多い時もあります。そういう時にこそ、やる気をなくすのでは無く、ミスから学び取っていかなければ選手として成長しないように思います。
そして、ミスが多い時にも顔を上げて次に向かうには、高い向上心と周りの選手の声が重要であると考えます。ミスをしても、ここでやる気をなくしたら上手くなれないと考えれば、または他の選手の励ましの声があれば、悪い精神状態に陥る可能性は減るように思います。
   
 スポーツにおいて精神状態というのはとても大切だと思うので、技術や身体能力だけではなく、精神面においても成長したい。そのためにも練習中どのような不満があっても、またミスをしても、決して下を向かず、更には、他の選手がミスをしても、その選手がいい精神状態になるような声を出していき、選手としても人間としても成長していきたいと思います。

 これからもセンスと向上心と努力で経験の差をカバーしていこうと思います。(ナルシストですいません)


  以上長々と個人的な話をお読みいただきありがとうございました。あと提出が遅れて申し訳ありませんでした。

2007年6月27日水曜日

マーダーボール



どうも。3年の鈴木亮平です。





「マーダーボール」とは車椅子ラグビーのアメリカ代表のドキュメンタリー映画です。


最近観た映画の中では抜群に面白かったです。


観終わった後、拍手をしたくなるようなめちゃめちゃいい映画でした。


サッカーやってる人にはかなりオススメです。





それはさておき、皆さん上の写真はどこで撮ったものかわかりますか。
今年の12月に開通する首都高速中央環状新宿線のトンネルの中です。
月曜日に授業で見学に行ってきました。
開通前でまだ工事しているトンネルの中に入れるということで、珍しく早起きしていきました。
東京の地下にこんなのがあるのかと感嘆しました。
トンネルの作り方には2種類あるようで、1つは地表面からトンネルを通す位置まで掘ってから、トンネルを作ってまた埋めていくという開削工法。
もう1つは、モグラのように地中を掘っていくシールド工法。
シールド工法だと、写真のように丸いトンネルになります。



シールド工法のトンネル、僕の体にもあります。
シールド工法的にネジをぐりぐりと左足の甲の骨に入れました。
現在、骨がくっつくのを待ちながらリハビリやってます。
けが人はモチベーションを保つのが非常に難しいですが、昨日慶さんが言っていたように、怪我で休んでいる期間はある意味チャンスです。
体作りができるし、外からプレーを見ることで自分のプレーを見直すことができます。
けが人の皆さん、あせらず元気にがんばっていきましょう。


最近3年生になったので課題やらレポートでひどく忙しいです。
明け方まで課題をやっていることが多くなりました。
そんな時、僕を癒してくれるのが「めざにゅ~」の杉崎美香。
彼女の笑顔に癒されてからぐっすり眠ります。
笑顔はいいですね。
ということで、今週も“笑顔で”がんばりましょう。


鈴木亮平(3年MF)

2007年6月26日火曜日

新しい携帯が欲しい(by池田)

はじめまして。4年の伊藤慶一です。この4年間ではじめての執筆です。

いつのまにやらfeelingsがblog化して、

かつての諸先輩方の熱い思いを載せたfeelingsとはどこか違う感じになってしまっています。

僕としてはかつてのキヨさんの文やウワさんの文の熱さとかが好きだったので

なんか違和感があったり。



なかったり。




ところで、つい最近までチームには怪我人が続出していて、

ここ2,3週間で何人か復帰したものの、それは結構な数のリハビリ集団が出来上がっていました。

もう、Aチーム、Bチームとかよりも大所帯でした。

今日はそんな怪我の人にむけて書こうと思います。



僕も去年一年間サッカー部にいながらほとんどサッカーができませんでした。

グロインペインという怪我のため長期間離脱してリハビリをしていたからです。

その怪我の間にチームにはいろいろな変化がありました。

監督が二回変わったり、OB会の体制も変わったり、僕らが最高学年になったり。

かなり大きな変化だった気がします。

でも、実際のところ、自分がサッカーをしてないと、チームの一員だという気持ちが薄れ

その変化にはあまりついていけず、

全部他人事のように思えてしまうことがあったり、

俺は何をやっているんだろう、とか考えたりする事もありました。

もうどうしようもないやつですよね。



でもとりあえず、僕がその間考えた数少ないことで、

後輩に伝えられることといえば

『怪我をしたときにしかできない事をやって、何かプラスαのものを持って帰る』

という気持ちを持っていこう、ということです。

復帰間近の人なら、皆のフィットよりきついメニューでおいこんだらロングランは早くなれるし、

まだ時間がある人なら、トレーナーの人に相談して、一から肉体改造してやろう、

など、いろいろあると思います。

自分の目標を持ってやってみてください。

で、復帰したらまた一緒に練習しましょう!



ちょっとでもこれを読んでモチベーションがあがってくれたらうれしいです。

怪我人(スギ)、ガンバレ!!

あ、アキ待って!!もう帰るって!

2007年6月24日日曜日

もしもし

こんにちは、マネージャー2年のニゲメユウコです。
今、設計課題のアイディアを練ってました。ちなみに今回のテーマは「店舗との併用住宅」なので、水族館風のペットショップ(熱帯魚とか)を作ろうと思っています。いいアイディアがあったら教えてください。


昨日と今日、試合の記録をしました。記録中はよそ見できないので大変です。そろそろ一人で記録できるようにならなきゃなとは思うのですが。。。


もうすぐ愛犬の13歳の誕生日です。すっかりおじいちゃんになってしまいましたが、可愛さは衰えません。メロメロです☆
そんな愛犬にメロメロな私は、そろそろ教習所に通おうかと考えています。乗りたい車がマニュアルなので、頑張ってマニュアルで免許を取ろうかと。

書かなきゃいけないことはまだまだあったような気もしますが、忘れてしまいました。次に回ってきたときはもっとちゃんと書こうかと思います。
おやすみなさい。。。

迯目佑子(2年 MG)

2007年6月23日土曜日

だめな俺

1年の大内三千生です。よろしくお願いします。
最近幸運にもAチームでプレイさせてもらってたわけですが、つくづく自分はだめだなと感じます。
水曜日はもう対人の練習で5対5ぐらいになると疲れて消えてたと友達にだめだしされ、木曜日は左足のトラップがかすで、どうしようもなかった。何してんだろ俺。マジ俺うざい。
そして、今日(土曜日)はパスミスでチャンスを何度かつぶしてしまった感があります。試合終了後、先輩に「もっと声を出せ、急いでボールを追え、腰が高い!」などのだめだしを喰らいました。ごもっともです。アドバイスありがとうございます。どんどんけなしてください。参考にするので。
お粗末なプレーを僕がするたびに言ってくれるとうれしいです。
こんな俺だけど、もう少しAでやれたらなと思っています。ただこのままじゃやばいお(;・ω・)

まあ自分のことばっか言うのもあれなので、同じ学年の人たちのだめだしでもしようかな。
おまえらメーリス乱用すんじゃねぇよ。ふざけんなマジで、めんどくさい。
S君E君反省しなさい。

あと今日の試合についても少し。
スローインのときもう少し連動して動いてほしいです。あともらえなかったら一回抜けるなどをして、動きなおしてほしいです。(あとビデオきちんととってほしいです)お疲れ様でした。
今週もがんばっていきましょう!

大内 三千生(1年DF)

2007年6月22日金曜日

帰宅したら日付が変わってた

こんばんわ、ア式2年の熱海(あつみ)です。
ロベカルはトルコのフェネルバフチェへの入団が決定したそうで。
カリアリのスアゾはインテルに行くのかACミランに行くのかよくわからないそうで。
世界クラブ選手権には南米からはボカが来るそうで。
まあ、そんな自分には関係ないことはおいておきまして。
タイトルの通り、帰宅すると0時を過ぎていました。
部室を出たのが22時10分頃だったので予想通りではあったんですが。
帰宅で何が辛いかというと家までの15分程度を自転車で登り続ける帰り道!
とりわけ火水木と練習の疲れが溜まっている木曜なんかはもう…
今日もなんとか家まで帰ってきた、っていう感じです。
なんか少し雨まで降ってきてましたし。
そろそろ部活について。
とりあえず、練習はきついです。
実力的には下から数えれば多分片手で十分だと思うんで、もっと頑張らないといけないんですが…
なにぶん怪我をしやすいのであまりやりすぎると1歩進んで2歩以上戻ることになってしまうんですな。
ということで、今の目標は怪我せず夏合宿に突入して、怪我無く乗り切ることです。
継続は力なり、という言葉もありますし。
まあとにかく、これからも頑張っていきます。
さすがにそろそろ寝ます。おやすみなさい。

おまけ 最近、モーニングのGiant Killingが気に入ってます。1巻買おうかな…

2007年6月20日水曜日

自宅からfeelings

初めまして、こんばんは。
今日のfeelings担当はア式入ってもうすぐ1年、工学部3年齋藤信(「まこと」ですっ)DFです。


今日、AからBに落とされました。。。
が!!
自分に足りない所はつかんだつもり、このまま凹んではいられない。
どんなプレーも体のバランスで、うまくいくかミスになるか左右され、
練習は明確なイメージを持って取り組むことで何倍も効果が上がる。
練習中も試合中も、考えることだけでばてるヤツはいない(と思う)。
対人でもミニゲでも、どんな形での守備、攻撃をしようとするのか、考えた事を話し相談し試行錯誤して、としていけば自分も良くなるし、チームも良くなるかと。
実力不足は明らかなので地道に練習だ。


あっ、岩手のとーちゃんかーちゃーんっ!!
ア式のTEAMのメンバー紹介の所で信の欄がナイって言ってたけど、
ちゃんとア式で練習してるし、東京でいじめられてるわけじゃないから安心してよー。

では、明日も頑張りましょう。シターッ。
齋藤信(3年DF)

まじめ

こんにちは。4年の池田暁彦です。



昨日のうちに投稿しなくてはいけなかったのですが、なかなか何も思いつかなかったので遅くなってしまいました。というわけで今日は僕がこの4年目になる部活生活の中でいったい何を得てきたのかを考えてみようと思います。しばらくお付き合いください。

そもそも僕は1年生のはじめ部活に入ろうとは思っていませんでした。なぜかというと、僕にとって高校までのサッカー部はとても楽しかったのですが、同時にもう体力的にきつい思いをするのはもうヤダ、とも考えていたからです。とりあえずはサッカーサークルに入ろうと思いました。






(略)





そんなわけで今の僕があるのはカナダ人のチェ・ポン、パキスタン人のバン・ロディン、イギリス人のコーフィールドの3人のおかげだといって過言ではありません。この場を借りてお礼を述べさせていただきます。


「本当にありがとう!不思議体験を!ありがとう!!」











これでも4年目。いけだあきひこでした。

2007年6月17日日曜日

★拝啓 ア式をいつも暖かく見守ってくださっている皆様☆


梅雨入りの発表がなされたにも関わらず、太陽の眩しい日が続き、日ごとに暑さが増してまいりましたが、皆々様お元気でご活躍のこととお慶び申し上げます。
と……ここまで、「手紙の書き方文集例」を使ってみましたが、そろそろボロが出てきそうなので、普段使っている言葉に変えさせていただきます。
今日のFeelingsは三年マネージャーの野呂が担当させていただきます☆

今日はうだるような暑さの中、13時から御殿下グラウンドにて、いつものように午後練がありました。OBの皆様のご尽力により最近、部室に設置していただきました製氷機の活躍には目覚しいものがあります。選手に冷たい水を出すことができたため、おかげさまで熱射病、熱中症になる選手もなく、無事一日の練習を終えました。
また、今日はH13年度卒の小川さん、H17年度卒の牧さんから、スポーツドリンクの差し入れをいただきました。いただいた「命の飲料水」を、練習後に飲んだ選手は、みな生き返っていました。
細やかなお心遣いをいただきまして、誠に有難うございました☆
今日は、主に学連のことについて、最近思ったことを書かせていただきます。
主務の碇さんは、東京都大学サッカー連盟で「幹事長」という最重要ポストについており、大会運営から、審判、記録講習会、東京都サッカー協会の試合運営の手伝いにいたるまで、数々のお仕事をこなされていますが、私はそこで学生幹事をしており、最近は審判部でお仕事をさせていただいています。
審判部の仕事は、主に、
1、試合会場の調整
2、東京都サッカー協会へのオフィシャルの審判派遣依頼
3、試合前日、審判への確認の電話がけ
4、警告、退場者管理
などなどです。(一橋の幹事の先輩と、日大のよくできる後輩がほとんど仕事をしてくださっています。)
同学年のみんなに誕生日プレゼントでもらった、大切な大切なサンバイザーをグラウンドに忘れてきてしまうような、うっかり者の私が、警告、退場者管理をしているのは、自分でもかなり心もとないです。
が、しっかり者の学生幹事の後輩がサポートしてくれているので、きっと大丈夫です!!
心配ありません!!

初めに、審判部に移るように言われた時は、私には無理だー。どうしよう…
と思ったのですが、碇さんや、他大の学生幹事に迷惑をかけつつ、なんとか頑張っています。
試合前日の主審の方への確認の電話のときは、できるだけ丁寧な対応を心がけています。
それは、主審が東大に有利なジャッジをしてくれるよう、秘かにもくろんでいるからです。
審判部になってから電話代が月々三倍になりましたが、ア式のためなら気にしません。

ここからが本題です。
警告、退場者を管理しているときに、つい最近まで、東大の選手がカードをもらっていると、「あーあ」と思っている自分がいました。
それは東工大の選手で、フェアプレイをモットーに、カードをもらわないことを生きがいにしてプレイしている選手がいて、その人が学連の中ですごく有名だからです。
しかも、一般的にカードには、「汚いプレー」というイメージがついてまわっているからです。

でも、最近3年生のある選手が、
「カードをもらってでも、止めなければいけない局面がある。」
と言っていた、その一言を聞いて、考えが180度変わりました。

ヒーローは、悪者がいなければ存在しえないし、物事は、二項対立で捉えられがちだけど、どんなことにも理由があるし、たとえ「汚い」と思われても、それだけ強い気持ちを持って試合に臨んでいるということはすごいことだなと思いました。

他にも、
「怪我をしてでも止めなきゃいけないこともある。」
っといっている選手もいて、今まで、何も見えていなかった自分が恥ずかしくなりました。

見えないところで、こんなにも強い気持ちを持って、日々の練習に臨んでいる選手に、尊敬の念を抱きました。このチームのマネージャーができてほんとに幸せだな。と思いました。
(とはいえ、審判部の者がカードをもらうことを奨励するなんて、言語道断なので、ここだけの話にしてください。)

最後に、ほぼ毎日練習に顔を出してくださる、藪内監督はじめ、東大サッカー部のOBの皆様や、日曜日に毎回見に来てくださる、近所に住んでいるおじいさんや、選手の家庭教師先の子など、たくさんの方がグラウンド外でエールを送ってくださり、また、見えないところで支援してくださり、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも東大ア式蹴球部をよろしくお願いいたします。

最後の最後に、一番上の写真は私の宝物の写真です☆
これは、いつも手帳に挟んで携帯してます。実は大学の友達や高校の友達に秘かに自慢してます。
みなにはお世話になりっぱなしです。いつもありがとうございます。



2007年6月16日土曜日

千の風になって~♪

流行ってますね。
うちの両親はカラオケのために日々特訓中のようです。
最近では街中で秋川雅史さんヘアーの人も見かけるようになりました。
最近ではめっきり痩せたと評判の江連です。

僕は復帰テストをクリアして部分参加するようになってから1週間くらいになりました。
まだ部分参加なので今日の試合には出られませんでしたが来週からでられるように頑張りたいと思います。
このままボール拾いのプロフェッショナルになる気はないので…

入部してからはや1ヶ月半!
今はサッカーができる喜びで毎日が満たされています。
今年1年はとにかくこれからの4年間のためにしっかり体を作ることを考えてやっていきたいです。

これから僕はどんどんうまくなっていく予定です。
乞うご期待!!

江連 豪(1年DF)

2007年6月14日木曜日

洗濯を途中で放棄


とうとう梅雨入りが発表されたそうで。
二年の後藤です。
今日買ったばかりの赤いモレリアⅡです。

新しいスパイクを買ったら足になじませるためによく履いたまま寝たりします。
でもこのモレリアは限定カラーとかなんとかで本当にジャストフィットのサイズしか残ってなかったもんで
一晩中履き続けでもしようもんなら小指が壊死しかねないので今日はやりませんが。

去年の10月、発作的に部室にブチ込んでから始まったア式での日々も半年以上が経ちました。
追いコンでドラを叩き、フィットで叩きのめされ、遅刻して社会的袋叩きにあい、
そんな数々の残虐ファイトをくぐり抜けて今ではすっかり火曜日が来るのが怖くなりました。
ア式に入るまでサッカーを走るスポーツとして認識してこなかった妙なサッカー少年だったので、
ボールも人も止まらずに動き続けるア式のサッカーはまず辛いです。
そしてとても楽しい。
サッカーの新しい面白さ、それもきわめて本質的な、というか基本的な面白さを発見した思いです。
それでも火曜日は怖いです。最近では水曜も木曜も同じぐらいかそれ以上に怖くなりました。
そんな恐怖心に打ち勝ち、一日も早く走力をア式スタンダードにまで引き上げて、
ア式サッカーを自分のサッカーとして体現できるプレーヤーになるために精進しなくては。
がんばります。
火水木と皆さんお疲れ様でした。
僕は明日授業が5限のひとコマしかないので心ゆくまでお寝坊さんです。
おやすみなさい。

2007年6月13日水曜日

のだめ⑱が出た

どうも、初めてfeelings書きます 心身、公私ともにいまいちな小薗(コゾノ)です。

この頃、毎日の練習の中でつらつらと改めて感じることに集中力の大切さというものがあります。
日曜の練習試合、僕が出た3、4本目はとても情けない結果に終わり、昨日今日の練習でもミスを連発しチームを盛り上げる上級生という身にありながら下を向き黙りこんでしまう始末。

試合でも練習でも自他共々のミスによる苛立ちから集中力を保つことができなかったのが一番の反省点だったと思います。

もともと人間ミスをするもの。チームの中でミスが続くことも珍しくない。

周りがミスしても苛々に頭を奪われることなくミスした人を励ますくらいの余裕を持つ
自分がミスしてもすぐに頭を切り替えて次のプレーに集中する 山王戦残り4分の桜木の様に
 
そーゆーことができる子に…なりたいな...

てなわけで明日の練習頑張ります。

小薗健太(3年MF)

2007年6月12日火曜日

好きです

好きです、養老乃滝。明石です。

今日は御殿下ジムで筑駒の後輩でもあるWORRIORSキャプテンの和田君とすれ違い微妙な会釈をした後、家庭教師先で犬とふれあい、家でテレビを見ました。

「ん?」
「すりすり」

「ガバッ!」
「うふふ」

じゃねえんだよぉぉ!もこみちぃぃ!

今週も頑張ります。

明石(4年 FW)

2007年6月11日月曜日

こんにちは。1年生のとき筑駒feelingsで衝撃のデビューをかざった明石です。

早いもので、そんな僕も4年生となり、最後のシーズンも約半分を終えました。


サッカーについて言えば、チームNo.1ステイヤーとしてこれからも走り続けるだけです。応援よろしくお願いします。


最近OB会との連携が深まり、部室マネージャー(BM)としても様々な支援をいただきうれしい限りです。BMという呼称は僕の(親戚の)愛車がBMWであることとは何も関係がありません。確かに大学生としてはオーバースペックの飛び道具かもしれません。ですがそれだけで人の心とは、動かせるとは限らないのですね。


今僕が着手している部室改革のテーマは「コミュニケーション」です。宮本が木野本を「キャパ不足」と評し、木野本が宮本を「コミュニケーション能力不足」と評し、万里絵ちゃんが頬を赤らめたあのミーティングで、

2007年6月10日日曜日

毎週日曜日は...

マネージャーが担当のfeelingsです

今週は4年マネージャーの桑原が担当します(^^)ノ
今日はマネというか、私的な視点で
日頃(今日?)思っているあんな事やこんな事を書いてみようかなぁと思っています〆(@_@)

とは言え
ただ今23時49分
後11分で月曜日になってしまします(^^;)イソガネバ....

さて!
今日は1時から東大の御殿下グラウンドにて玉川大学と練習試合

ですが

ドシャ降りの大雨∑( ̄□ ̄)
もちろん人工芝のグラウンドでは中止などありません
正に『雨にも負けず、風にも負けず』なのです

そして肝心な試合の方なのですが
残念ながら負けてしまいました....

でも、負けてしまった試合でも今日は嬉しい事が2つありました

1つは
1本目の試合で4年生の青木君のシュートが綺麗に決まった事
押されている試合でも
勝ちに繋がるゴールでなくても
チームが力を合わせて勝ち取った1点は
見ている私にとっても『スッカ』とする最高の瞬間!
それがさらに『スパッと』決まったとなると感動ものです
『どうだ!!皆は本当は強いんだぞ!!』と言う感じですw

2つ目は
鈴木さんとOBコーチの方が4年の木野本君を
『ヘディングが以前に比べてもの凄く良くなっている』
『一本目から出ているとは思えないよ』
と誉めていた事
自分が誉められてる訳ではないのですが
頑張っている選手を見ていてくれる人がいる事はとても嬉しいです(*^ー^*)
もちろん今回に限った事ではありません
以前試合した相手チームが
『東大マジ強いんだけど!!』
『勝てる気しね~』
と言っているのを聞いて
『まぁな( ̄ー+ ̄)』
と(何度もくどいですが)自分ではないのに何だか誇らしく感じてしまいましたw

だから
良く『負けが続くとガッカリしないの??』などと聞かれますが
確かに試合に負けたら悔しいですが
選手にはガッカリなんてした事ないのです(*^ー^*)

さて
恥ずかしい話はここまでにして
選手のグラウンド外でのちょっとしたお話を最後に...
今回は4年の菊月君
グラウンドではヒーロー
部室ではちょっと。。。。。
の菊(笑)
今日はトロピカナーをのんでいたのですが
パッケージのラベルの写真に繋ぎ目が無い事に感動しておられましたwww
もし、果物を並べて撮った写真でペットボトル一周を覆うと、端と端は絵が合わなくてズレルはず!!
でも、これはズレずに綺麗に一周絵が並んでいるのです
普通の人なら気にせず捨ててしまうのですが
そこに興味を持てる菊はやっぱり凄いのかもです!!



PS:ただ今0時52分
   間に合いませんでしたorz
   長々と読んでいただきましてありがとうございました><

2007年6月6日水曜日

そろそろ蒸し暑い季節ですが…

 どーも、3年の大沢です。毎日更新すると言いつつ初日から更新されなかったFeelingsではありますが、今日は3年生の番らしいので僕が書かせてもらいます。

 チームとしての今シーズンの目標は、言うまでもなく1部昇格ですが、ここで個人的な目標を立てたいと思います。



 ずばり、今年こそ2桁アシストを達成するということです。


 秋季出場とかスタメン奪取とかそういったことは、上のような結果を残すことでついてくると思うので、なんとしてもこれは達成したいと思います。


 あとは、アツくなり過ぎないように、常に’本質’を考えてプレーしたいと思います。

                                                      終わり
 #17大沢拓巳(3年、MF)

再指導