2008年10月5日日曜日

流れ

こんばんは。まず、feelings書くの遅れてしまってごめんなさい。今日はきちんと書くので。


今日までひとまずお疲れ様でした。今日こうやって勝てたのは本当に選手、スタッフ、応援してくださるOBみんなの力があってこそ、だと思います。特に先週ああいう負け方をした後の試合や勝負のかかる強豪との大一番では今までのア式だったら流れに飲み込まれていたところ。しかも逆転勝ち。


今日勝てたのはみんなで流れを引き寄せたからだと思っています。


まず、火曜に4年でミーティングをして、次の試合に向けて自分たちは何をすべきか確認しました。そして水曜の紅白戦後にはAチームは審判を代わってもらってミーティングをさせてもらいました。まぁこれはどうだかよくわからないですし、僕の勘違いかもしれませんが、土曜にはマネさんがおにぎりを作ってくれました。最後にたくさんのOBがこの大一番を見に来てくださった。


自分の話になります。6月から8月の3か月間、自分の23年間の人生で1,2を争うほど精神的身体的に辛く苦しい経験を、サッカー以外の部分を含めて、しました。その日その日を過ごすので精いっぱいといった感じでした。


もちろん部活の時間はサッカーに集中しようとしていましたし、全力でやっているつもりでしたが、日常をサッカーに費やせなかった分、どこか欠けているそんな感じでしたし、そういう状態であることも自覚していました。


だからこそ、9月の目標を「パス練、筋トレ週2回」としました。もちろん、身体的技術的に成長するためという意味もありましたが、自分としては、このような、6月までやっていたけど失ってしまったサッカーのための習慣をもう一度やりなおすことで、サッカーに対する集中を高める狙いが大きかった。周りは「いまさら筋トレですか?」みたいな反応をして、つべこべ言ってきましたけど。


自分は足がつりやすいので、日ごろから水分を多く取るように心掛けてきましたし、この1週間ミネラルを多く含んだ栄養補助食品を食べていましたし、練習と試合前には予め水分を取るようにしていました。


今日も実はアップ前にパス練をしている時点で、いつもより膝が硬く、上体が高いと感じたので、いつもよりチューブでの足首のトレーニングを多めにした後、足首のストレッチをやたらとやりましたし、アップの時も集中してやりました。


こうやってこの試合に向けてみんなは、そして自分は準備してきたわけです。ここまでやれたことが偉いでしょ、とかそういうことではなくて、この試合に向けて一つ一つ小さなことを積み重ねて来れた、そういう積み重ねが大きな力を生み出したんだと思います。


今週チームがやってきたこと、また自分が今までやってきたことは「やって当たり前のこと」ですし、特別なことではありません。ただ、今の自分達の状態を把握して、その時々にあったことを選択して、やり続けることは難しいし、苦しい。本当に辛いですよね。











だけどこういうことを抜かしてしまえば、東経といい試合ができるチームも桜美林に負ける。









今日はいい試合をして結果も伴いました。


ただ、得てしてこういうふうに何かを達成した後は気持ちが抜けてしまいがちです。自分もそうです。だからこそ、次の試合が大事だし、そのためにどんな準備ができるかが大事です。


残念ながら東大は常勝軍団ではありません。


だからこそ、みなさんにお願いしたいのは、初心に帰るのではなく、今の自分を各個人が見つめて、次の試合に向けていい準備をしてほしい。次の試合に勝つ鍵は、いい流れは保ちつつ、いかに今日のいい思い出を捨て去れるか、です。





僕は「暇だし、高校でサッカーやってないけど、ちょっとやってみようかな~」ぐらいで入部しましたが、この4年間、多くの人に支えてもらって、いろんな経験をさせてもらって成長させてもらいました。「予想以上に大きなものをもらったな」というが4年間の感想です。


そもそもこういう大学の運動会はほとんど経済的な利益を生み出すことはありません。だけど、なんとかこうして存在していられるのは、それに関わる人の善意ややる気に他なりませんし、そういうものすごく脆いものです。だからこそ、自分が成長できる場を提供してくれているア式という組織に感謝していますし、そういうところにいられる自分は幸せです。


最後になりますが、一人でも多くの後輩が大きく成長してくれるのを楽しみにしています。頑張ってください。


                             4年 西 健吾

0 件のコメント:

コメントを投稿