2009年12月10日木曜日

心を亡くすと書いて

「忙」ですね。
だから物理的にどんなにせっぱつまっていようが、心さえ持っていれば忙しくないのです。
つまりゼミの発表を仮病で休む決意さえできれば今の自分も忙しくないはずです。
そして就職なんてまぁなるようになるだろうという余裕があれば忙しくないはずです。

だが、しかし、but
そうはいかんのですよ、げに世知辛い世の中です。。。
心だってそりゃ亡くなる訳です。
電話とかで自分の名前を説明する時「余裕の裕です」とか言うけど、
まったく余裕もないです。
こんなときにも揺らがない何かを持てたらステキだなーと思います。
自分はあまり感情的ではないと思うけど、
こういうベースの上にある感情なら美しいんじゃないかなと思ったりします。


先日所謂G系列を履修したわけですが、
その時の人が後日「みんな仲良さそうで嫉妬しちゃったー(はぁと)」っていうメールをくれて、
ちょっと嬉しくなりました。
ま、それだけです。
自分はこれに関してもっと面白いことは書けないので、そういうのは松谷さんに任せます。
今後の展開に乞うご期待。


でも、今はこんなに忙しいのに、
クリスマスも元旦も暇だなんて癪ですよねーorz
自分もどっかのイルミとか初日の出とか見に行きたかったす。
こうなったら聖夜に大掃除を全力で捧げ、センターサークルシートに残念ながら参加できない浅井の想いを込めていきたい。
浅井は一体何を願うのでしょうか?
全米の注目が集まりますね。
あ、そういえば、
余談に次ぐ余談で恐縮ですが、
あんな卑屈なことを最後に書いていた富田も実は…
詳細はCMのあとで!


脈絡ないような感じでしたが、強引に纏めてみると…
ア式の人と居て忙しいと感じることはあまりないので、
まぁ心が保ててるんじゃないでしょうかねってことです。
うん、綺麗に纏まった、はず。
では。



3年DF佐藤

0 件のコメント:

コメントを投稿