2008年10月4日土曜日

初ゴール

vs大東文化大学 前半0分 
これが僕の大学初ゴールの記録だ。
僕の右足のアウトサイドキックによって推進力を得たボールは緩やかな縦回転を保ちながらキーパーの右側を静かに通り過ぎ、まるで織り姫と彦星が天の川を越え運命の再会を果たしたかのようにゴールの右サイドネットへと吸い込まれていった。青い空、白い雲、緑の芝、黒いゴムチップ、ゴールの中で静かに揺れるボール。何も問題のないゴールだった。
ただ一つ、そのゴールが自分たちのゴールだということを除いては。

オウンゴール。

数あるゴールの中でももっとも悲劇的でもっとも残虐なゴールだ。
開始直後のオウンゴールは確実にチームの勢いを削ぎ、その後の試合展開にこれ以上ない負の影響を与えた。結果は0−5。この負けは間違いなく僕の責任だ。チームのみんなに本当に申し訳ない。そして何より4年生に申し訳ない。4年生にとっては練習試合はあと4試合しかなかった。しかも、大東に雪辱を果たすチャンスはこの一試合しかなかったのだ。その貴重な一戦を自分のミスで台無しにしてしまった。本当に悔やんでも悔やみきれないし、自分が情けなくてしょうがない。

しかし、悔やんでばかりはいられない。失敗を引きずり続ければ、チームにまた迷惑を与えてしまう。失敗を糧にして前を向かなくてはならない。そして今日ぼくは自分のやることを決めた。残りの練習試合3試合すべてで自分の持てる力を出し切り、勝利に貢献して、4年生を最高の形で送り出す。それが僕の考える最大の謝罪で、最高の感謝の表し方だ。この目標に向かって死にものぐるいで努力することをここに誓う。

1年 鈴木康平

0 件のコメント:

コメントを投稿