2008年7月30日水曜日

諏訪さん、京大戦頑張ります!

こんにちは!就活と試験を終えて、後は残りの大学生活を楽しむだけの高松です。最近ようやく復帰しまして、みんなのフィット見て「おー、頑張ってるねー」とか思ってた僕もフィット混じってヒーヒー言ってます。怪我したのが4月の初めだから、だいたい3ヶ月くらいの怪我人生活でした。いやー、長かったです。リハビリ生活ではトレーナーさん、ATさんありがとうございました。初めてのリハビリ生活だったんですけど、これまでリハビリなめてましたよ。動きは地味なのにめちゃくちゃきついんすよね。それで、ちょっと動きに慣れてきたら、新たなきついメニューが科されるんです。トレーナーってまじSだと思いました、いやいい意味で。まー、そんな愛のこもったつらいメニューのおかげでしっかり復帰できました。毎日すごい暑いですけど、久しぶりにサッカーやる喜びを忘れずに、頑張ります!


もう今週末には京大戦があります。3試合全部勝って、秋季に向けて勢いつけましょう。そして、僕の2個上の偉大な先輩が「京大戦はサッカーも大事だが、サッケーも大事だ!」とおっしゃっていたように、そっちの試合も大事です。4年生は理系が多いんで、みんな院試に向けて勉強大変そうですが、院試の大変さをまったく見せずに、どっちも頑張ってくれるそうです!


4年FW 高松

2008年7月28日月曜日

"意味か霞か"

《試合結果》

@Home
   vs 東京学芸大学(関東1部)
   4-1
 1本目 0-0
 2本目 4-1   2分 三浦(アシスト:南田)
           3分 三浦(アシスト:大沢)
          20分 久木田
          24分 久保(アシスト:大沢)


   vs 筑波大学(関東1部)
   0-0
 1本目 0-0
 2本目 0-4


@Away
   vs 大東文化大学(東京都3部3位)
   1-11
 1本目 0-3
 2本目 0-5
 3本目 1-11    分 白井


このところ暑い日が続いていますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。。。


私は、この1か月の間に様々なことがありました。

中国人(4人も!!)とお友達になったり、
マンションのエレベーターに変なものが現れたり、
…ラジバンダリ!


体調も不良でした。
大殺界なんじゃないかと思うほど調子が悪いです。

けれど何事も考えようですよね。
他人の芝は青く見えるものです。
それを羨んだり嘆いたりするよりも、
自分の芝をいかに活き活きさせるかを考えていきたいです。


とりあえず今週は味覚生理学、免疫学etc…について考えます。
レポートと集中講義です(x_x)

投稿が遅くなり申し訳ありませんでした。

3年 小林ゆか

2008年7月26日土曜日

今日は暑かった

七月も終盤に入りここのところとても暑くなってきました。特に岐阜は37度とか何とかでやばいっぽかった。御殿下はというと、正直そうでもなかった。でも題名が思い浮かばず結局こんなのになってしまいました。すみません。でも、実は題名を考えるのって本文を書くことよりかなり難しいですよね?すいません。
「すいません」と「すみません」ってどっちが正しいのだろうか。


ちなみに今日が初フィーリングス。初めてというのは何事も緊張するもので、先週はフィーリングスのこととフィットのことしか考えてなかった気がする。そして先週三浦が書いたフィーリングスが出来がよく、更にプレッシャーが。三浦そういうのやめろよ。




しかしそんな所に今日の練習後に思わぬネタが舞い込んだのでそれについて書こうと思います。今日O田君が彼女と墨田川の花火を見に行くそうです。彼女いない歴=年齢の僕は隅田川の花火の存在すら知らなかったというのに。試合前日に彼女といちゃつくとか考えられないっすよね?まったくO田君のちゃらさにはあきれてものも言えません。奴はいつも俺には「もうそろそろ別れる」だの「最近会うたびに喧嘩している」だの言っていたのに、あれは嘘ですか?「俺は自分から別れようとは絶対に言わない」とかいってたけど本当は別れたくないだけなんですか?




色々と書き連ねてきましたが、O田の彼女を全く知らない俺にはもうこれ以上いじることはできないです。これで勘弁してくださいO内さん。O田ごめんな。


そろそろサッカーの話題に少しでも触れようと思います。七月に入ってから練習はそれ以前よりハードさを増してきました。体力のない自分には結構つらいです。でもなんとかフィットにもついていけるかいけないかぐらいのところまで来ているのでこのまま頑張っていきたいと思います。とりあえず明日の試合勝ちたい。最近試合全然勝ってないし。明日…遠いっす、まじで。二時間半とかかかります片道で。でも試合に勝てばそんなつらさは吹き飛ぶはず、たぶん。明日も頑張っていこう。


PS 三浦から尾崎君について書けとの命令があったんですが、中国語を勉強しなければならないので今回は時間がないということでやめておきます。次回森元君がかいてくれることに期待。
もしかして尾崎フィーリングス見てる?みたいな噂もあるんで。




一年 宮川

2008年7月25日金曜日

新ユニフォーム

投稿遅くなってすみません。寝る前にかろうじて今日のfeelingsが自分の番であることを思い出しました。そういや最近書いてないなって考えてたら、前回の木曜日がア式にちょっとばかり波紋を及ぼしたと噂の、あの斬新なfeelingsだったことを思い出してしまいました。自分の番が来るのが早いですね。








ついこの間、梅雨明けが発表されて本格的な夏がやってきました。日中の暑さが本当にやばいです。先日、ニュースを見たら、インド洋での海水温の配置がどうとかこうとかで日本は三年連続で猛暑になるらしいです。加えて地球温暖化で気温が上昇していることもあるから、今年の暑さはかなり半端ないと思います。昔は夏の平均気温が25度くらいって時もあったみたいだけど、まったく信じられないです。今気温25度とかになったら肌寒いくらいじゃないんでしょうかね。








そして今日はフィットの日でした。暑い中でのフィットはとてもきついです。最近は一週間が木曜日を中心として周っている気がしてなりません。木曜日のフィットが終わった後は、達成感というか爽快感というかそういうのを自然と感じてる気がします。








話は変わりますが、もうすぐ京大戦です。去年は1~3軍戦どれも結構押し気味で試合をしていたのに3試合とも引き分けという結果に終わってしまいました。今年こそは3試合とも勝ちに行きたいですね。僕も暑くても集中を切らさず、走り続けて結果が出せるようにしたい。








そして京大戦といえば去年はかなりハードで大変だった記憶があります。杉さんや沢さんを始め、多くの方に迷惑をかけてしまいました。本当に申し訳ありませんでした。今年は去年みたいにならないように、気を引き締めていきたいです。家に帰るまでが試合なんです。本当にその通りだと思います。








7月も残りあと1週間、頑張っていきましょう!

2年 DF 鈴岡 大明

2008年7月24日木曜日

相変わらず中身はなし

フィーリングスにおける3年テンプレートで書き出すのもいいのですが、それじゃ退屈な文になりそうなんでそれは使わないでいきます。
木曜日って憂鬱ですよね。ほんと溜息が出るほどに憂鬱になります。
いわゆるフィットってやつです。
しかも夏真っ盛りとなって酷く暑いわけで、しんどさの二重奏ってとこです。
個人的にはレポートが進んでないので三重奏ですが。
早くレポートは消失させたいです。

最近改めて思うことがあります。
ないものねだりはしてもしょうがないということです。
そうはいってもやっぱりそういうことを考えてしまう自分はいますが。
一番下の弟ぐらい運動神経が良かったら。
もっと早くサッカーを始めて、しっかりと練習していたら。
○年の夏・冬学期に社会科学を3つずつ入れてたら…
もし…という感じでこれ以上書くと完全に脱線しそうなのでこの辺で。
「お前もう人生脱線して暴走してるから」っていうツッコミはなしだよ、高木、南田。
結局のところ、毎日の練習で自分のできることをほんの少しずつでも増やしていくしかないということなんですよね。
もちろんサッカー以外についてもこのことは言えるのだと思いますが。
毎日努力して、ほんの僅かでも昨日の自分よりも良くなるようにしていくこと。
何事もそうしていかなければならないのだな、と思います。
言うは易く行うは難し、という言葉もあるのでどこまでできるかわかりませんが。
まず、今週末の大東戦、遅刻に気をつけます。

3年 MF 熱海

2008年7月23日水曜日

The last feelings

今夜のfeelingsは4年高橋がお送り致します。



これが最後のfeelingsらしいので10%くらい出そうと思います。


4年にもなると最後の○○が多くなりますね。

最後の大学生活

最後の夏休み

最後の秋季

西郷隆盛





いよいよ4年にとって最後の夏がやってきました。

巷の学生はボランティアを行ったり、キャンプに行ったり、海外へ旅行に行ったり貴重な体験をする季節ですね。



僕たちは40度近いグラウンドで汗を流し、真っ黒になります。



どちらも青春ですね。



日焼け止めをバカにしていたF本Y平君、皮膚癌にはご注意を。



かけがえのない時間を噛み締めながら、秋季という最大の目標に向かって走ります。
たとえどんな結果になっても、どんな役割をチームから与えられても、「これだけやってダメならしょうがない」と笑えるように、今妥協のない準備をしたいです。
それだけやれば結果がついてくると信じて。



もちろん崖っぷちの院試も…どんな結果になっても作り笑いくらいはできるように、妥協しつつも準備したいですね。



今日の日経平均株価前日比+2.98%



ということで明日は12.98%くらいでいきますか。



4年MF高橋信行

2008年7月21日月曜日

溶ける!

今日の試合の結果を報告します。

東大VS筑波大学付属駒場高校

1本目 0-1
2本目 1-0(中川)
3本目 0-0

最近の高校生は大人っぽくてびっくり。…とは言っても私も1年半前は高校生だったはず。制服なんてもう着れません。
犯罪です(笑)

梅雨もあけて、毎日とっても暑いです。ボトルを冷やしても冷やしても氷は溶けてしまうし…誰か溶けない氷を発明してください。
でも、「あ、冷たくなってる!」とか言ってもらえるとすごく嬉しくて頑張れます。

暑くて溶けてしまいそうになるけれど、「溶ける…」とつぶやくと、「人間なんだから解けるわけないでしょ!」と言って喝を入れてくれる先輩方。毎日とっても楽しいです。

でも、私たちより、選手の方が何万倍も暑いんだろうな。。。

頑張らなくちゃ!




テストも・・・・・・・




2年MG 藤村美穂

2008年7月19日土曜日

受けて不可るなら寝て不可れ…

私が「坊・・・

こんな書き出しにしようとも思ったのですが、
調子乗ってる態(テイ)になるのを恐れてやめときます。


初Feeingsです、因みに。
ですが、S井先輩みたく「伝えたい」ことは見つからないので、
「知らせておきたい」かもな、と思うことを書いておきます。
忙しい方は読まなくて結構です。ホントに。。



『5月からT大蹴球部に入って2ヶ月チョイ経ちますが、
ア式に入ったからこそできた経験がありました。


不快なことがたくさんありました。

「あしき」を変換すると大概「悪しき」って出してくる電子機器類 。

母校(栄光学園)訪問の際、
「大船観音」を見て「森から頭が出てるよ。ひっひっひっひっ」っておほざきになった埼玉県民。

後半から「ナメック星人」呼ばわりしてきたコクガク院の3番。

金曜の1限を題名の通り「0不可」にしてくれた過酷な日常
(シケプリ〈=試験対策プリントの略称〉を刷ったのがfit後の夜0時な訳で・・・)。

3年の間で精神的な(?)「ハゲ」、「ボウズ」っていう中傷語が存在すること。

その中傷語にいちいち反応してしまう不甲斐なさ。

坊主=ケジメっていう俺の6年を否定しかねない方程式。

あと、、、ザキヲとの出会い。。。


でも、快いこともあったかもしれません。

ザキヲとの別れ、とか。

プラスなことは、書き出したらとまりません。多分。だから書かないわけで・・・。


とりあえずサッカーは楽しい。だから、アシキに入って良かったな、と。今のところ。』

 結構書けたな・・・そろそろ刈るか、頭。。。

1年FW三浦

2008年7月17日木曜日

陸上部化したア式へのアンチテーゼ

なんてくだらない批判よりはもっとまっとうな批判をしたいと思います。

批判って、大事ですよね。
もちろん昨年某卓球の人がのたまってたように、“言い方”ってのも多分に重要な要素ではあるんですが、
ある事柄への否定的な判断や評価を表現するという意味での『批判』って、それ自体コミュニケーションの一翼を担ってると思うんです。
例えばゲーム中、「さっきのパス足元じゃなくて裏に出せよ」なんてのも、考えの差異を伝える立派な批判ですよね。
その批判に対して、「いやいや裏は読まれてたじゃん。1回ポストで受けてから流れた方が崩せたっしょ」と、批判で返すわけです。

こうしてコミュニケーションの多くは成立してて、この意味での『批判』を受け止められない人はもちろん、『批判』できない人間も正直終わってるというのが僕の持論です。

さて、そんな持論は置いといて、どんなスポーツにもミスはつきものです。特にサッカーなんて足でやってんだからミスるのが当たり前。
ミスにはチャレンジングなものも多くあるから、そういう意味で本来ミスは批判されるべきものではありません。

それでも、そうだとしても、やっぱり責められるべきミスというものは存在するわけです。

アンケートの回収率が著しく悪かったとか、ゴール前で敵にパスして点取られたとか、遅刻したとか。

意識次第で確実に防げたこれらのミスを批判することは、当人を戒めるほかに、集団を引き締める役割も持っているのではないでしょうか。

そういえば最近遅刻した2人の阿呆(2人とも学籍上は2年)が、全く同じ口ぶりでこんなこと言ってました。

「遅刻したら坊主ってのはなんか違う。坊主にしたから反省してるってわけでもないし。もっと別のことしようよ」

まるでさっさと罰持ってこいとでも言いたげな。

いやいや何開き直ってんの。つかそんなこと言い出す時点で全く反省してねーだろ。能書き垂れる前にさっさと気持ち見せろよ。

別に何でもいいと思うんです。
例えば、例えばですよ。毎日2時間前に部室来て掃除するとか、練習後にミニゴール補修するとか、ほんとに何でもいいじゃないですか。
言われないでやることに意義があるんです。
このままじゃ批判を受け入れられず屁理屈こねて結局何もしないで済まそうとしてるようにしか見えません。

本当に反省してるんですかね。


それにしても去年は年間で千布さんと鈴岡だけ?だったのに、今年はここ1ヶ月で4人(全部2年)ですか。

今年の1年がわりとフリーダムなのもそれが原因と言われても仕方ない気がします。

そういえば前述の遅刻野郎は、ゴール運ばない1年を注意しようとした僕に、
『そういうのやめようぜ。怒るのはなんか違う。背中で語ればいいじゃん。』
と言いました。

やっぱこいついいこと言うなと思ったのも今は昔。
彼が背中で語ったのが遅刻に対するスタンスでなかったことを祈るばかりです。

まぁ、それでも、さすがに4人の遅刻野郎を輩出した2年には責任があるってことで、代表して久木田が坊主になります。

土曜日の久木田に注目です。


2年 そろそろMF 白井英介

ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ

どうも、こんばんは。
遅れてすいません、どうやら最後のfeelingsになりそうな4年鈴木です。
僕の映画紹介コーナーが最後を迎えるということで、今回ご紹介する作品は僕の最も好きな映画です。
“ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ”
おかまロックンローラーの生き様を描いたミュージカル映画です。
性転換手術に失敗した主人公ヘドウィッグ、失敗の痕=アングリーインチと共に、自由の国アメリカで“本当の自分”を捜し求めます。


誰でも自分らしくありたいと思っているものでしょう。
“本当の自分”に偽りなく生きていきたいと。
ただ、世の中には“本当の自分”を見えなくしてしまうものがたくさんあると思います。
富とか名声、地位、順位、勝敗…。
一元的な価値観に僕たちはかなり左右されているようです。
そんな一元的な評価は、僕はあまり好きではありません。
ひとりひとりが持つもっと違った価値観で世界を見れば、“本当の自分”でいられるのではないでしょうか。
と、偉そうに言っていますが、実際自分でもよくわかりません。
要は、たとえ秋季で結果が出なくても、仲間とサッカーしてきたこの4年間の価値や得たものは決して薄れない、と思うのです。
でも、人間は一生そう思っていられるほど強くないのかもしれません。



だから、僕はここで言います。

“勝ち”が欲しい。

一元的だろうがなんだろうが、とにかく“勝ち”が欲しい。
“本当の自分”をつなぎとめる確かなものが欲しい。
この4年間の証明としての“勝ち”が欲しい。


そんな感じでがんばります。

4年 鈴木亮平

2008年7月16日水曜日

所感

俺が「航空」という旅に出てから半年以上の月日が経った。

とまぁ、最近の航空宇宙工学科の忙しさにこんな手抜きFeelingsで終わらそうと思ったのですが、これでは物足りないのでもう少し書こうと思います。

今年もはやいもので7月になり、もう秋季まで2ヶ月をきりました。今年こそは秋季リーグで全試合に出場することを目標に頑張ろうと決意したのですが、怪我をしてサッカーができていません。しかも手術することになりました。そうです、今シーズンは絶望ってやつです。色々考えてみたのですが、4年生になる来年の秋季を全力でやるために手術することにしました。うぬぼれかもしれませんが、チームには大きな迷惑をかけて申し訳なく思っています。やれることはかなり少ないと思いますが、少しでもチームに貢献できるようにしたいと思います。特に今年から始まった応援では春季同様、力いっぱい声を出したいと思います。今年こそ1部昇格!!

とりあえず、今は筋トレとテスト勉強を頑張りたいと思います。

3年 吉田航太朗

2008年7月13日日曜日

解剖学

私が「…


こんな出だしにするという案が帰り道すがらあがりましたが、
やっぱりそういうのはなしにします。

まずは、今日の練習試合の結果です。
□home
    vs國學院大学
 1st 0―1
 2nd 0―1
 3rd 2―2(松谷、久保)  
 4th 2―1(松本、久保)



□away
  vs一橋大学
 1st 0―1
 2nd 0―1
 3rd 1―1(那須)



久しぶりのhomeとawayに分かれた練習試合でした。

それに御殿下はめちゃめちゃ暑かったです。
マネージャーさんのタンク濾過式?水の冷やし方を見ても
ますます暑さが実感できるっていうものです。

誰かが倒れないかとか、具合悪くならないかとか、
とにかくそんなことが気になります。
今日は本当にお疲れさまでした。
それから、水を飲むようにとか、テントに入ってなよとか言ってくれる皆さん、
ありがとうございます。
AT倒れたらシャレにならないと思うのでちゃんと気をつけますね。

私からは以下のことを。
いつもの練習でも、グラウンドにスポーツドリンクを持ってきたり
練習前にエネルギーになるものを少し摂っておいたり…
テスト期間ということもあって睡眠不足もあるだろうし
どうしようもない部分もあるけれど、
普段より栄養を考えてご飯を食べたりして、大事にしてください。

と書きながらも、私も明日は1限から。で、テスト2つです。
教育学部の授業なんて勉強したら負けだよ、とか言われましたが
解剖学です、
一応ATですよ、中野さん。笑
それに今日1番思ったのは、キーパーが欲しいということでした。
35℃で40分4本は、1時、2時を過ぎてもぶっちゃけ1番心配です。
お疲れさまです。

3年AT半田

土曜日

昨日の練習は木曜のフィットの疲れが残っていることと蒸し暑さのせいで、自分としては重苦しい雰囲気で始まりました。先週の土曜日と同じような天気だったので今日も最後にダッシュがあるのかなということを考えながら練習していました。そのせいもあり、あまり集中してプレーすることが出来ず、(めずらしく)練習中に足を引っ張ってしまったのですが(すいません)、今日は幸いなことに練習後のシャトランはありませんでした。いい意味で期待を裏切られ、良かったです。うん、ほんとに。

しかしこんな弱音を吐いているようではこの先の練習についていけるのか不安です。特に夏合宿は相当厳しくなるらしいという話を聞きました。そこで僕も第2のO崎君にならないために、そろそろ覚悟を決めたいと思います。秋季まで必死に練習についていき、何事にも全力を出し、“三浦を抜く”という覚悟です。feelingsで一人で意気込んでも意味ないので、これからは練習や試合の中でそのような僕の意識が他の人全員に感じ取れるようなプレーをしていこうと思います。

えっイケメン!?あたりまえや!!

1年かずお

2008年7月11日金曜日

テンプレート化したfeelingsへのアンチテーゼ

俺が「リハビリ」という旅に出てから1年以上の月日が経った。

とまぁ、最近の新歓の忙しさを言い訳にこんな手抜きFeelingsで終わらそうと思ったのですが、これでは物足りないのでもう少し書こうと思います。

最近1年生が英一の試験で盛り上がってましたが、懐かしく感じます。
そう、英一の試験の不出来を理由に部を去ったと噂される、彼のことです。
でも、今やメロンパンみたいな頭になってしまった白井の縦書きの願いが、やっと通じそうです。
やっぱり坊主には何か力があるのかもしれないと思います。
ちなみに怪我を治す力はないです。(実証済み)

以下、最近感じることを少々。
やっぱり意識は大事ってこと。
確かに今は困難な局面にはあるけれど、忘れちゃならないものはある。
それは一人で抱えていればいいっていうものではなくて、
上とか下とか関係なく共有しなくてはいけないもののはず。
そして次に大事なのが、行動に移すこと。
「言うは易し、行うは難し」とはよく言ったもので、
ともすれば口だけで終わってしまいがち。
常に自分を、そしてお互いを高めていかなくてはならない。
もはや「自分だけ」は時代遅れ。
全員の力が集まったときはじめて、
崇高な目標へとたどり着くことができる。





とまぁ、昨日無事閉幕を迎えた洞爺湖サミットの感想を書いてみましたが、同じことはサッカーにも言える気がします。
最初からサッカーのことを言っていると思った方、私がそんなこと言える立場にはいないことは百も承知でしょう。
っていうかそんなに素直な子なら、あんな名札はつくりません。
京大戦では是非是非使ってください。
自分は京大戦に出るために頑張りますので。
さすがに応援するためとかハレ晴レ踊るためとかいった理由のためだけに京都に行くのは、オポチュニティーロスが大きすぎると思うので、ディシプリンを重ねたいと思います。
だからさ、体調不良とか言ってないで一緒にリハビリしようよ、
藤井先生。

2年DF佐藤

2008年7月9日水曜日

真のアフターは試合後に ~モモカン in a dream~

僕が「 」という旅に出て「 」の月日が経った。

僕は果たして、旅に出ていただろうか。

Noである。多分。

僕はずっと足踏みをしていた。ずっと何かを言い訳にして、ずっと回り道をして、正面を向くことを意識的に回避してきたのではないかと思う。僕は進んでいなかった。僕は、いつからか、同じ場所にいたんだ。

じゃあそれは、無駄だっただろうか?できればそうは、思いたくないな。新しいものを見てこなかった分、身近なものはその奥まで見られた。進んでいなかったとしても、足踏みをしていただけ、足腰は鍛えられたと思う。そして進んでいなかっただけ、「進みたい」という願望は強い。

旅の仕度は多分、出来たから、そろそろ僕も旅に出ようと思う。願わくば、その足取りは周りを追い越すスピードで。




とまぁ、恥ずかしさというか自信のなさというか、自分のこういう性格から、このような曖昧で意味不明というよりは、むしろ意味超明快な所謂思春期中学二年生的内容のfeelingsのまま終わらそうかとも思ったのですが、それでは最近めっぽう強い風当たりに拍車をかけることになってしまいそうなので、愛すべき鬼畜たちの暗黙のリクエストを意識しつつもう少し書こうと思います。

でもやっぱりそんなに書くことはありません。テンプレートを守っただけです。

ただ、ひとつ加えるとすれば、要は人間、自分のfeelingのことなんて、よく分からない、っていうのが僕の思うところです。特に「好き」なんていうセンシティブなものに関しては。でも、右足のインステップに「ドゥシ」っていう感触が残るような長距離のグラウンダーが蹴れたとき、自分より体のデカい相手に真正面から飛び込んで、ヘディングで競り勝ったとき、思いっきり大きく逆サイドに展開できたとき、僕はその瞬間が「好き」ってことです。そして僕は、何より「好き」という感情を大事にしていきたいだけです。

だから僕は、「サッカー上手くなってガッツポーズとかして最高の気分になるための」旅に出よう。ちなみに「ちゃんと単位をとって4年間で卒業するべく勉強する」旅もこっからスタートです。長文失礼しました。

三年 望月

あちぃ

昼の練習がやばくなってきました。

ついに夏ですね。

体に熱がこもって気だるく感じるあれが嫌いで、前の日の夜に曇ってくれることを願っています。
が、天気だけではなく那須君の表情まで暗かったりすると、それはそれで残念だったりします。



話は変わって、4年生では空前の大学院試の出願ブームです。
ア式の人には、2か所以上に出願する超安全志向の人が多いのは何故なんでしょう。

大学院試受けて、あたりはずれのくじを引く費用1回3万円って馬鹿にならんし。
自分は第一志望一本で、ここだけに勉強時間を集中させるつもり。
あとがなくならないと勉強しない性格なので緊張感あおれるし、とは思うけど、結局勉強せずに落ちるリスクが大きいのもなー。

今日も研究室10時からいかないといけないんですが、寝坊してぐだぐだしてこのザマ。
勉強できっかなー??

落ちたら落ちたで潔く、パチ屋店員復活します。

就職した方々、いらっしゃ~い。

4年齋藤

2008年7月7日月曜日

太陽との戦い

本日は創価大学(東京都2部7位)と40×4の練習試合でした。


【試合結果】

1本目 
 3-1
  14分 松谷  アシスト:大沢
  32分 創価大学
  35分 鈴木亮 アシスト:三浦
  39分 久木田 アシスト:三浦

2本目
 3-0 
   5分 高橋
  18分 高橋  アシスト:南
  26分 久保  アシスト:後藤

3本目
 0-1 
  35分 創価大学

4本目 
 0-1   
   6分 創価大学



今日も昨日に引き続きとても暑かったです。このような日に長時間外にいて、暑さや紫外線と戦うのが今年が最後だと思うと寂しいようなうれしいような気持ちです。


マネージャーにとって夏は敵であり、1年でもっとも仕事がある季節です。水の減りが早いのですが、少しの間太陽の光に当たるだけでぬるくなってしまうのです。昨日、今日と太陽に負けてしまっています。氷は暑さで溶け、水は思ったように冷たくなってくれなく、太陽によって温められる悪循環です。しかし今この状態では真夏になったとき水が大変なことになってしまいます。来週こそは太陽に勝てるようにがんばりたいと思います。



4年マネージャー 木本宏美

2008年7月5日土曜日

今日は暑かった。

まだ梅雨はあけてないみたいですが、本格的な夏が近づいてきました。
こまめに水分補給をとって倒れないようにしたいですね。

さて、初めて練習に参加してから三ヶ月が経ちました。
つまり僕のサッカー歴は三ヶ月です。
少しずつ上手くなっている実感はありますが、課題も日に日に増えていきます。
まわりのアドバイスをよく聞いて、加速度的に上達したいもんです。

それにしてもア式はサッカーをするには最高の環境だなぁと思います。
週5回も人工芝で練習できて部室がきれいっといった設備面はもちろんですが、
トレーナー、マネージャー、AT、コーチ、OBコーチ、先輩、そして一年のみんな。
いい人ばっかですね。
東大でサッカーできて幸せです。

えーなんかいい感じになったので終わろうかなと思います。
短いだろっという批判は甘んじて受けます。
今日の夕飯なにかな・・・。


1年 蒔田祐貴

2008年7月3日木曜日

貯金

最近お金のことについて考え始めました。

ア式の部員4,5人に聞いたところ、みんな大体50万から100万くらいの貯金があるそうです。


ある方は空き巣に入られ保険金ががっぽり入ったそうです。


藤井くん僕の家に空き巣に入ってください。


嘘です(笑)

それを聞いて僕ももっと貯金しようと思いました。4年の時の卒業旅行で海外に行くことになった時困りたくないので。



あと二か月で秋季リーグが始まります。去年悔しい思いをしたので今年こそは1部に昇格したいです。
実際戦ってみると、大体どこも同じようなレベルなので、セットプレーでの気のゆるみで失点したりすればかなり厳しくなるし、決めるべきところを決めればかなり有利になります。
それに運の部分も実際大きいように感じます。でも運っていうのは自分たちの力で引き寄せられます。
集団としての雰囲気とか、モチベーションとか色々運を引き付ける要素はあると思います。そして結局サッカーはチームスポーツなので、一人一人がア式の一員としてこの部を良い方向に向かわせられるよう考えて行動することが大事だと思います。
部室の汚いところに気づいたら自分がそれを掃除するとか、用具を大切に扱うとか、ロッカーを整理するとか、小さなことでも考えればたくさんあります。

僕自身もこれからチームの運を引き付けるパワーを大きくできるように考えて行動していかなきゃなと思っています。運を引き寄せられる良い集団になって秋季で最高の結果を残せるよう、頑張っていきましょう!

2008年7月2日水曜日

前期

俺が「法学」という旅に出てから半年以上の月日が経った。



とまぁ、最近の法学部の忙しさにこんな手抜きFeelingsで終わらそうと思ったのですが、これでは物足りないのでもう少し書こうと思います。

2008年も半年が過ぎ、7月からは後半戦です。
ということは、3年である僕たちのア式での生活も終わりが見えはじめてきているような感じがします。

今思うことは、ア式を引退する時に「もっと練習しておけばよかった」と思わないようにすること。

そのためには、毎日の練習の時間を大切にする。
試合や練習の途中、みんなの集中と声が切れてしまうことがあるけど、そんな時も全員で力を合わせ、これからの暑い夏を乗り切りましょう。

そして秋季では最高の結果を出しましょう。

坊主の後輩に、また「手抜きだな~」って言われるかもしれないな

最近は、友人の子が生まれるのを楽しみに待っています

3年 村上達哉

2008年7月1日火曜日

LASTfeelingsの可能性

気が付いたら僕の番でした。
これを書いたあと、ヤコウチュウのお世話をして早く寝なきゃいけないので
この頃思うこと感じることを簡潔に書こうと思います。

今、将来のことについていろいろ迷っています。
考えることといえばサッカーのことと将来のことが半々ぐらいです。
あとたまに電車の中で… 簡潔のため省きます。

もともと僕は今いる研究室に入りたくてこの大学をめざし、
ゆくゆくはきれいな海を守っていけるような科学者になる
ということが昔からの夢でした。

しかし、いざ研究室に入ってみると、ドクターはきついとか、
就職するのが賢いなどといった話を多々聞きます。
学生を長く続けるということはそれだけ親とか周りに負担をかけることになり、
またドクターとったからと言って、望んだ研究職につけるのは限られた人間のみです。
まあ、そんなわけで院を出た後も学校に残るというのはそれなりの覚悟がいるものです。
その道がどれだけ厳しいのかということもいまいちよくわかっていませんし
まあ結局は自分の気持ち次第だと思うですが

てなわけで、来たるべき二年後の自分の姿を模索しながら今日も僕はヤコウチュウを数えています。


次に今日の話ですが、Bチームのストレッチ時や半面ゲームの時のダラダラとした雰囲気はよくありませんね。
注意されるということは、自分の行動を不快に疑問に思う人がいるということなので、よく考えて改善しましょう。

最後に、日曜日は、特に鍵係、海城OBにはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。