2008年10月10日金曜日

この一ヵ月半を振り返って

2年GKの田島です。1年の時はfeelingsの順番が回ってくる前に辞めてしまったので、今回が初feelingsです。

8月にア式に復帰してから、早いものでもう一ヵ月半が経ちました。復帰当初は慣れないGKの長袖のユニとグローブを着けて 「夏なのになんでこんな暑苦しい格好しなきゃならないんだ」とか思っていたのが、最近ではその上にさらにピステまで着るほど涼しくなってきました。このように一ヵ月半という短期間で季節もすっかり夏から秋へと変わってきましたが、同様に自分自身の心境にも色々な変化がありました。

実を言うと、GKで復帰しようと思ったのは、『走らなくていい楽なポジションだし、今1,2年にいなくて人足りてないらしいから、なんか丸く復帰できそう。新人戦のレギュラーも確定だし』などという、今にして思えばあまりにも安易で浅はかな考えからでした。

しかしながら、当然僕のもくろみは外れます。GKの基本動作すらまともにできないし、飛んでばっかで体中痛いし、先練あるから早くグラウンドに行かなきゃならないし、練習試合や紅白戦ではバカバカ点入れられるし、キックも飛ばなくてチームに迷惑かけるし・・・その上乙村まで戻ってきて、「居場所ねーなー、復帰したの間違いだったかなー」と早くも後悔することもありました。

それでも、また辞めたり、仮病使って休もうとしなかったのは、毎週日曜日秋季リーグの試合を観ていたからだと思います。試合に出ている選手はもちろん、控え選手も、ベンチ外の応援の選手も、監督も、コーチも、スタッフも、OBも、ア式の勝利のために全員が一丸となっていました。その中にいて、僕自身も自然と胸に熱く込み上げてくるものがありました。「このチームの一員でありたい」 そう強く思いました。

もう迷いはありません。4年の引退まで頑張ります!

次の筑波戦、上智戦、勝ちましょう!!

2年 GK 田島史也

0 件のコメント:

コメントを投稿