2008年3月1日土曜日

感謝

こんばんは、一年の久木田紳吾です。
今日の練習前に薮内さんが人間としても立派になろうという話をなさったんですが、それを聞いて中学、高校の時の監督、コーチのことを思い出しました。
その監督、コーチはサッカーだけじゃなく生活面や人間性の成長をとても重視する方々でした。そしてそんな指導者の下でサッカーをしてきて一番身に付いたのは感謝の気持ちを持つことだと思います。まだ僕は親からの仕送りで生活してるし、サッカーをやれてるのもア式のおかげだし、毎日笑えるのも友達や先輩のおかげだし、感謝すべき対象はいくらでもあります。
特に中学の頃の監督にはこの感謝の気持ちや人間性の向上について本当に多くのことを教えられたと思います。具体的に話すと長くなるのでそれはいつかまた別の機会に回すとして、とにかく感謝の気持ちを持つことはとても大事だと最近改めて感じています。日々の生活でイライラすることや嫌なことがあっても、落ち着いて自分の周りの環境にある感謝すべき対象に目を向けるとイライラもだいぶ軽くなります。
こう言う僕も感謝の気持ち忘れてることとかあって時々反省してます。でもここまでサッカーを本気でやってきたのだから、サッカーだけでなく、サッカーを通して人間的にも大きく成長したいなと思うのでこれからも感謝の気持ちを持ち続けようと思います。みなさんもイライラすることとかあったら何か感謝すべき対象を見つけてみてください。何か変わるところがあるはずです。


あとこの春千川に引っ越します。千川は副都心線が通ります。千川が今熱いです。

一年  MF  久木田紳吾

0 件のコメント:

コメントを投稿