2008年3月20日木曜日

筑波やでー

明日から筑波遠征です。
今日の練習試合で濡れそぼったモロモロを洗ったり干したりしながらこれを書いています。
つくば。
去年を思い出します。
去年の今の時期、オフ中の怠慢がたたってヒザのじん帯を痛めていた僕は完全なるビデオ撮影係として遠征に帯同しました。
そんで異様に冷たい風が吹き抜けるヤグラの上で凍えながら走り回ってる皆をひたすら撮り続けていました。
つくば。
本当に寒い国でした。
あまりに寒さに2台のビデオのうち1台は調子がおかしくなったくらいです。
阪南戦のハーフタイム中に気合で直しましたが。
宿舎に戻ったら戻ったでバッテリーの充電やらテープの交換やらに気を遣い、夜が明けたらまたヤグラ上での極寒の戦いが待っています。
その間、全国の強豪としのぎを削りながらどんどん経験値を積んでいく皆を指をくわえて見ていることしかできません。
そんなこんなで心身ともに非常に切ない遠征でした。
しかし今年は違います。
まずシーズン前、僕はオフトレをさぼらなかったので昨シーズンに比べたら飛躍的に良いスタートを切ることができました。
実際に体重だけを見ても昨シーズンの今ごろと比べて5キロ近く軽いです。
そしてなんだかんだで春合宿中にハジけかけた僕のヒザをAT軍団がなだめてくれたおかげでちゃんとプレーヤーとして遠征に参加することができます。
ATのみんなには本当にお世話になりました。ありがとう。
そして忘れちゃならんのは今シーズンからビデオ撮影を担当してくれることになったマネージャーのみんなの存在です。
おかげさまで遠征中のビデオの世話から解放されてよりプレーに集中できるってもんです。
ほとんど丸投げの体になってしまって申し訳ないけどとても感謝しています。
まだ不慣れな部分もあると思うけどどうか頑張って。
わからないことがあったらまず深田に聞いてから俺に聞いてください。
というわけで僕にとって今年の筑波は去年の筑波とスタート前の時点から割と何から何まで違うのです。
ただ一つ去年と変わらないもんがあるとすれば筑波の寒さでしょう。
明日はほとんど暴風雨レベルの荒天なんだそうで、今ベンチコートを必死に乾かしています。
明日の朝までに乾かなかったらもうスキーウェアー着ていくくらいのつもりです。
関係ありませんが筑波が終わったら齢56にしてスキーに目覚めた母ちゃんと春スキーに行ってきます。
母ちゃんの旧姓はイカリといいます。漢字は猪狩ですが。
とりあえずATとマネージャーは随時募集中です。
新三年の後藤でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿