2009年2月25日水曜日

屈辱

今年からコーチが変わりましたが、新体制の下でサッカーをやることに僕は今楽しさと喜びを感じていいます。毎練習でなにかをきちんと学んで一回一回の練習を終えることができることや練習自体も多彩で楽しいです。また、サイドハーフをたまにやらしてくれるのは非常に勉強になります。基本的に麻布でも大学でも対人を中心にやってきたので、頭を使ってサッカーをしていると強く感じるのは正直今までで初めてです。秋季までにコーチから色々なことを教わると思いますが、実際に実践できることは数少ないことだと思います。でも、ひとつでも多く身に着けるべく、今年は自分だけ上手くなろうとするのではなくみんなで上手くなり、秋季に勝ちに向かいたいと思っています。



しかしとりあえず、昨日久木田君に体で負け横転するという屈辱を受けたので、絶対に体を強くして久木田君を横転させてやりたいと思います。まあ横転させる必要はないけど。



ここ最近の試合では少しずつ全体としての守備についての姿勢が統一されてきたかなと感じています。まだまだですが着実に守備はいい方向に向かっていると断言できます。このまま成長をつづければ優勝も夢ではなく現実として迎えられるかと思います。去年もおととしも4年生には悔しい思いをさせて引退させてしまいました。今年は気持ちよく引退してください。



明日の拓大戦も無失点で乗り切り、点を取って、勝ちに行きましょう!!



ちなみに、僕は品川近視クリニックでレーシックを受けたので、事件の場所とは無関係です。

どうでもいいか。



新3年 SB時々SH 大内 三千生

0 件のコメント:

コメントを投稿