2009年8月30日日曜日

秋季開幕

本日の試合結果です。

秋季リーグ 第1節
12:00kickoff@御殿下G

東大-桜美林
前半 2-0
後半 0-2

合計 2-2

来週は、
12:00kickoff@御殿下G
vs山梨大学
です。



今日、秋季が開幕しました。

私にとっては、3回目になります。
秋季は3回目ですが、今年の秋季は1回しかありません。


私にできる、精一杯をやっていきます。
そして「できること」は、増やしていきたい。



HPのPhotoも最近は更新が滞っていましたが、毎週、たくさん、写真を載せます。

是非見て下さい。


3年AT 丸井由貴

2009年8月29日土曜日

決戦前夜

いよいよ明日、待ちに待った、総選挙・・・じゃなくて秋季!



初戦に臨むにあたり今までのことを思い出そう。

俺らの夢は何だったのか、もう一度思い出そう。
そもそも自分は何をするためにア式に入ったのか。
楽しくサッカーするためか。違うはずだ。

週5の練習はなんのためか。
何のためのフィットだったのか。
何のためにたかさんは全てを費やしてまで俺らにサッカーを教えてくれるのか。

ジムに通う先輩の姿。
電車内でのマスク着用。
そしてAT、MGさんがつくってくださったこのミサンガも。


全ては明日の勝利のため。


一年MF浅井淳平

2009年8月28日金曜日

不条理

 世の中は不条理に満ちている。善良で真面目な青年が誤解、あるいは偏見によって虐げられる。そんなことがまかり通るのがこの世の中だ。成績表の英語2列の横にある不可の2文字に、そんな世の中の不条理が凝縮されていた。おそらく、東京大学の中には、俺を快く思ってない者がいるのだろう。そいつが教員を買収したのだ。教員だって名前も知らない生徒の成績より目の前に積まれた札束を選ぶだろう。世の中ってそういうもんさ。

 と、先日の成績に不満をぶつけてみたが、やはり成績が悪いのはその本人のせいだ。そもそも、英2の不可以前に、優が少なすぎる。なにせスポ身しか優がきてない。そりゃ成績も悪くなる。
 なぜ、こんなことになってしまったのだろうか?一つ思い当たったことがある。俺は自分の知らない内に自分の限界を決めてしまっているのでは?
 優を狙うと言いつつも、自分の中では良が限界だと思ってる。結果、優に見合うだけの勉強をせず、良を取る。そして、頑張って良なら仕方ないかと自分に言い聞かせる。こんな負け犬体質が染み付いてしまっているのだ。
 
 たとえば、先日こんな夢を見た。
 俺は久保と100m競争をすることになった。スタートに成功し、最初はリードしていたが、すぐさま抜かれ、最後には30mくらい差をつけられた。
 こんな夢のない夢があるだろうか。夢なんだからぶっちぎりで勝って、
「お前って意外と遅いんだな。あ、俺が速すぎただけか。」
とか言ってもいいと思う。そうならないのは、心のどこかでどうせ久保には勝てないと思い込んでいるからだと思う。自分で限界を決めているのだ。

 それは、サッカーにおいてもそうだ。今シーズンは秋季出場を目標としていた。しかし、結局開幕までAチーム入りできなかった。しかし、当然といえば当然だろう。口で言いながらも、頭の片隅ではどうせ無理だと思っていたのだから・・・
 
 今こそこんな負け犬体質から抜け出そう。秋季は2ヶ月ある。自分の限界を超えるには十分な時間だ。インポッシブルイズナッシング。

2年 鈴木康平

2009年8月27日木曜日

秋は夕暮れ

最近の日課は夜に窓を開けて虫の調べを聴くことです。
乙なものです。
夕暮れのヒグラシもまた趣があります。
季節の移ろいを楽しめるっていうのはこの上ない幸せですよね。


そんな平和な夜とは対照的にアツい戦いが昼には行われるようになるわけです。
「選手たる者秋季に出て勝利に貢献してなんぼ」
個人的には1年の時からそう思っていたわけですが、
結局今まではメンバー入りすら果たせなかった。
今年こそはと意気込んでいるわけなんですが、
それと同時に昨年以上に楽しみでもあります。
ギリシャ彫刻のアキレスはモモ裏にあったということに気付くまで2年間費やしたわけですが、
今年はその甲斐あってか怪我なくできているというのも、
秋季をリアルに感じられている要因の一つかもしれません。
本当はどんな状況であっても秋季を楽しみにしてなきゃダメなんですけどね。


いずれにせよ、あと2回しか経験できない秋季、楽しみつくそうと思います。
まだまだ一部がどうとか語るには個人的に足りない部分が多すぎるので、
秋季中の2か月も高まり続けるのみです。
欲しがりません、勝つまでは。
ほんとは欲しいです、いろいろと。


キンヨク キンヨク
キュウリ キュウリ



3年最近絵文字を覚え始めたDF佐藤

2009年8月26日水曜日

俺達に明日はない(ある)

いよいよ秋季が始まる。これが最後の秋季だ。
今までは、たとえどんな時期であれ、『いま』から学び『あした』につなげていくことが目的であった。
振り返ってみると、自分の『あした』のためにずいぶん好き勝手にやらせてもらってきたように感じる。
しかし、もう俺達に明日はない。楽しい準備期間は終わったのだ。
極端な話、自分のことなんてどうでもいい。
残り2ヶ月、チームを勝たせることだけを考えてやっていきたい。

四年 高木

2009年8月24日月曜日

8/23
練習試合@御殿下G

東大 日大文理

1本目1-0
2本目1-1
3本目0-0
4本目0-1

合計2-2


来週から秋季が始まります。
勝ってほしいです。本当に。


まだ少ししかア式の一員じゃないけど
頑張って練習してる姿に本当に熱いものを感じるんです。大好きです。
一生懸命頑張ってる人ってなんでこんなにも人を惹きつけるんでしょうか。

選手の頑張りに負けないくらい、ATとして成長したい。
この秋季では出来る範囲で選手をサポートします。

ファイトー!!!!


1年 AT 森田 亜沙華

2009年8月22日土曜日

ようやく1周目

1年生のfeelingsも僕でようやく1周目が終わり、あらためて1年生の人数の多さを感じる今日このごろです。

思えば合宿終わりからはやくも1週間。思い出すことといえば、

サッカーのこと
いただきますのこと
熱海さんのコイバナのこと

などなど...

Aチームの人と一緒に紅白戦をやることができて、自分のたりないところをすごく感じ、これからももっともっと頑張らなければと思いました。


そして秋季リーグまであと1週間。

アリゲーターだろうが有田だろうが秋季は勝利あるのみ!


1年 SB→SH 樋口

2009年8月21日金曜日

ナメックというあだ名

が懐かしいですね。時代の流れを感じます。
そういえばチャイというあだ名は定着しませんでしたね。

少しfeelingsを読み返してみると、3年生の圧倒的な回りの早さに驚愕しました。
feelingsが割と好きな僕にとってはうらやましい限りです。

できることなら文章で笑いをとるのが苦手な彼の分まで書きたいくらいです。

さてこうやって書き出したのはいいのもの、
今回は書きたいことがなかなか思い浮かんでこなかったので

江戸川に花火見に行ったやつや
明日花火見に行くやつや
来週江戸川で花火するやつは

どんなfeelings書いてたっけと思って、さらに読みかえしてみると
 
ドイツ人を確実に見抜くやつのfeelingsを越えて
昨年暮れに書いた自分のfeelingsにぶち当たりました。

そこに書いてあったのは

今シーズンの目標…

5番目の目標を忘れていた時期もあったけれど(すみません)

そんなことより、なによりも自分が気になったのは4番目の目標。(1番目の目標は言うまでもないので)

チームに不可欠かどうか…

今シーズンはまだフル出場はないし、好不調の波も大きい。
シーズン20ゴールもあと一歩で止まってるし、相変わらずSHだし。
昨シーズンのあの最悪の瞬間(最高でもあったけれど)も頭をよぎる。

昨シーズングラウンドの外でただチームメイトのプレーを見ていた
あの悔しさや歯がゆさは忘れもしない。

その悔しさを晴らすために、
今プレー中に強く思っているのは

常に違いを作り出す選手になりたい
1人で局面打開できる選手になりたい。
相手に嫌がられる選手になりたい。
あいつにまかせておけば大丈夫って思われる選手になりたい。
そして何よりも誰よりも勝利に貢献できる選手になりたい。

秋季が終わった後チムニーで「お前がいてよかった」と言われるように
開幕戦から全開で行きます!!

2年SH久保

最後に1つ言っておきたいのは最近はSHのほうが好きってこと。
さっきのは流れです。

2009年8月19日水曜日

筋トレについて

体重増加、筋力増強を目指して今シーズン取り組んできた筋トレ。
筋トレは意味があるかどうかという議論はよくされているけど、僕にとっては筋トレは効果があったと思う。
入学時は60キロちょいだった体重も、最近は67キロ前後にまで増えた。
ジムのスタッフの方が協力してくれて、メニューを作ってくれたり色々栄養のことを教えてもらったりしたのも良かったと思う。本当に感謝してます。

ジムで一番出会うのが、噂のゴウケツさん。実際あの人やばいです。ウオーとかアーーとかいう声もだけど、筋トレの強度が。あれはサッカー選手としては異常です。でもひそかに弟子入りしてました笑
あそこまでひたむきにできるのって、やっぱりかっこいいです。


もうちょっと体を強くしなきゃと思ってる人がいたら、筋トレに打ち込んでみるのもありだと思います。
入学時からギリシャ彫刻のような肉体で周囲を圧倒していた佐藤さんぐらいの体があるならいいですけど、僕のように線の細い人は一度取り組んでみたらどうですか。実際筋量増加のためのメニューをしている間は、どうしても体が重くなったり、パフォーマンスが少し落ちることもあるけど、ちゃんとやればスピードも落ちないし選手として一つレベルアップできると思います。

最後に、秋季について。
あと10日で開幕するけど、この時期いつも思うのが、試合自体は楽しみだけどこのリーグが終わると4年生がいなくなって寂しくなるなということ。今の4年生とは約2年半も一緒にサッカーをしてきたわけだし、最高の結果が出せるようにチームに貢献しようと思う。


3年 FW 久木田 紳吾

2009年8月18日火曜日

秋季大会に向けて

大事なのは自分が試合に出られるかどうかではなく、ひとえにチームの勝利であるということ。
そのことを部員全員が当然のこととして認識していること。
その上で一人ひとりが自分に可能な貢献の仕方を見つけ、持てる能力の限りを尽くしてそれを実践すること。
たったそれだけのことが出来てこなかったから、僕たちは1部昇格を逃し続けてきたのだと思います。
しかし、逆もまた真なり。
今年こそは。

吉田のご両親様、先日は大変お世話になりました。

後藤







京大戦の前夜、吉田のご両親に築地でシースーをご馳走になりました。



回ってるシースーしか知らなかった俺にとってその日のシースーはもはやシースーを超えたまさに超シースーとしか言いようのないものでした。



吉田を3日連続で温泉に漬け込んだだけでこんなに手厚くシースーされてしまうとは思ってもいませんでした。



吉田と吉田のご両親にはこの場を借りて心からのお礼を申し上げたいと思います。



本当にありがとうございました。






2009年8月16日日曜日

検見川合宿お疲れ様でした。

3泊4日の合宿、無事終わりました。

今回は短い合宿でしたがきつかったです。
1グラが使えなくて、2グラ…、そしていつも使っていた水道が断水…、ということで水を汲みに行くのは毎回一苦労でした。
暑さで頭がおかしくなって、なにを思ったのか、バケツを肩にかけて全身びしょ濡れになったりもしました。
でも選手たちはその何倍もきついのでしょうね。

最近選手たちがおしぼりをよく使うようになりました。
私とゆりさんは彼らのことを、おしぼり世代と呼ぶことにしました。

秋季が終わったらもう最高学年になります。
もっとしっかりして、後輩から頼られるような先輩になりたいです。

3年MG 藤村美穂

2009年8月15日土曜日

お疲れ様でした

合宿お疲れ様でした。

自分にとって初めての合宿でしたが、想像をはるかに超えるほど楽しいものでした。
ずっと一緒にいることで初めて知ったこともいろいろありましたし。

ゴウケツが実はすげーデリだった、とか。
自分の部屋は岩田さんをのぞいておおむね平和だったのでよかったです。


でも合宿中の忘れ物は怖いですね。以後気をつけます。


さてサッカーの話ですが、

合宿中周りとの差を感じっぱなしでした。

やらなならんことが山のように見えてきました。

しかも三日目にけがしました。 高まりそこねた分今後で取り返します。

秋季までの時間は短いです。期末がやべーとか言ってる場合じゃないです。


ア式に入ってからよく思うことですが、ここはサッカーに打ち込めるすばらしい環境が整っています。

これは頑張るしかないですね。


1年 DF  早田

2009年8月10日月曜日

もしもし

今日は神奈川大学と練習試合でした。

結果
   東大-神大

1本目 2-1
2本目 1-0
3本目 0-4
4本目 0-8




夏だ!海だ!



こんにちは、海に行かずに日焼けしましたニゲメユウコです。


海で遊べないこの生活には満足しています。
充実した毎日。

でも、海でいい具合に焦げている人はうらやましいです。
海で遊んでいる人もうらやましいです。


私は日に当たるとすぐにヒリヒリ。
それでも歳を重ねるとともに、少しずつ焦げて健康的な肌色になりました。

継続は力なり。


メラニンメラニン




日焼け止めが手放せません。。。




今日の帰りに、「日焼けした肌にはキュウリがいい」という話がありました。

食べるのではなく、日焼けしたところに当てるのだそうです。
うーん。


キュウリよりアロエの方が良さそうな気がしました。

アロエアロエ


トマトトマト



もうすぐ合宿ですね。

熱中症にも注意してください。




4年MG ニゲメユウコ

2009年8月9日日曜日

noblesse oblige

二部連で甘えてたわけではないけど、投稿遅くなって申し訳ないです。

てか二部連でてねぇ

捻挫とかまじねぇ

最近足首の炎症はおさまっていくのと反比例して心の炎症は激しくなっていってる気がする。なんのために御殿下に来ているのだろうと考えることが増えてきました。

なんか自分の存在意義も分からなくなるし存在感もなくなるし。

スピードもスタミナもおとろえてきている気がするし、なにより自分が自分に課している義務も果たせてないしいいとこなしです。


でもまぁ人生谷あり谷ありだからこのくらいは覚悟しています。サッカーをたのしむための代償だと思えばわずかながらでも心が安らぐ気がするしね。


結局努力して治すしかないか。

noblesse obligeの考え方によると才能あるものほどその才能に応じて努力しないといけないらしい。

俺は才能なんてないけど、せめて自分の与えられた能力の限度で自分に求められる義務を果たしたい。

とたまーに思う(笑)


まぁ明日は月曜だしテンションあげてくか。


二年  でぃーえる  加賀田俊将

2009年8月8日土曜日

(non title)

今週の流れにさからって

書きます



ついに今日開幕しましたね

夏の甲子園


今の巨人の4番が誰なのかわからない僕でも

甲子園は大好きです


なんでなんだろう


僕が思うには

全ての試合が各校にとって

絶対に負けられない戦いだから

見てておもしろいんじゃあないかな



気づけばあと3週間で

僕たちの前にも

絶対に負けられない戦いがやってくる


このア式に入るときに立てた目標

「1日も早くAチームに入ってプレーする」

がまだ達成されてない僕は


地味な怪我で約1ヶ月も

戦線を離脱していた僕は


秋季の試合にちょっとでも出てみたい


と思っている

思うことは自由


あと21日しかないけど

あと21日もあるから

必死でがんばってみよう


1年 FW 富田 潤

よくわかんねー

遅れてすいません。まあ正直2部練きつすぎて甘えました。まじで…すいま…せん…。

もうすぐ合宿です。1年生諸君はさぞやびびっているもしくは楽しみにしていることでしょう。そんな1年生諸君。最近の試合、入りたてのころよりやっぱとても走っているし、技術も付いてきて、見てて面白くなってきました。ほんとDFの選手からFWの選手、控えの選手全員成長したなと今日思いました。夏は合宿が山場なんであとひと踏ん張り頑張ってくれ。

2部練の木曜日のゲームで、超必死に走っても結果0対1で負けてしまいました。俺がいくら頑張っても所詮は結果を変えることはできないのかな、とかなりへこみました。前から、よく、「まあうちはKとMとKとMで勝ってるしな」みたいなことを言っている人がいました。なんかそういうの聞くとなんで俺サッカーやってんのかなあ、とか思います。なんかよくわかんなくなってきました。
でもまあ、高校のコーチのMさんがサッカーを本気で出来るのは大学が最後だとも言っていたし、就職なんて受からなけりゃ行かなきゃいいんだとも言ってたし、筋トレしろって言ってたし、とにかく走れって言ってたんで、それを支えに、最後まで筋トレするし、試合中もつるまでは走り続けたいと思います。
あと、4年生とタカさんをまずは東京都1部に連れて行きたいです。
秋季の目標、決めました。毎試合勝利に貢献すること。(主観的に)
本気で達成しようと思うと意外と難しい目標だと思います。

まあ、俺が言えることは、頑張りましょう走りましょうってことです。実はボール追いかけるのが大好きです。実は走るの嫌いじゃないです。むしろ好きです。

3年 大内  三千生

2009年8月4日火曜日

京大戦

【京大戦結果】
1軍戦  2-0
2軍戦  2-1
3軍戦  5-1


お疲れ様です。投稿遅くなって申し訳ありません。

2日に恒例行事である京大戦が行われました。
いきなり雨が降ったり、蒸し暑くなったり変な気候の中、皆さんお疲れ様でした。
京都大学の方々、京都大学OBの方々、遠いところお疲れ様でした。


私にとっては4度目の京大戦でしたが、振り返ると1年の時は学校の合宿で欠席、2年の時は法事で早退、3年の時は授業のため遅刻と、1日中参加できたことがありませんでした。
京大戦とは相性が合わないのでしょうかね。
しかし、京大戦は無事1日中参加出来ました。

これから最後の…という機会が多くなるでしょう。
最後の京大戦
最後の夏合宿
最後の秋期リーグ…
なんだか寂しいです。
自分で選んだ道を後悔しないように1日1日を大切に過ごしていきたいです。


また、私事で大変申し訳ありませんが約2ヶ月間すみませんでした。
もう過ぎてしまったことなので言い訳するつもりはありません。
自分の能力の無さ、自分の精神的な弱さがすべて原因です。
今更ですが、自分が責任ある立場ということを痛感しました。


4年 櫻井優里

2009年8月1日土曜日

初feelings

feelingって可算名詞なん、と 思わず辞書で確認する、勉強熱心なトシキです。

ⓒ[~s](理性に対する)感情、気持ち    
らしい。 なるほど。


アリヤマが前のfeelingsで今の1年が引退するまでにfeelingsを書くのは何回かってのを計算しとったけど、キクチの残念な退部によって若干変更が入ってしまったようです。


小学3年でサッカーを始め、中学で本気で、高校でも(進学校なりに)本気でサッカーをやってきたけど、今ほど最高に充実したサッカー環境はありませんでした。

この環境の中で最高のサッカー生活を送るため、全力を尽くしていきたい。


まず明日の京大戦、けが人が出たせいでAに入れたので、この機会に最高のプレーをしたい。そして、けが人復帰後もAに残れるようにもっとうまくなりたい。


これ以上feelingsを書く回数が増えないことを祈りつつ
1年 DF 田中敏生