2009年4月10日金曜日

feelingsの醍醐味

人生は選択の連続である

誰が言ってたんだっけ・・・まぁそんなことはどうでもいっか。

今、自分は難しい選択を迫られているのかもしれないと最近強く感じている。
今までも数多くの難しい選択を決断してきた。他人にとっては簡単なことなのかもしれないけど、自分にとってはすごく難しかったな・・・

選手権までやるかやらないか
(答)やらない

受験で妥協するか頑張るか
(答)頑張る

バレンタインに別れるか別れないか
(答)別れる

こうやって書くと勘違いしそうだけど、選択っていっても、決して二択ではないし、試験問題みたいな四択でもない。見た目、選択肢がはっきりわかりそうでも、いろいろな要素が絡み合っていると思う。

すべて二択だったら楽なのにな
・・・ってふと思う

でもそんなめんどくさがり屋な自分がときどき嫌になる。

だから、いい機会だと思って、思う存分悩み抜こうと思う。

そんなこと言うと、「口だけだろ」って言われそうで、
そんな自分を作ってきてしまったことを少し後悔しているのかも

俺も少しは考えて生きているんだぞって主張したいのかも

何事に関しても自分は不器用だなってつくづく思うから、こういう表現しにくいことをしにくいなりに表現させてくれるfeelingsという機会があってよかったなってふと思ってみたり・・・

てか、文章にまとまりがないな・・・すみません。前回、前々回と白井さんに批判されてるから気をつけてはいたんですけど・・・(嘘です)
でも心のあるがままに綴ったらこんな感じになるもんですよね。feelingsって。

まぁとにかく

そんな不器用な自分だから、二兎を追うことを難しく感じている

そんな不器用な自分だから、二兎を追うことがとてつもなく器用なことに思える

自分の可能性を信じたいから、迷っている

だから選択しようと思う

いろいろな“自分”という可能性を探って

挟むか挟まないかとか、何でも自分で“選択”することが大事ですよね

今年は20歳という節目の年。
きっちりケジメはつけたいと思う今日この頃のfeeling

でした。
                        おわり

すべては自分次第

2年 久保雅史
もう2年になったのか・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿