2009年12月16日水曜日

門限23:00

の僕です。

院試に落ち皆の同情を誘った僕ですが
さすがにそろそろ今後の身の振り方を決めねばなるまい。

親としてはこのご時勢なので
今からでも再受験して氷河期を見送って欲しいらしいが
僕の頭の中には「留まる」の選択肢しか見当たらない(^0^)

さすがに内定は取らないと家においてもらえないので
理系就職で早い段階で1個内定を取ってさっさと終わらせたい。

でも確かに留年はよくないかもしれないけど
「工学部から理系就職しないなんて皆本当にがっかりしてる」とか
「教員になるなら東大なんか行って欲しくなかった」とか
「どうして医学部に行ってくれなかったの」とか

さ す が に ひ ど く な い で す か ?

内定は取るつもりだけど
正直自分は会社とかビジネスだとかに
全く興味も魅力も持てない。
すぐ「やりがい」だの「自分の成長」だの
聞きさわりのいい言葉を持ち出しやがって。
「金がもらえるなら何でもします」ってはっきりいいやがれ。

ともあれ僕の決断を人に話すと大抵共感されないのですが
自分は別に偉いともバカだとも思ったことは無く
ただ好きなことをやれている自分は幸せだなと思う。

もうすぐオフを迎える訳ですが
毎年毎年イヤなことが起こる期間である。
まぁ正直「辞めるなら最初っから入るな」と言いたくもあるが
やむを得ない場合もあるでしょうから?

ただ僕の例を取り上げると
入部1,2年はさんざんバカにされた僕も
今では東都ではいっぱしのGKになれたつもりだし
あと1年でまた別人になれる自信もあるし
こんなに楽しいサッカー、行くところまで行ってやろうと思ってる。

つまり、最後までどうなるのか分からないのがサッカーだから
とりあえず最後までやってみてくれということです。
「早く引退したい」とか「サッカー嫌い」とか
言ってるやつのことを考えると
好きでいられることも才能なのかもしれないと最近思う。

では良いオフを。


先日は本当に残念な結果に終わりました。
僕達は外から声援を送ることしかできなかったけど
ピッチ外での出来事はもっと残念だった。

「どの時計を基準とする」という明確な取り決めが無いのは
グレーゾーンは回避するという個々の配慮を前提とし信頼しているからだ。
それ故ギリギリセーフだったとしても
皆に気をもませている時点で負い目がある。
おれは間に合ったと偉そうに言い張るのは筋違いだし
間に合っていない方に罰が科されないとするなら
先日大金を支払わされた1年生のケースと比較すると
権力でもみ消したとしか思えない。
両者のグランドに着いたタイミングはほとんど変わらなかった。

自分を含め「試合に出ない」という気の緩みがあった。
誰がボールを失ったとか誰がPKを外したとかではなく
賛否両論あるだろうが、今回の結果は全員で作り出したものだと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿