2009年11月6日金曜日

出会い

 かつて『別れ』というタイトルでフィーリングスを書いたことがある。その時は大したことも考えずに書いたのだが、やがてそれは現実となった。俺は哲学との天秤にかけられ、そして捨てられた。人類の歴史そのものともいえる哲学という敵は、強大すぎた。勝てる訳がない。というか本来勝負するものではない。

 かつて『祝大勝利』とというタイトルでフィーリングスを書いたやつがいた。そしてこのタイトルもやがて現実となる。それ以後の対戦相手はほとんどが格上だったにも関わらず、3勝1分と無敗の快進撃を続け、一部昇格を手にした。

 この事実を目の当たりにした時、たどり着く結論は一つしかなかった。フィーリングスのタイトルはやがて現実となる。このタイトルもやがて現実となるだろう。
 
 しかし、そんなことに頼っていて本当に出会いが訪れるのだろうか。占いやおまじないを信じるのは個人の自由だが、それが現実となる保証はどこにもない。
 
 行動だ。
 
 行動した者にしか勝利は訪れない。行動しなければ停滞するのみ。停滞する人生は、これはもうダメッ!
アカギもカイジも勝間和代も本田宗一郎もカーネギーもその他の自己啓発的な人々も皆言っている。まずやることが大事なのだ。
時には学科の飲みに行ったり
時には高校の同級生とGコンしたり
時には酒の勢いにまかせて好きと言ったり
もちろん裏目に出ることだってある。特に3番目のやつは派手に裏目が出た。
しかし、それでも行動し続けることが大事だ。
これからも俺は行動し続ける。

哲学哲学しすぎないパートナーとの出会いと

今よりずっとサッカーが上手くなった自分との出会いを求めて


2年 DF 鈴木
 

0 件のコメント:

コメントを投稿