2008年10月4日土曜日

こんばんは。まず、feelings書くの遅れてしまってごめんなさい。今日はきちんと書くので。




この1年間、自分としてはずいぶん変化しました。




まぁこれは何年も前からやっているのですが、パス練をやりました。ただ漠然と「ミスしないように心がけるぞ」と思って全体練習するだけより、それに追加して1日100回ぐらい個人的に練習したほうがミスが減らせると思ったからです。




そして体についてもチェックし続けていました。今日は体が軽いとか重いとか、力が入っているか、腰は高くないかか、とか・・・弱い部分があったら補うようにしていましたし、セルフケアもし続けましたし、アップでも最大限集中して取り組みました。だからこの1年、これまで怪我人になることなくできたんじゃないかと思っていますし、また同時に「けがするのはある程度仕方ない部分もあるけど、自分の意識の持ちようでどうにかなる部分もあるんだ」って感じています。




こういったことは大部分の選手が習慣としていることだと思いますが、これをしていなかった自分がやり続けることは本当に大変なことでした。




こうして大変な思いをして手に入れた習慣ですが、手放してしまった時がありました。




6月から8月までの3か月間は自分の23年間の人生の中で、サッカーと研究室だけでなく身辺に様々な問題が降ってきて、精神的にも身体的にも一番辛く苦しい時期でした。1日1日をやっと過ごしている、そんな感じでした。




もちろんできるだけ部活にいる時間はサッカーに集中しようとしていましたが、やっぱり練習以外の時間をサッカーに割けなくなっていましたし、それまで習慣としていたことが失われていって、サッカーに対する集中は欠けていることも自覚していました。




9月の目標として「パス練、筋トレ週2回」と書きました。それは技術的身体的に少しでも成長するためという目的もありましたが、それ以上に、それまで失われてしまった習慣を取り戻して、サッカーに対する集中を上げるために、やり続けることが重要だったから目標にしました。周りはとやかく言っていましたが、そんなのどうでもいいことでした。






0 件のコメント:

コメントを投稿