2010年2月11日木曜日

主体性

最近自分が大切だと思っていること。
言い換えれば、自発性とか、積極性とか、能動的とか。

組織に属していると、必ず中心になって運営する人と、そうでない人が出てくる。
中心で運営してる人達って多分すごいやりがいがあって楽しいと思う(もちろん大変でもあるが)。
一方、そうでない人達って、得てしてただ上の決定に従ってたり、やらされたり。
で、そのうち組織の中での自分の存在価値がどうとか、意味がどうとか、つまんないとか、きついとか。誰かがやってくれるだろうとか、自分はいいやとか。少し前まで自分は結構このタイプだった気がする。

でも最近は、メーリスで「誰か~してくれない?」みたいな不特定多数に発せられたメッセージに対して反応するとか、シケプリとか積極的に探してみんなに供給するとか、いろんなコミュニティの飲み会とかに積極的に参加するとか。会を開いたりとか。人の相談に乗ったりとか。

誰かに勝たせてもらうんじゃなくて、自分が全部止めてチームを勝たせてやるんだって思いながら試合に出るとか。絶対試合に出るんだと思いながら練習するとか。(まあ結果はおいおい……)

主体性を持ってやれば、就活だって、バイトだって、ゼミだって、部活だって、追いコンのネタだって楽しい。そういうことに気付き始めた今日この頃。

3年 GK 田島史也

0 件のコメント:

コメントを投稿