2007年8月30日木曜日

遅れてすいません。

こんばんは。3年の西です。ほんとは昨日書くはずだったんですが、載せることができませんでした。ごめんなさい。

最近思っているのは、自分っていう人間と付き合っていくのは難しいなってことです。ある日は全く体をケアしなくても体が軽かったのに、別の日にはきちんと休んでも体が重かったり。また、あるときは力を出せるのに、あるときには力が出せなかったり。そういう自分とようやく向き合えるようになってから、もうずいぶんと経つけど、前進したり後退したりの日々です。

ただ、こういう風に迷っていくことで、少しずつではあるけど、成長できるんじゃないかなって気がします。

入部当時はエゴの塊みたいだった自分が、今では時には部の仕事をやったり、時には人に素直に感謝できたり、時には人のために動けたり。変わるもんですね。

今はまた厳しいときですが、とりあえず今できることをやっていくしかないっぽいですね。

今自分にできること・・・それは早く寝て、明日の練習に備えることです。てことで、お休みなさい。

もどってきました

合宿中に熱中症になって途中退場して、中耳炎にもなって今週頭にやっと戻ってきました。
feelingsは2度目の熱海です。
合宿といえば去年も怪我人で始まって、復帰できると思ったところでものもらいができて
大したこともできずに終わったものです。
来年、再来年もこれと似た展開になるのを恐れているところです。
来年のことを言うと鬼が笑うとかなんとか言いますが、割と本当に恐れてます。
そういえば2年の誰かに、再来年は死ぬんじゃね?とか言われたことをふと思い出しました。
さすがに死ぬことはないと思ってますが。

ところで、前回のfeelingsには合宿を無事にこなすことが目標だとか書いてました。(07/06/22参照)
完全に失敗してます、はい。
ということで、これからは目標を立てても公言しない方向でいこうかな、と思います。
むしろ下手に目標を立てるから失敗してるんじゃないか、と思い始めてますので。
そういうわけで(?)これからまた頑張っていきます。

2007年8月28日火曜日

もうすぐレポート締切です

こんばんは、プロフィールでは171cmとなっていますが、最近また伸びて180cmになりました。嘘です、4年の畑中159.5cmです。
帰りの電車で何を書くか考えましたが、家がけっこう遠いので自分の半生まで振り返っちゃいました。長々と僕の足のことを書こうと思います。

部のみなさんご存知の通り、僕には短めの太い足が2本ついてます。これは有名なスポーツドクターF林さんのお墨付きです。ここでエピソードワ~ン!

2年前に左足首を手術した時の話です。麻酔の効いた僕の足を看護婦さんに持たせる時、名医F林さんは言いました。
「短いけど重いから気を付けて。」で看護婦さん、「ア、ほんとだ~。」
半身麻酔だったのでバッチリ聞こえてました。でも目を閉じていたのと、T字帯という切れたフンドシ1丁で大開脚(すね毛剃毛済み)という非日常なポーズのため、リアクションはできませんでした。
入院中は先輩方をはじめ同学年の仲間が訪ねてきてくれて、心が救われたのをよく覚えています。退院後もトレーナーさん達のおかげで充実したリハビリができました。ありがとうございました。あと名医F林さんにも感謝してます。彼のゴッドハンドのおかげで、後遺症もなくバリバリ動き回れています。

もう一人、名前は忘れましたが感謝してもし尽くせない名医がいます。
現在二部の我が部の一部のみなさんはご存知の通り、僕の短く太い左の足の、太ももの辺りには、長めの縫合跡があります。体の長さ対決で唯一負けたことがない部分です。表面だけでもけっこう長いし、実は3層に分けて縫合したので合計42針の手術でした。はいエピソードトゥー!

僕のサッカー人生は3才の4月に始まりましたが、その年の9月に大きな分岐点が訪れました。
先祖の墓参り中に不謹慎にもはしゃぎまわっていた、僕と妹と、時々いとこ。年上の僕の提案で、3人で板状の墓石にまたがり、「バイク~!」そして左に重心を寄せて、「カーブ~!」
そこからはハイビジョン映像で記憶に残っています。墓石が倒れ後ろの2人が投げ出され、僕の左足が下敷きに。駆けつけた母に抱えられ水道へ。その途中で見てしまった傷口…。普段おっとりした母は元看護師で、想像もつかないほど迅速に応急処置をしてくれました。普通の親だったら太ももがパックリ開いた我が子を見て、すぐに流水消毒なんてできないはずです。そして普通の子だったらこんな経験したらマザコンになるでしょうが、僕の場合は支えてくれる家族全員が対象です。ファミコンと呼んでください!

名前を忘れた名医のおかげで、まったく後遺症はありませんでした。短いですが2本の足で、ここまでサッカー人生を歩んでいます。名医に、家族に、指導者達に、仲間達に、この場を借りて感謝します。残った手術跡のおかげで、ひとり暮らしin狭山の寂しさは和らぎ、つらい練習も乗り越えてきました。特に今年の二部練では何度スリスリしたことでしょう。
プレーヤーとしてのサッカー人生もあと少しです。今できる恩返しをこのチームに捧げたいと思っています。今日不覚にも半生を振り返っちゃったので、過去の分の恩返しも上乗せして出血大サービスします!練習を盛り上げ、切磋琢磨し成長し続けて、チームの目標である一部昇格に貢献したいです。
以上、長々と失礼しました!おやすみなさい。僕は今から英国ロマン派詩人のレポートに挑みます。
 
4年 畑中計政

2007年8月26日日曜日

もうすぐ秋季です

フィーリングスが早くも二回目なマリエさんです。
女性陣は、人数が少ないので、回りが早い(>_<)

さて、合宿が終わり一週間が経ちました
早いもので、私のア式生活も残すところ後二ヶ月です。。。(そして、卒論提出も後二ヶ月(T-T))

今日はその秋季の前哨戦!
相手は、去年そして今春敗北していた宿敵玉川(>_<)
相手が相手だったに加えて
何よりも来週から秋季と言う事で
みんなのボルテージも最高潮!!

良い波に乗って欲しいとマネージャー、トレーナー陣も応援に熱が入ります!

試合は全部で2試合
気になる結果は…

全勝〜♪
相手チームからも
『つ、強くなったな』
とのお褒めの言葉をいただきました(^0^)/

今年はこの波にのって
大願の優勝
悲願の一部昇格
を是非成し遂げて欲しいです!!

私達マネージャー、ATも日々の紫外線に負けずに
みんなの夢実現に向けて
お手伝いして行こうと
改めて決意を固めましたp(^^)q





【試合結果】
Aチーム@御殿下グランド(40分ハーフ×2)

対戦相手:玉川大学(東京都一部)

一試合目
2対1
一点目:明石←菊月
ニ点目:伊藤T

ニ試合目
2対0
一点目:吉田←太田
ニ点目:中川←吉田

Bチーム@首都大学
対戦相手:首都大学(30分×4)

1本目:1ー2
得点者:松谷FK

2本目:1ー0
得点者:金山PK

3本目:0ー1

4本目:0ー2

2007年8月25日土曜日

二回目です

こんばんは
いただきます係の江連です。
ゴールラインに並んでという言葉が怖くてしょうがない江連です。

なんともうfeelingsを書くのも二回目です。
1年は少ないのでもう2順目です。
1年は9人なので早くも2順目です。
さびしいです。
9人なので基本的に誰がどこで何をしているのかが容易に把握できます。
さびしいです。

さて明日は首都大との試合で南大沢まで行きます。
かなりオッパッピーな遠さですね。
でもそんなの関係ねぇ!!

明日は・・・
熱中症でダウンしないように
途中でエンスト状態にならないように
相手にナイスパスを出さないように
自分のゴールにぶち込まないように
などなど色んなことに気をつけて試合に臨みたいと思います。

ではでは明日も頑張ります!

江連豪(1年DF)

2007年8月23日木曜日

あと10日

こんばんは、2年の吉田です。
今年もはやいものでもう合宿が終わり、秋季まであと10日となりました。
昨年の秋季リーグは外で応援することしかできなかったので、今年はもっとチームに貢献したいです。
そして、秋季リーグが終わるまでに4年生からできるだけ多くのことを吸収できるようにがんばりたいです。
まだまだ暑い日が続きそうですがみなさんがんばりましょう。

熱海、早く元気になれよ!


2年 MF 吉田航太朗
東京大学ア式蹴球部3年の那須です。
部員の皆様、合宿お疲れ様でした。2部練、合宿と辛い2週間ではありましたが、この苦しみが2週間後に迫った秋季リーグにおける好成績につながるものと確信しております。
さて私のfeelingsですが、①部活の事②部活以外の事③まとめ、という構成をとろうと思います。

①部活に関して
早いものでもう3年になってしまいました。秋季リーグが終われば4年が引退し我々3年が部の最年長になるわけで、最近焦燥感や緊張感、不安などをより一層強く感じております。さて、先輩という者はグラウンド内及び外の両方で後輩の模範たるべきであります。それはグラウンド内では当然サッカーのプレーという形を取り、グラウンド外では遅刻をしない、仕事上のミスを犯さない、後輩や先輩、同輩への心配りを忘れない等、その人の品行という形となって現れるように思います。入部以来私は多くの先輩方(牧さんの代、上土居さんの代、石黒さんの代、伊藤貴さんの代)を見てきましたが、多くの方々がこの両方に置いて高いレベルにありました。我々現3年もそのような偉大な方たちに続くために努力が必要です。サッカーがうまくても品格に欠けてはならないし、どんなに品格がすばらしくてもサッカーがうまくないと後輩達に尊敬されない。尊敬を集める事が出来なければ上に立つものとしてア式蹴球部という組織をうまくとりまとめることができなくなり、ただの烏合の衆と堕し、チームとして力を発揮できなくなる恐れがある。おとなしい代だとよく言われる3年ですが、過去の先輩方も参考に、どうすれば下はついてきて、どうすれば下はついてこなくなるのか、深く考え、行動する必要がありそうです。
②部活以外のことについて
私の所属は理学部の化学科というところです。化学と名の付いた学科は工学部や農学部にもありますが、理学部化学科の特徴はひたすら化学するということです。理学部ですから応用より理論に重きを置くように思います。2年生は進振りの時期かと思いますが、興味ある方は聞いてくだされば何でも答えますので遠慮なく質問してください(最近のア式は物理工学科が人気のようですが)。
将来の夢は研究者になることです。大学に残るとか国公立の研究所に行くとか色々と道はありますが、いずれにしても自分の研究室で自分の好きな研究をしたいなあと思っています。お金にはあまり興味がありません。最低限必要なお金さえあれば研究に没頭できる気がします。(まだ若造なせいか、現実を直視していないのかもしれません。)
普段から気をつけているのは「専門バカ」にならないようにするということです。小宮山総長もしばしばおっしゃっていますが、現在各人の専門の深さと狭さが著しくなっています。同じ化学の世界でもちょっと専門が違えばもうお互い理解できないという状況が当たり前になっているのです。そういった中で、自分の専門以外の領域も、深く学ぶ事は出来ないにしても、教養程度にかじることを普段から心がけています。
③まとめ
昨日はオフにもかかわらず4対4の対人をやりました。マーカーが常に変わるめまぐるしい展開の中、なかなかいいプレスをかけられず終わってしまい、悔いの残るものとなってしまいました。そんな中やはりS木君のアグレッシブなプレーは光っていました。合宿でも光っていた彼のプレーは尊敬に値します。彼のプレースタイルは簡単にはたかないで相手に堂々笑顔で突っ込んでいく感じです。残り3人は傍観するしかありませんでした…。

どうも真面目に書きすぎたようです。夜も遅くなり明日も部活があるのでここいらで終わろうと思います。

最後に
こんな暑い中すごく冷たい水を入れてくれるマネージャー、合宿でお世話になったトレーナーとアシスタントトレーナー、練習を見て下さるOBの方々、一緒に練習している選手たち、そして通院しながらもグラウンドに来て指導してくださる鈴木コーチに本当に心から感謝しています。これからも色々と迷惑をかけるかと思いますが、よろしくお願いします。

2007年8月12日日曜日

NO SUBSTITUTE

こんばんは!1年アシスタントトレーナーの小蒲です。
今日行われた練習試合の結果を報告致します。

◆Aチーム 対Diego@御殿下グラウンド 
 1本目 0-0

 2本目 1-0  
  36分【東大】久木田

 3本目 4-0
  4分【東大】中川(アシスト太田)  
  15分【東大】吉田(アシスト太田) 
  37分【東大】太田  
  39分【東大】大沢


◆Bチーム 対東京農工大学@農工大グラウンド
 1本目  1-1
  13分【農工大】
  44分【東大】後藤

 2本目  1-2
   6分【東大】木野本
  36分【農工大】
  42分【農工大】

 3本目  2-0
   3分【東大】西
  25分【東大】高松(アシスト金山)

 4本目  1-0
  21分【東大】高橋


私はBチームのアウェイについて行きました。
ATとして、試合を見るときはただ目でボールをおうのではなく、選手同士が接触したところを注意深く見たり、走り方や様子がいつもと違う選手がいないか…など、気を付けて見ていなくてはいけません。
ですが情けないことに、気がつくと普通に試合観戦している自分がいます。

入部してもう3ヶ月が経過しました。
相変わらず自分のわからないことの多さに焦りを感じ、当たり前のことをできない自分に苛立ったりしています。
けれど、目の前にあるできることを確実にやり、頑張ればできるようになることを努力していくのが成長できる一番の方法ですよね。
気づかせて下さった先輩方、ありがとうございます。

明後日から夏合宿が始まります。
厳しい5泊6日になると思いますが、水分・栄養・睡眠をしっかりとって、乗り切ってください。
最後になりますが、タイトルは私の好きな言葉です。
選手のみなさんには、NO SUBSTITUTEなプレイを期待しています。

一年 AT小蒲

2007年8月11日土曜日

最近思うこと

こんばんは、「高校の頃右サイドハーフでした」って言うと「へー、ボランチだと思ってた」ってよく言われる松谷です。



最近思うことを書いていきたいと思います。


1、

4年生と一緒に練習できる期間があと残りわずかです。
思い出すのは自分が高校の頃、自分の最後の大会にむけての練習で最高学年と下の学年で大会に向けての気持ちがなかなかそろわず苦労したこと。
たしかに試合に出てる選手とメンバーにも入れない選手で意気込みが違ってしまうこともあるかもしれませんが、そんなことで足を引っ張ってはもったいない。
つまり、自分も最後の大会ぐらいの意気込みでがんばります、ってことです。


2、

とはいえ、そんな4年生から吸収できたものは一体何だろうかと最近疑問を感じています。
入部して早3ヶ月、これまでは体のキレを戻したり練習についていくことでいっぱいいっぱいだった気がします。
Aチーム定着とかぬかしてるのに今まで一度も上がったこともなく、最近ではボランチとサイドハーフのどちらで生きていけばいいかもためらいつつあり、道に迷った感があります。

最近の結論、頑張るだけです。
1つ1つの練習を頭と体をフルに使い、先輩のプレーを盗み、声を出して味方を励ましチームを盛り上げ、1日1日少しずつ成長を続ければいつかは道が開けてくるんではないか、と信じることにしました。



3、

母親の誕生日に何をプレゼントすればいいのかわかりません。誰か案をください。リアルな悩みです。



まあこんなところです。文面に至らぬ面があるのはご了承ください。

最後に。

先の二部練、お疲れ様でした。
明日は農工と練習試合、高校の時の友達がいるので何としても勝ちたいものです。
来週は合宿です。また頑張りましょう!!

絶対Aチーム昇格!そして一部昇格!!

 おやすみなさい


一年 MF 松谷こうへいへい

2007年8月10日金曜日

二部練

今日で三日間の二部練が終わりました。

かなり暑い日が続きましたが、とりあえずお疲れ様です。

練習の後、4年の明石さん、宮本さん、菊さんと2年の後藤、吉田で飯に行きました。

最初から最後まで笑いっぱなしでした。

来週からは合宿です。今日はゆっくり休んで疲れをとっていい合宿にしましょう。

2年 村上達哉

2007年8月8日水曜日

なぜ、大学でサッカーか?

こんにちは。教育学部は3年で、GKをやっている中野誠です。

サッカーをするには時間とお金が必要なのはいうまでもありません。
サッカーに価値観を持てない人にとっては無意味なものであることは否定しません。
でも!毎年こうして部員が入部し、とことんサッカーをやる!というこの空間とこの瞬間がたまらなく好きです。
サッカーを厳しく楽しくやっていくのはスゴく心地いいものだということは他の部員さんも感じているのではないでしょうか。

今回feelingsを担当するに際して、先輩〜大先輩の方までのものを振り返って読んでみました。
サッカーに対するアツい思いを注入されました。ぜひ検索してみてください。

自分は「なぜ、大学でサッカー」をしているのか?…2つの理由があります。

1つ目は「多忙の充実」です。
暇な時間は確かにいらないとは言いません。
だけど、自分は忙しい方がなんだか充実感を感じます。
私事で恐縮ですが、納税する程度働いています。

2つ目は「サッカーがめちゃめちゃおもしろい」からです。
チームで戦い、チームで勝利を目指す。
勝つことは、簡単ではありません。
吐き気がするほど走るようなこともあれば、暑い日の練習もあります。辛いと思うことの方が多いのかもしれません。
そんなの楽しいはずはありません。もちろん、おもしろくもありません。
それでも楽しいです!おもしろいです!
サッカーは!
やっぱり勝つからおもしろいわけだし、
おもしろいから、辛い練習も頑張れるし努力できる。
努力できるからこそ、試合に勝っておもしろさを感じることができる!
そして、勝つからおもしろいわけだし、
おもしろいから、・・・


今月でちょうどashikiに入って1年です。
貯金をX百万してから入部しました。
不況のあおりが父を直撃したため、減る一方です(笑)
でも、減ることに抵抗はないです。サ価ッ値カ観ーですから!!
なんだかんだで、40ヶ月くらいブランクありました。
そのぶんも、秋季リーグと残す1年のサッカーライフで出し切ります!

1年も!2年も!!3年も!!!4年生も!!!! 頑張りましょう☆        おしまい

2007年8月7日火曜日

秋季優勝への至上命題

 「今日ついに復帰テストをしました。

ア式内外でいくつもの異名を持つ魔王「明石篤」を

キープでけちょんけちょんにしてやりました。

これで僕も明日からは全参加です。明日から練習頑張りたいと思います。」


ってな感じのフィーリングを2時間前まで書く予定だった4年の杉山です。


 今日の復帰テストは残念ながら失敗してしまいました。見苦しい姿をみせてしまいましたが、

みんなの「頑張れ」の一言で、また頑張る気持ちが出ました。

明日からはみんなが2部練でつらい練習をする中、僕は日陰でのんびりすることになりそうですが、

みんなは怪我のないよう、そして熱中症にならないように気をつけて頑張ってください。


 さて、今日はBチームに向けてメッセージを書きたいと思います。

僕は4年間ずっと、Bチームで練習していて、この夏の時期になると毎年

「やる気があるのか」

ってな感じで怒られています。

その原因はなんなんだろう?といつも考えます。

昨年やすさんもいっていましたが、危機感が足りないのです。

うちのチームはみな練習試合にも使ってもらえるし、

最近ではホームとアウェーで試合を組んでくれています。

しかし、それに甘えてしまうところが僕自身にもあり、

それではいけないのです。



 これから秋季が近づくにつれて、Aチームの練習の比重は増えていくと思います。

ABのどちらにいるかがとても重要です。

この2部練と合宿はきついですが、アピールの場でもあります。

Bチームにとってはチャンスです。

きついとき、つらいとき、「Aに上がって試合に出るんだ」という気持ちを思い出して、頑張ってもらいたいです。

 秋季は昨年から2ヶ月で9試合とハードになり、

昨年も出場停止や怪我人などで、スタメンが固定されることはありませんでした。

とすれば、やはり、Bチームのレベルアップが優勝への至上命題です。

この1ヶ月チーム全体で競争していい状態で秋季を迎えましょう。

僕も早く明石を倒して、練習に参加します。


長くなりましたが、これで終わります。

2007年8月6日月曜日

怒られるって○○(`д´)

今日は武蔵大学との練習試合でした。
 〈試合結果〉
    東大-武蔵
 1本目 1-0
 2本目 1-0
 3本目 0-2
 4本目 2-1
 
今日はとっても暑かったです。こんな暑い日がこれから続きますが暑さに負けず少しでも冷たい水を出せるように頑張ります!!


 
はじめまして。2年マネージャーの櫻井優里と申します。投稿遅くなってすみません。
私がア式に入部してあっという間に1年が過ぎました(;゜Д゜)))
しかし、この1年間は私の今まで生きてきた中でベスト3に入るぐらい濃い1年でした。
皆さん、素晴らしい1年をありがとうございました。


さて、タイトルにした「怒られるって○○」の○○にはみなさん何が入りますか?みなさんにとって「怒られる」とはどういうコトでしょうか?



私は「怒られるって愛情表現の1つ」と考えています!!


こんな風な書き方をすると語弊が生まれるので解説します。

私の考えとして何も思ってない人、どうでもいい人には怒る必要がないと思っています。相手の事を思ってるから本当の感情が出てしまうのではないでしょうか。そんなのありがた迷惑と思う人もいるかもしれません。しかし怒られる方も嫌だけれど、怒る方も嫌だというコトを忘れないでいただきたいです。その嫌という気持ちを我慢してまで、相手と本気でぶつかり合いたいから怒るのです。私はこの考えをみんなにわかってもらいたいとは思っていません。ただこんな考え方もあるんだと知ってもらえたらと思い書きました。

私は、部活でもそうでない時にも「そんな怒らないで!」などとよく言われてしまいます(>_<)
それにはこんな考えがあったからと理解して頂けたらとうれしいです。
歪んだ愛情表現しかできないのです。「愛のムチ」ってやつです。


長々と最後まで読んで頂きありがとうございました。
もっとおもしろく書きたかったのですが次回にとっておきます。
そんなわけでこないだ吉田くんにバラされましたが私もイタリアントマトでバイトしています。



2年 (MNG) 櫻井優里

2007年8月4日土曜日

こんにちわ。ア式1年の藤井です。8月に入り梅雨も終わり、いよいよ本格的に夏が到来したなといった感じです。御殿下グラウンドでも蝉の鳴き声が聞こえてきます。


個人的には復帰テストにも合格し、これからさらに気合いを入れて練習に励もうと思っている所存です。


そうはいってもやはり御殿下の暑さはやばいです。あの黒色のゴムチップが熱をためこんで放出するせいです。もしゴムチップの黒体放射の振動数と水蒸気や二酸化炭素の双極子モーメントの変化の振動数が一致していたら事態はかなりまずい事になります。そうだとすれば本来放出されるべきエネルギーの一部がグラウンドに戻され温度がますます高くなるからです。そうではないことをねがいます。


まあ熱いのはみんな同じだしこの暑さに負けないように頑張ります。

2007年8月3日金曜日

六本木ヒルズで皆で映画見た。

れんじつ暑い中練習お疲れさまです。
おかげさまで無事二年生の南田です。
なんとなく最近感じるのは自分自身
るんるん気分で練習しているということです。
どんどん上手くなって
はく程走って
かぜにも負けず
せいいっぱい頑張りましょう。

有言実行派になりたいのでこれにて完結(簡潔)

2007年8月1日水曜日

English=Soccer

最近、毎日天気予報をチェックしている気がします
3年の中島です。


日曜日はお疲れさまでした。

前回に比べると多くの方が来ていたようでよかったです。

結果は雰囲気的に予想通りというか、妥当な感じではないでしょうか

次回が楽しみです・・・



参院選。


それはさておき、前回これを書いたのが1年生のときだったので、それから二年が経ったと考えると時間が経つのは早いですね

そろそろ卒業後の準備にとりかからなくてはいけないんですが、最近の噂では自分にはTOEFLが必要らしいです

そんなこといわれても、自分の英語力を考えると
去年は滑り込みだったし(詳細は伏せます)、最近カテキョで教えていても怪しいしで、今から憂鬱この上ない

でも高校生のときを振りかえると、当時はそんなに英語が嫌いでも、苦手意識もなかった気がするし、やっぱり大学に入って勉強しなくなったからなんでしょうか?

そう考えると昔出来たことが出来なくなるってなんだか悲しいですね。昔習慣づいていた事もやめれば衰えるのみではなんだかもったいない気が。

でもこれってサッカーにも当てはまる。
今一生懸命練習して身につけたことも、引退してしまえばいずれ失ってしまうでしょう。
せっかく4年間かけて作り上げたものがなくなるのは残念だけど、
いつかなくなるのであれば今のうちに多くのものを築き上げたほうがいい。だって、そうすれば消えるのに時間が長くかかる気がする。

そんな感じで明日からの練習も頑張りましょう

今日は疲れたのでもう寝ます、おやすみなさい。


そういえば高校のときにこんな言葉を習った気が・・・

To be to be ten made to be .




かの有名なライト兄弟が言ったとか、言わなかったとか。

グルメリポート

こんばんは。
遅い時間の投稿ですみません。
4年の木野本です。
はい、副将の木野本です。
はい、レストランでウェイターをしている木野本です。

丸ビルのレストランでバイトを始めたこともあり、
2ヶ月ほど前から、定期の駅を本郷三丁目に変えました。

そこで、数少ない本郷三丁目ユーザーとして、
今日は本郷三丁目付近のグルメリポートをしようかなと、
というか、します。

早速ですが、
5位、ダージリン(インドカレー) 
    赤門前、ナンが上手いです。

4位、FIRE BURGER
    本三の駅から春日通りを少し行ったとこ
    ボリューム満点です。少し高いけど。

3位、ぶどう亭(洋食屋さん)
    ランチで食べたビーフストロガノフが忘れられません。
    ビーフストロガノフかな?忘れた。

2位、ゆで太郎(そば屋さん)
    多分、チェーン店。だけど好きです。
    かなりのハードユーザー。
    
1位、加賀屋
    ということにしておきましょう。お世話になっているので。

こんな感じでしょうか。みなさん是非一度行ってみてください。
あと、他に美味しい店知っている人教えて下さい。よろしくです。

では、おやすみなさい。
明日も頑張りましょう。

最後になりましたが、今年の目標は得点王です。
・・・木野本でした。