2008年4月4日金曜日

どーも

ボランチの3年の深田です。

というわけでDFな僕も昨日の紅白戦はボランチだったわけですが、
ボランチの立場になって、DFがどのようにすればプレーしやすいかが少し分かりました。

このタイミングでボールが欲しい、ここでは欲しくない、このマークは受け渡ししたい、などなど。

このように相手の立場になって考えてみると、見えてくることがあると思います。
「お前がこう動けば俺のやりたいようにこうできる」
だけではなく相手はどうしたいかを理解することが重要です。

そのためにも練習中でも試合中でも話し合うことが大切になってきます。
そうしていく中で、お互いに一つのイメージでプレーできるようになれればいいんじゃないかと思います。

そうです。
あの名コンビ、名波と藤田のように。
彼らは相手を見ずとも、ここにいるだろうなというのが分かるそうです。

名波といえば、今サッカーマガジンで名波についての連載をやっているのでぜひぜひ。

あ、名波のことかいてたら新歓メッセージを忘れるとこだった。
というわけで最後に一言。

人工芝ののグラウンドは目にも優しいですよ!?

0 件のコメント:

コメントを投稿