2009年2月4日水曜日

だらだら、いろいろ

今年初のフィーリングスなので、先ずは挨拶から:明けましておめでとうございます。今年もそしていつまでも、東京大学運動会ア式蹴球部をどうか宜しくお願い致します。「どうか」というのは、入部や、応援、支援、対戦、そのほか友好的お付き合いなど、どんなかたちでも本当に感謝・大歓迎です。あ、申し遅れましたが、3年の望月進司です。

さて、冬の長期オフも明け、4年生も引退し、1月31日から2009年シーズンが新体制のもと、正式にスタートしました。部員・スタッフ一同、精一杯頑張ります。そして秋季リーグでは二部優勝、念願の一部昇格という目標を絶対に達成します。期待してその瞬間を待っていて下さい。

ここからは主に現役に向けて書きます。

******

もう同輩・後輩しかいないから、出来るだけそういう文体、というよりかは、口調に近い雰囲気で書くね。

まだ2回しかなかったけど、最近の練習は楽しいわ。楽しいし、面白い。この調子でチーム全体としても、個人としても、レベルアップしたいなって思う。(まだ2回しかやっていないけど)俺はそれが出来そうな気がしていて、ワクワクしているんだ。

じゃあ、具体的にどんな風にレベルアップしたいかなって考えたとき、去年の目標制度のことを思い出したんだけど、皆は今年の正月、一年の抱負とか目標って設定した?俺はしていなくて、さっき慌てて色々考えてみたものの、いざ改めて考えさせられると、案外、すごく難しくて。なんかさ、うまくて、短くて、「ばーん」って、見栄えの良い、所謂「目標」っぽい文句を考えるってのが出来なくて、困ったんだ。

でも、グジグジ考えていて思ったのは、なんかいい感じの表現を頑張って探すよりは、role model(ロール・モデル)みたいな人をイメージすると、良いんじゃないかな、ってことなんだ。先輩だっていいし、プロだっていいし、「未来の自分」だっていいんだ。要するに、「あの人格好良いな」、みたいな人を思い描いて、「あの人と現時点の自分では何が違うか」とか、「あの人みたくなるには何が足りないか」とか、「あの人だったら何を言う・何をするか」、なんてことを想像すると、すごく熱い、志?みたいなものが、自分の「芯」みたいな部分から、湧いてくるように思えたんだ。

まぁこういうのって、4年生がいなくなった今、感傷的になりたがる感情があるからだと思うし、プラス、その感傷的な感情と「今年はやってやるぜ」みたいな感情が入り混じっちゃうから、実際以上に熱く、「今年はやってやるぜー!うおー!!」みたいに割り増しされているんだろうとは思うけど、でも、そういう熱い感情っていうのは、俺はすごく良いと思う。且つ、貴重だと思う。やっぱり、俺たちみたいな人種のエンジンを回すのは、そういう熱いものだと思うから。さらには、可能性広がるシーズンインっていう時期だからこそ、熱い感情っていうのはそんな風に、たとえ多少虚像的であっても、熱苦しいくらい熱くても、それで良いと思うし、大事にすべきだと思うんだ。

「あの人みたいになんて、なれないんじゃないか…」って弱気になるのはまたいつか今度にして、こういう熱くなりやすい季節に、ひとまず熱くなっといて、そして時々弱気になったときに「初心忘るべからず」ということで思い出すことによって、また自分の炎(笑)を再点火してもらえば良い。まぁ良いかどうかは知らないけど、それが俺の今年の予定というか作戦なんだ。

******

後はまぁ……まぁ追いコンの後で旬な話題だと思うから書くけど、「4年間やることには意義がある」っていう文句ってあるよね。あれって、モロに『コンコルドの過ち』っていうやつだから、論理的には賛同しづらいけど、「4年間やることには意義ある」っていうのはあると思うんだよ、絶対。つまり、(フィットのときとか)100%「やり切れ」ってよく言うけどさ、やっぱ大学が4年制である以上そうしなきゃ気分的にやり切れないし。やり残しとか後悔とかは出来るだけ少なく俺はしたいしね。それに、(少し申し訳ない話だけど)、自分が1年生のときの追いコンと、去年の追いコンと、今年の追いコンでは、感じた感情は大きく違った。今年は本当に寂しかった。

後ね、後輩とか、「東大ア式」に対する気持ちも、自分が1年生のときのそれと、今のそれとでは、まるで違っているんだ。こればっかりは、後輩の1・2年の皆には分からないんじゃないかって思う(去年の俺は想像できなかった)。もうね――今となっては――こればっかりは、このチームだけは、捨てられないんだ。替えられないし、無条件で誠意を尽くさずにはいられない。それくらい、きっと熟すんだ。熟さないと、わからない類のものなんだと思う。

******

まぁそんな偽善的なことを言ってみるものの、本当に普段そう思っているかだとか、実際そんな状態を行動に示しているか、っていうと相当怪しいから(汗)……まぁでもこういう文章って嫌でもそういう方向に行ってしまうよね(俺だけかもしれないけど↓)。だから、そこらへんは理解してもらって、この文章の4割くらいは口だけだってことにさせて欲しいんだ(笑)。でも6割くらいは、本当だよ。

まぁそれは個人的なことだからさて置いて、今年も皆で楽しく、頑張ろう。よろしく!

3年 望月

0 件のコメント:

コメントを投稿