2010年2月10日水曜日

ゴールを決めたい

最近人格というか、人間的なチカラが何事においても大切だなと本当に改めて思うようになってきました。
サッカーでもそうですが、目に見えないところでそれが出てくるような気がします。
やるべきことは、やる。このゴミ拾ったほうがいいんじゃないかと思ったら、拾う。このパスどういう意図なのか聞いたほうがいいと思ったなら、聞く。笑顔でいるのがいいと思ってるなら、笑顔でいる。
自分の中にある日々の有言を実行に変えることってものすごく大事なんだと21歳になって少しずつ身にしみてきました。
そうしたことの積み重ねを日常からできている人は、ゴールを決めたいと思えばボールはゴールに入るし、応援が届いてほしいと思えばその応援は届きます。
そのようなところからサッカーの一瞬一瞬の局面の勝敗が分かれていくのでしょう。
おそらく、この先仕事を始めても成功につながるかどうかはそのような積み重ねなんだと思います。

また、有言を実行に変えるときに大切なことは、人間は思った通りのことしかできないということです。
これは脳科学の見地から言えることらしいです。
何かをしようとするときに少しでも無理だと思えばそれが実行されることはありません。
むしろ、それはそれで本人が思った通りになっているのでしょう。
だから、中途半端な気持ちでシュートを打つのであれば他の人にパスをしたほうがいいんです。
だから、ゴールを決めたいと思うのなら些細なことでも実行できる自分にならなきゃいけないんです。

ここまで書いてきて自分でも若干宗教じみているなとも思うんですが、今の自分がそういう段階にあるのだからそういうもんなんだと思っています。長い間サッカー続けてきて、サッカー人生も終わりに近づき今さら精神論が自分の中で大きな部分を占めてくるなんて思いもしませんでした。

とにかく、今シーズンは本当に勝負のシーズンです。今シーズンに人生をかけると決めた去年の年末を思い出して、もう一度気を引き締めて人格を高めて行こうと思います。





ちなみに今年2回おみくじ引いたんですが、2回とも凶でした。
十のうち六、七は死ぬべし。…ってどういうこと!?

2年 道喜

0 件のコメント:

コメントを投稿