2008年9月13日土曜日

目標

うわーエンターキー2回押したら勝手に投稿してた…

どうもFWの1年久保です。

まずはじめに
みんな自分の中に「希望ポジション」というものがありますよね?
でもサッカーというチームスポーツにおいてはその「希望」が常に叶うとは限らないってことはみなさん十分ご承知だと思います。かくいう僕も今はSHやってますが、あくまでFW志望です。まぁつまり何が言いたいかというと、「最近ポストプレーばっかりで面白くない」とほざいてた異星人に「FWやれるだけ良いと思え」と伝えたいってことです。でも自分がサイドハーフやってるのはその異星人にポジション争いで敗れた結果でもあり、自分の力の至らなさを思うと、複雑な気分ですね。様々なポジションをやらされた挙句、結局希望ポジションではないボランチをやらされているM川よりは僕もましなんでしょうけど。

さて秋季が始まって、明日はもう第3節です。
これまでを振り返ると正直自分がチームに「貢献」できているかどうかははっきりいって自信ないです。「久保の持ち味って何?」って聞かれたときに、「スピード」しか浮かんでこない、またはそうしか思われていない現状を思うと、自分はこのままでいいのかって思ったりもします(このままでいいわけないんですけどね)。自分にはたかしさんみたいな高さも、水澤さんみたいな強靭な肉体もない。森元みたいに左右両足蹴れるわけでもないし、沢さんみたいにキック精度が良いわけでもない。ましてや村さんのような驚異的な体力や千布さんのようなヘディングの強さもあるわけがない。ただこうして他の人が持ってる自分のないところを挙げていくと、みんな他の人にはない長所があるって気づくわけです。確かに高さやスピード、スタミナは先天的なものもあると思います。でもサッカーというスポーツにおいてその人がある程度基礎技術を持っているのならば長所であるということに変わりはないでしょう。陸上選手がサッカーで活躍できるかといえばそうではないし、NBAのやつが全部ヘディングで勝てるかといえばそうではない(はず)。その人がその人の特徴を生かせるスポーツ(いや自分が熱中できるスポーツかな)を選んだからこそ、その能力に意味があるわけです。つまり、プレーヤーとして成長するためには、そのスポーツを根気強く続けていかなければならないってことです。こう考えていくと、「サッカーを知る」これが1番うまくなるための秘訣である(もちろん基礎技術は必要だけど)はずってことにたどり着くと思います。てかどんなに考えが飛躍していようとも僕はそこにたどり着きました。「サッカーを知る」ということはもちろんルールや選手の名前を知るってことではなくて、動き方やプレーの選択肢を知るってことです。動き方(例えば裏への抜け方やプルアウェイなどのボールのもらい方、マークの相手とボールの位置によってこまめに修正すべきであるディフェンスの立ち位置などなど)を知らなければ、たとえ並はずれた身体能力あるいは技術をもっていても、ボールをもらえない、常に不利なポジションにいるという状況に陥ってしまい、自分の能力を生かせません。プレーの選択肢についても、パスの種類、シュートの種類、ディレイやチャレンジなどの状況に応じたディフェンスの対応などを知らなければ、プレーの幅は狭くなります。だから、プロや自分のライバルの試合というかプレーを見て、「サッカーを学ぶ」ということは大事なんです。僕のかつてのキャプテンはネドベドをセンターバックだと思うくらいサッカーに無知でした。確かにネドベドのポジションなんてただの知識かもしれません。ただサッカーを「知っている」人間ならば、ネドベドのポジションくらいわかるでしょう(!?)。「ネドベドのポジションを知っている」は「サッカーを知っている」の必要条件(あってる?)ってことです。僕の知る限りでは、中学高校生活の中で、彼が「サッカーを知る」という能力において、十分成長したとは言い難かった(僕もまだまだですが)。
まぁこれまで長々としかも文脈を無視して書いてきましたが、1番言いたかったことは、「みんなでサッカーを知りましょう」ってことです。自分の知っていることはためらわずに意見して、自分の知らなかったことは素直に取り入れれば、おのずとプレーヤーとして成長して、結果ア式はもっと強くなるはずです。そうすれば1部への昇格、あるいは関東への昇格も見えてくるかもしれません。確かに関東への道のりは険しすぎます。でも不可能ではないと僕は思ってます。同じ大学生です(ありふれた言葉ですが)。てかそれくらい目標を高くしないと1部に昇格した後のモチベーションは何になるんでしょう。「やるからには勝ちたい」。この気持ちはスポーツをやってる者なら誰もが持ってるはずです。初めから残留を目標に戦いたくはない。今季1部に上がって、来年から関東目指してがんばる。これが今の僕の目標です。「東大が関東!?」そう笑われても関係ありません。ただみんなが同じ目標に向かっていかなければ意味がないことは確かです。そういう意味ではこの前の1年ミーティングのときに道喜が「俺の目標は関東にあがること。」って言ったときは、一人胸が熱くなってました。一緒にがんばろうぜ。
でも今は秋季に集中です。今季1部に上がらなければ、今僕が言ったことは全部絵空事になってしまいますもんね。絵空事にしないためにも、自分のために、4年生のために、ア式のために1試合1試合全力で戦っていきます。

さあ明日(今日)は山梨大戦。

すべては勝利のために

一致団結してがんばりましょう。点決めます!いや得点に絡みます!!それが自分にできる最大限の「貢献」だと思うので。

0 件のコメント:

コメントを投稿