2009年6月23日火曜日

遊びは社会人になってから。

feelingsということで今の感情はやはり一昨日の敗戦に終始する。

1年生のときの春季以来3年ぶりの決勝Tということで誰よりもこの試合を大切にし、準備してきたという自負がある。
試合立ち上がりこの舞台に立てている喜びで震えていたし、先制した瞬間は目頭が熱くなった。

失点の多くはno chanceという訳ではなく、最善の対処ができていなかったと思う。
あまりの興奮で舞い上がっていたのかもしれない。
特に2失点目はチームに与える影響が大きく、ボールは手首に当っていたので特に悔いが残る。
あの位置からダイレクトで打ってくると予測できなかった自分の油断が招いた失点だった。

いくらサッカーが好きで大学に入ってまで体育会でプレーすることに価値を見出しているとは言え、
これだけの大敗を喫してしまうと立ち直るには少々時間がかかりそうだ。
悩み立ち止まることに意味が無く、そこに何のメリットも無いとしても。
ただ、1年生の頃から、それどころかもっと前からの悲願である1部昇格を手にするには、
彼らに勝てなければかなりのdisadvantageを背負うことになることは間違いない。

ただ正直なところ、training matchで関東リーグのチーム相手に完敗するならまだしも、
同じ土俵で戦う相手にこれだけち○ち○にされてしまったことは受け入れ難いし納得もいかない。
いとも簡単に2,3点目を取られてこちらが中々追いつけず4点目で試合を決められてしまったことが直接的敗因と思っているが、
それは力量差というよりは相性の問題なのでは、というのが少々楽観的かもしれないが本音だ。
最近対戦したどのチームよりもポゼッションが上手かったしFWがセンターラインまで引いて守備をしてdefenciveだった。
前線での速く正確なパスワークに翻弄されてDFがボールウォッチャーになってしまっていた部分もある気がする。
FWの個人能力頼みの我がチームではやりづらい相手だったのかもしれない。
ただそれ以上に、失点のほとんどが崩された訳ではなく、カウンターからであるところは要反省だ。

成城には同じスコアで完勝することができたが、その結果もうちとの力量差を的確に反映したものでは無いと考えた方がいいかもしれない。
先程書いたようにオフェンスのスピードにものを言わせたカウンターサッカーでは点が入れば押せ押せで流れをつかめるが、
得点できないとそれだけ後ろが辛くなる。
今大会やこれ以降のゲームを分析され、何か対策を取られてしまう可能性もある気がする。

目立った自責点は無かったが、失点してもおかしくないミスもいくつかあった。
秋季までに個々、チームレベルでのレベルアップが必要だ。
また緊張しすぎず、緩みすぎずといういい心身の準備も身につけなければならない。
秋の大舞台では同じ結果は許されない。

長々と書いてしまったが、当面の目標は国公立第二回戦突破、決勝進出だ。
それぞれのconditionがあるが、誰が出ようと勝ちに行くチームの姿勢は変わらない。
そして僕の就活も、勝ちに行く姿勢は変わらないはずだ。

4年GK藤安

0 件のコメント:

コメントを投稿