2009年9月30日水曜日

ノータイトル

こんにちは、4年望月です。

空気を読めていない内容になりそうですが前々から感じていたことを書いてみます。当たり前で、誰もがわかりきっているような話だとも思うけど、他にネタもないので続行します。

「遊びじゃない」とか、「『楽しければいい』はよくない」とか、

上に似たことばをこれまで何度か、色々な立場の人に言われたことがある。俺はこのことばは間違っていると考える。大反対だ。理由は以下で述べる。

部活が遊びじゃない?そんな馬鹿な。遊び以外の何物でもないじゃないか!と俺は思う。サッカーが勉強・仕事・訓練か?何らかのかたちで生産活動となっているのか?そんなわけがない(プロ目指してるなら話は別)。俺らは4年間、週5・6回、ひたすら遊んでいるのだ。本質は、同好会やサークルと何ら違いは無いはずだ。いやむしろ、本来勉強をするのが学生の務めである以上、割いている時間の長さを考えれば、俺らは同好会やサークル以上に遊んでいる不真面目集団なはずだ。

ただ、この「遊びじゃない」ということばが出るときは、決まってこういうことばが続いて出てくる。「だから、真剣にやらなきゃ意味が無い」、「だから、結果を出さなきゃ意味が無い」。

この後半に関しては賛成なんだ。何故なら、部活は遊びで、遊びは楽しいのが一番だと思っているからだ。「遊び」っていう行為は100%真剣に、ひたすらガチでやるのが一番楽しいと思うからだ(ヘラヘラやっても楽しくない)。そしてア式はそういう意味で特殊だ。というのは、世間で大学生くらいの年になると、そんなに真剣に遊ぶ連中なんていないからだ。俺たちは何も偉いことはしていない。けど、メチャクチャ真剣で、いわば究極に質の高い遊びを目指している。そんな団体の中にいる以上、個人は輪を乱さないよう、100%真剣になる義務があると思う。ガチな遊びをしているときに、冷めているやつがいると周りも白けるからだ。又、結果も大事だと思う。勝つ方が負けるより絶対楽しいからだ。そのためにもやっぱり真剣にならなきゃいけないし、個々人が上達もしなきゃいけない。個々人の上達はチームの勝利に結びつくという利点に加えて、個人的な上達という現象自体すごく楽しいという利点がある。レベルアップっていうものは人間にとって本質的な快感なんだと思う。今年風に言えば「高まる」ってことだ(多分)。

たしかに、たとえばフィットで苦しい思いをすることが楽しいかと聞かれると意見は分かれるだろうけど、それも、より大きな楽しみ(上達、勝利)を得るための苦しみだと考えれば、それはやはり楽しさを求めてこその行動だと思える。つまり、部活をやっている上で苦しいことはあるけれど、部活をトータルで捉えたときに、「楽しさ」を最大にするために必要な苦しみや犠牲はある、っていうことだと思うんだ。

何らかの行為をするとき、常にその根幹的目的っていうものを見失ったり誤解をしていては、やがて方向がズレたり、わけが分からなくなってしまう。「自分は何でこんなことをしているのか」。それはいつだって見失ってはいけない。「昇格するため」「高まるため」「試合で勝つため」、それらはただの付随的な部分であるはず。「昇格したら最高に気持ち良いだろうし、よりレベルが高くて楽しい舞台で来年プレーできるから昇格したい」「うまくなったら気持ち良いだろうし、試合で活躍できたら楽しいだろうからうまくなりたい」「試合で勝ったら気持ち良いから勝ちたい」。つまりは、「昇格する」・「高まる」・「試合で勝つ」っていうのは、すべてがすべて「サッカーを楽しむ」ための手段なんだっていうことを忘れてはいけないと思うんだ。

何だか自分のやっていることがしょうもなく思えてしまっただろうか?そんな風に思うことはないと思う。こんなこと言ってる、俺ってヘタレなのか?まぁそう思う人もいるかもしれないけど、俺は真剣だ。何故なら、サッカーが好きで、サッカーを楽しみたいって思っているからだ。

何でこんな当たり前のような話をわざわざ最後のフィーリングスで書いたかというと、こないだの土曜日の紅白戦の後、監督が「なんだか皆、せっかくの試合なのに暗かったぞ。もっと楽しそうにやろうよ」って言っていたからです。当たり前かもしれないけど、少し見失ってしまっているような気がしたからです。

ということで最近のフィーリングスの流れには逆らうことになりましたが、俺は残り一ヶ月で寂しいです。あと俺はア式が好きです。みんなとサッカーしているときが一番楽しいです。だから残り一ヶ月100%真剣にサッカーして、100%楽しみたいって思っています。

失礼しました!

四年 望月進司

2009年9月27日日曜日

冷静沈着

 お疲れさまです。

  秋季リーグ 第5節 試合結果

  東大 4 (1-0/3-1) 1 日大生資 



 8月末から始まったリーグ戦も、残り4試合となりました。
 9月はあっという間に過ぎて、次節は10月です。
 時間の流れが、恐ろしいです。


 今日はベンチでの仕事を担当していたのですが、色々と不測の事態が起こりました。
 試合が終わってから、
 「取り乱しすぎだった」 と指摘されました。
 確かに、その通りでした。

 10月の目標は、「冷静な判断力と的確な行動力を身につける」にしようと思います。
   
 少しでも、チームに貢献できるように。


 3年 MG  髙木美帆

2009年9月26日土曜日

決意。

勝ってほしい
こんな気持ちで
臨んだ秋季ももう五節
バカだった
こんな気持ちで
ア式でサッカーやっててバカらしい
勝ちたい
試合に出て
夢や幻想で終わらせない
そんな決意で一週間
メンバー入りすら無理だった
当たり前だ
たった七日の思いだけで
ただここに誓おう
明日の応援
試合に出れぬ悔しさを
心に秘めて
必至こいて応援します
必至こいて練習します
来週も。




ちなみにアリ○マ君は上野動物園年間パスを購入し、一人で動物園を楽しんでる模様



一年 左らへん  石井

2009年9月25日金曜日

ヒーロー見参っっ!!!

今シーズンも海に行けないまま秋季大会を迎えてしまいました…
反省しています…

先週また怪我をしました…
痛みをイイワケにしたがる自分がいて…
そーゆー自分はいつも集中を欠いていて…
チームの快勝にホッとしながらも自分で自分に吐き気がする週末でした…
出るからには怪我とかイタイとかヌかしてるのはスジチガイだな…って。。
今週は もし出ることになったら
チームのことだけ考えてシニモノグルイでplayします

なんてったって
現在我がア式蹴球部は 昇格に向け「崖っぷち」……
オソラク「崖の下」に落っこちると…
これからの日々はくそクダラナイものになりさがります
だから、ヨッシーを怪我で欠く今節をなんとか乗り切って…

「崖の上の何とかかよっっ!!!zzz

って感じで
まだまだこの秋季大会、楽しんでいきましょーー。。
※最近半年前の南〇先輩の寝言の真意を理解するに至った次第です。
※マリオに期待です。

とりあえず、
そんだけっっ。。

治してくれろ…
飼育員さん頼み…な今日此の頃のfeeling。。

2年 FW  三浦

2009年9月24日木曜日

やまなしはやまばかり

かの武田信玄は言った
「人は城
人は石垣
人は堀
情は見方
仇は敵なり」
信玄公は人の和こそ最大の武器であり、最大の楯であると信じたそうだ

先日、山梨は甲府に小旅行してきました
今までに比べてフットワークが軽くなったなと思います
信玄公にお参りしたり
武田家の宝物殿をのぞいたり
温泉で疲れをいやしたり
楽しんできました

もちろん信玄公に残り5戦の勝利を祈ってきました
“ごしょう”にちなんで“ごじゅう”円玉をお賽銭箱に入れてきました
1階の白板にも勝守りを置いておいたので拝んでくださいw
ちなみにお賽銭の理由は後付けです

リーグ戦も残り5試合
最大の武器であり、最大の楯である
人の和で全勝しましょう

3年 江連

2009年9月22日火曜日

ア式が一番強いんだ

秋季は総力戦



残り一ヶ月、全員が力を合わせて、ア式の底力を見せつけてやりましょう


一部への昇格

そして最終日タカさんの胴上げを目指して


4年 村上達哉

2009年9月21日月曜日

第4節

こんばんは
今日は秋季第4節外語大戦でした。
お疲れさまでした!!!

ではでは結果です。

12:00キックオフ@御殿下
東大 vs 外語大
前半 2-0
後半 3-0

合計 5-0

無失点勝利でした☆☆感動しました☆☆
わたしはベンチでした。
やっぱりこんなに近くでサッカー観れて、感動できるし、
マネージャーってたのしいですo(^-^)o
でも今日は90分があっという間でひとりでバタバタしてました
そしてそして夜はこんなに寒いのに
昼間はすごく暑くてお水がすぐ温くなってしまって焦りました
いつまでこんなに暑いんでしょうか、、
暑かったり寒かったり
体がついていかなかったりしますが、
風邪とかインフルエンザとかには気をつけましょう(;_;)

シルバーウィークの為の不戦敗にはびっくりです。
おやすみなさい。

2年MG石川蘭

2009年9月19日土曜日

そいや!オラァ!そいや!オラァ!

先週の今頃は神輿を担いでいた。
それを思うと今こうして元気にfeelingsを書けているのは、感慨深い。

前回feelingsを書いたのは5月だったと思う。もう4ヶ月も経ったのかとも思う。
光陰矢のごとしとはよく言ったもので、僕の1学期は光速で通り過ぎてしまった。単位とともに。
1学期は割と惰性で過ごしてしまったと反省している。
これからはなんかこう…色々アクティブにいきたいですね。
大学生活は思いのほか短い。サッカー含め、大学がラストチャンスってものはきっとたくさんある。
いわゆる背水の陣である。

などということを考えながら神輿を担いでたら、勝木に声出せと怒られた。
勝木は神輿に手を添えてるだけだった。

明日からは秋季も中盤戦。きっとどこも今まで以上に気持ちを入れてくるだろう。

ぜーんぶ倒して、ア式が1部にいくんだ!!


※お祭りは実際はとても楽しかったです。

2009年9月18日金曜日

oneとallの葛藤の中から。

21歳になってしまいました。
子供のころに感じていた歳を重ねるごとの抵抗感が薄れてきてるみたいでちょっと寂しかったりします。
それでもせっかくの誕生日だし…ということでipod nano買ってみました。
apple storeで注文して、名前とかいれて。
さっき届いたんでいろいろいじくって遊んでます。
うーん、かっちょいい。
でも実はソニーのほうが好きだったり。
ソニーの新製品は10月発表みたいなんで、誕生日が10月の人は結構買うんじゃないだろうか。
そんなこともないのかな。

最近トップ下やるようになりました。
難しいポジションだと思うけど、居心地はいいですね。
で、またサイドハーフに戻る。
そうすると今まで見えてなかったフォワードの動きがよく見える。
ときどきクレームもつけたくなる。
思わぬ収穫。
いろんなポジションやってみるってのもいいかもしれませんね。

明日は立教戦。
相当強いと思うけど、勝てたらチームとしても波に乗れる気がする。
いま完全に崖っぷち。
波にでもなんでも乗るしかない。
目の前の試合だけをみて全力で勝ちに行こう。

二年 MF 蒔田祐貴

2009年9月16日水曜日

もう

会わないなんて…


言わないでー!!!


ジャッジャッ ジャッジャジャッ ジャジャ


こんばんわ
最近火曜日には
「あー月曜遠いなぁ…さびしいなぁ…」
と感じるようになってきました

この数日間の寂しさを乗り切るために
ついに着うたをダウンロードしてしまいました
Introバージョンです
毎朝のアラームに設定しているので
もう毎日が崖っぷちです

そして最近のマイブームは
m-floとJazztronikとFreetempoです
がこれを共有してくれる人は少ないんじゃないか
彼らの良さを分かってくれる人はまだまだ少ないんじゃないか
というわけで

とにかく1度聞いてみてください
let go と
七色 と
sky high は最高です
そして感想を語り合いましょう
誰とも語れないこの状況がなんともいえないです



先日の首都大戦
試合後に残ったのは
自分に対する失望感と
自分以外に対する申し訳なさ

もうこんな試合はしたくない
もう勝ち点は落とせない

迷惑掛けてばっかの自分ですが
かの大先生が赤文字でおっしゃられたように
気持ちを強く持って
週末の勝ち点3を!



3年 松谷

無題

強い気持ち!
                  
               ぎゃおおおおん!  南田 遼太
 

2009年9月13日日曜日

おつかれさまでした。

おつかれさまでした。

秋季リーグ 第3節12:00kickoff@御殿下G

東大 vs 首都大
前半 2-1
後半 0-2
合計 2-3

来週は、12:00kickoff@御殿下Gvs外語大です。


まだまだインフルエンザが流行っているようですが
手洗いうがいマスクでこの秋乗り越えましょう!!




1年 MG 矢内原まい

雑感

今日は9月12日 気づけばもう9月も半ばです。
よくよく考えるとア式に入ってまだ5カ月しか経ってないんですよね。
光陰矢のごとし、っていうかほんとあっという間だった気がします
やっぱ、好きなことやって充実してると時間が過ぎるのを早く感じるんでしょうか

でも過ぎて行った5カ月も確実に1日1日の積み重ねから成り立っているわけで
今日やったことは確実に明日へとつながっている
そう思うとやっぱり毎日気は抜けない もっとがんばらないといけない

まずは明日、全員が力を出して2連勝しましょう!

あと最後に。 祭りのみこしを担ぎに行った1年のお祭り男5人 お疲れ!

1年 有田智彦

2009年9月11日金曜日

今思ってることを率直に。

秋季は今年こそ絶対昇格したいし、そのためにはチーム全体がひとつになって、勝利に向かって隙を作らないようにしなきゃいけないと思う。「次は春季に8-1で勝った首都大だし余裕だろう」みたいなことを梨大戦の後は考えてた。でも、先週の結果を見ると、その首都大は明学に勝っていた。どのチームも昇格に向けて全力で戦っているのだから、「○○は弱いから大丈夫」というような考え方をもった選手が少しでもいたら、試合には勝てない。
スタメン、ベンチ、応援、全員が自分の与えられたことを全力でやり、ひとつになって次節首都大戦、絶対に勝ちましょう!!

2009年9月10日木曜日

チームのために

 最近タカさんの話にも、みんなのfeelingsにもよく出てくるフレーズだ。
 じゃ自分がチームのためにできることってなんだろうか。
 
 ・ややこしいことになるから怪我はしない
 ・練習のゲームもちゃんと集中する
 ・サタデーリーグでちゃんと勝つ
 ・秋季での万が一に備える。出たらまじ死ぬ気で何とかする
 ・練習後のシュート練もなるべくがんばる
 ・メルマガ

 GK2人だから実際結構しんどいけど、逆に自分下手くそなのに、Aで練習したり、サタデー出たり、秋季ベンチ入りしたりして、他のみんなより高まれる機会を多く与えてもらってるのはラッキーだし、感謝してる。それに、やっぱ自分はチームに必要とされてる(多分)とか思うとうれしいし、まあ俺がいないとこのチームは立ち行かないぞとも密かに思ってたりするわけだが、その分責任も伴うわけで、これからも気を引き締めてチームのために頑張ろうと思う。

3年GK田島史也

2009年9月9日水曜日

とりあえず院試お疲れ様でした。
月曜結果分かるみたいですが、結果次第では5年目も見えてきそうです。
仮に受かっても太りたくないので出来るだけ来たいです。
という訳で受験のストレスによる暴飲暴食で2kgくらい太った身体を絞る為に
ランニング→入浴→ストレッチは欠かさないようにしたいです。

気付けば(一応)最後のシーズンがもうすぐ終わってしまうわけですが
今ひとつ4年間やり遂げたという実感は湧いてこない。
この生活が完全に染み付いてしまったからか、部活の無い学生生活というのが想像しにくいです。
実際引退しても来るだろうし。

こんな緊張感が無いから、先週の開幕戦のような結果になったのかもしれない。
あの試合は明らかにそれまでのゲームより圧倒的に硬かったし
終盤に至っては完全に萎縮してしまっていた。
はっきり言ってこの半年間何やってきたんだろうどころか
10年以上サッカーやってこの様かと本当に情けない気持ちになった。
ただ他会場の結果が3戦引き分けということがやはり初戦の難しさを物語っているかもしれない。
帝京・明学がしっかり勝ってきたことを考えると勝っておきたかったことには間違いないけど…

でも先日の山梨戦は課題の立ち上がりの失点で先制を許してしまったけど
全然負ける気はしなかったし、そのせいかとても楽しかった。
過去3回1秒も出場できなかった憧れの晴れ舞台で
稚拙な内容ながらも逃げ切った瞬間は泣きたいくらいうれしかった。
微妙な飛び出しで森元首相のパスミを帳消しにしたと褒められたけど
誰が見てもファインプレーというプレーで無失点を作って、残り7節は存在感を出していきたい。

高校の現代文の授業で「形」という菊池寛の小説を読んで今でも強く印象づいているけど
相手の技量を推し測って試合に臨むのはA級のタブーだと思う。
春8-1で勝った相手に1-5で負けた相手が負けるなんてにわかには信じがたいけど
全節格上に胸を借りるつもりで勝ちに行こう。
「得失点差」なんて口に出来るほどうちは強いチームじゃない。

最後に、初戦で若干物議を醸した応援のことだけど
「正直どうでもいい」という気持ちで2年間外から試合を見ていた自分のことを考えると
去年から始まった応援強制の制度は本当にいいことだと思う。
ただ歌にばかり執着して形骸化している部分があるのも事実だと思う。
「外でいいぞ」とか「ライン上げよう」とか具体的な指示を入れていくのがいいんじゃないかと思う。
応援してもらっている立場で図々しいですが。
新人戦は可能な限り応援に来たいです。

去年の秋季では上智戦、東経戦、成城戦と終盤で熱い試合が続いたけど
あのときみたいに応援席で泣く人が出るくらいの一体感が出せたら昇格は間違い無いと思う。
もちろんそれは応援する側よりされる側の問題が大きくて
あんな情けない試合はもう繰り返せないし、やってても見てても気持ちのいい試合をする義務がピッチに立つ人間にはあるけど
それ以上に、たかさんの受け売りになってしまうが、one for allの精神が全てだと思う。
シーズン中に旅行行くとか
できることあるのに合宿来ないとか
ホントに週3来てんのかとか
「自分一人くらい」という気持ちは試合中にマークはずすのと同じことだ。
(上の3つは個人的に思ってるだけです。僕に不満のある方はやんわり言ってください)

結局最上級生としてのエゴかもしれないけど
今年は昇格しようよ!!
「部活を通して得たもの」なんて聞こえはいいけど
やっぱりサッカーやってる人間として、ここでの4年間を肯定するのは結果だと思う。
大学4年間やりきったサッカーと、引退と同時にさよならっていうのも自分にとっては不可解なものだけど…
とりあえず残り7節、とりあえず首都大食ってやろう!!

藤安

2009年9月6日日曜日

本日の試合結果です。

秋季リーグ 第2節12:00kickoff@御殿下G

東大-山梨大

前半 1-1
後半 1-0
合計 2-1

来週は、12:00kickoff@御殿下Gvs首都大学です。

明学に勝っている手強い相手だと思いますが、
来週も勝ち点3を手に入れましょう!


先週から練習が週6に増え、コンディショニングが難しくなったと思います。
風邪やインフルエンザ予防のためにも、体調管理には充分気をつけてください。

うがいは10秒ガラガラを3回やりましょう!!!



3年AT 小蒲

やべっ

書くの忘れてたってことで書きます。 
今日の山梨戦勝ちました。
僕はもちろん応援で一生懸命やりましたよ。。。
勝ってよかった。
ただはやくあのフィールドに立ちたい。
まあすぐには立てないと思うけど。。。
そして先輩方今日の焼き肉あざーすです。
走りまくるZEEEEEEEEE!!

一年 最近痩せない 荒川雄磨

2009年9月4日金曜日

8月30日

その日、私たちは歴史の目撃者になったと言っても過言ではないのかもしれない。





紆余曲折はあるにはあった。



しかし何はともあれ、国民は政権交代を経験した。

日本政治史上の大きな転換点を経験した、ということよりも、自らが選択した政党が自らに何をもたらすのか、を体感する機会を得たという事実がとりわけ重要なのかもしれない。

新・与党が“生活密着”“政治主導”をマニフェストに掲げているのだから尚更だろう。

55年体制の終焉から15年余、幼き日にブラウン管の向こうに見た細川護熙とハトポッポが、心なしかダブって見える。



そんな09年夏の衆院選にあって、異色とも言える存在であり続けた党があった。












(中略)











かくして板山の夏(K福J現)は終わった。

日本の未来を憂う勝木が怒りを露にするのも無理はない。

そんな奴は敵国アメリカに観光旅行にでも行っちまえってレッドブル飲みながら言ってたぞ。




3年 中道右派DF 白井

ポジティブシンキング

やっと秋季始まりましたね。いきなり引き分けちゃって本当に残念でしたが、正直それを機に練習の雰囲気が引き締まった良い感じになってきていると思うので、今となっては良かったのではないかと僕は思っています。

桜美林戦後、今まで目指してきていたパスサッカーの雲行きがみんなの中では怪しくなってきていたかもしれませんが、ここまで来て諦めたら絶対に後悔すると思います。僕は目標のために真剣に取り組み続けてきたことは必ずや成果が出ると信じて疑わない人間なので、今年のシーズン初めからやり続けてきたその自分たちを信じて、繋いでゴールを目指したいです。

もちろん自慢のカウンターを忘れることなく。

最近、グリーン革命という環境問題に関する本を読んでいて、印象に残った言葉があります。
「われわれは、われわれが待ち望んでいた人間である」
これは、リッター85kmのハイブリッド電気自動車を設計製造しようとしているマサチューセッツ工科大学の学生チームの標語です。
アメリカ政府が環境対策を怠っている間に、こんなにも自信を持ってすごいことをやろうと情熱を掲げている学生たちの姿勢に感銘を受けました。(詳しくは本を読んでみてください)
自分もこんなことが言える程の情熱と自信を持ちたいです。

先週康平が夢の話をしていましたが、僕はこの前夢の中で青いトラックを走るボルトになっていました。稲妻の走り体感しちゃってました。康平の話だと、そんな僕は自分に限界を感じない人間なのでしょうか。
でもやっぱポジティブにシンクする人間ってそれなりに良いとは思うけど、あんまり頭がよろしくない気がするんだよな...。

2年 道喜開視

2009年9月1日火曜日

天王山

2点取った時点で、「もう勝っただろ」という空気が
応援側に少し流れていたのは確かによくなかった

どんな相手でもどんな状況でも油断してはならないと
認識していたはずなのに


泣いても笑っても残り8試合
その全てが天王山

自分にできることを全力でやるだけだ

4年DF 深田