2008年10月10日金曜日

天王山

開幕以来、監督が毎試合「今節は天王山なので」と活を入れてくれてきた。
目前の勝利を逸した試合も、劣勢を耐えて拾った試合もあった。
ここまで4勝1分1敗。

皆わかっているように、次の試合は間違いなく元来の故事が言うところの「天王山」になる。
東大にとっても相手にとっても。

その相手の上智大は監督が現役の頃からのライバルだそうだが、最近は去年の春季・秋季と大事な局面で悔しい思いをさせられた。
個人的にもその試合では大けがをしたり、チャンスを潰した苦い記憶ばかり残っている。

自分たち4年は上智戦も当然最後だが、この秋季の天王山を取って昇格する事で今までの借りを絶対に返さなくてはならない。
負けてよい試合などないが、次戦は今まで以上に「この相手には絶対負けられない」という気持ちを強くもって臨みたい。

自分は今週は不慮の難に遭ってしまったが、今できる準備を精一杯やろうと思う。

前節は試合に出た人間もそれぞれ頑張ったが、何よりチームが一丸になれたことが逆転につながった。
後半の押し込まれた時間帯も声援が本当に力になったし、守り抜ける気がした。

今節も、出る人・応援する人それぞれが「絶対に勝つ」という意識のもとに一つになり、チーム全員で天王山を取りましょう。

うまくまとまらないけど、今のfeeling。

4年 水澤

0 件のコメント:

コメントを投稿