2008年8月19日火曜日

最後の秋季

来週とうとう院試を迎えてしまう4年の千布です。
将来を左右する大事な試験なので、それはそれは必死で勉強しています。
まあ、那須くんの必死さには遠く及びませんが。

さて来週から始まるといえば、秋季リーグ。
ア式のメインイベント。
これまで自分たちなりにいろいろ考えて、工夫しつつ一年間過ごしてきた。
部員に目標を立ててもらったり、練習メニューを変えたり、テーマ設定したり。
シーズン当初考えていたことを一部しか実行できなかったし、継続して続けるべきことが続けられなかったりもした。
準備不足だったり、考えが及ばないようなことが起こったりして、詰めが甘かった部分もたくさんある。
そのへんは力不足でした。

目標立てろとか、テーマを意識してくれとか、部員のみんなにはいろんな要求をしてきた。
ただいろんな要求ができたのもア式という集団だからだと思う。
みんなやっぱり本気で上手くなりたい、勝ちたいと思ってるし、なによりまじめ。
いろんなことに協力してくれたみんなには感謝しています。
目標張り出し率、feed back提出率とかも非常に高かったし。
また新歓、サッカー大会など自主的にいろんなイベントに尽力してくれた人もたくさんいました。お疲れ様でした。

これまでのプロセスがどうだったかは、秋季の結果を見て判断してほしい。
結果があってはじめてプロセスは肯定されるものです。
ただ自分たちなりにはア式を強くしようと思ってこれまで頑張ってきたので、どんな結果になろうと個人的にはやりきったと思えると思う。たぶん。

後輩たちには、やってよかったんじゃないかと思えることは続けていってほしいし、だめだったと思うものは積極的に変えていってほしいと思う。
なにより失敗を恐れず積極的にいろんなことを試作していくのが大事だと思うので。

最後に、真剣勝負は勝たないと面白くない。内容云々より勝利。
勝って楽しく終わりたい。

4年 DF 千布勇気

0 件のコメント:

コメントを投稿