2010年7月28日水曜日

告白

「私が皆さんにお話しできるのも、今日を入れてあと2回となりました。残すところあと2回となったこの授業の最後のテーマに私が選んだのは、カルシウム摂取の重要性、片桐の蒔田性、TKのなんちゃらこーせい、の3つです。1つ目、2つ目に関しては語りつくされた感も否めませんが、3つ目には議論の余地が残されていると聞いたことがあります。

(中略)

さておき、先日はクソみたいな週末を過ごしてしまいました。『技術的な失敗は責めないが、精神的に改善できるところは改善させたい』とのたまった輩は、ピッチ外での精神的ダメージ、それも恋人と別れたなどという女みたいな悩み、がピッチ内での技術的側面に大きく影響している(と他人からは見える)他の選手やもしかしたら自分自身を、どう見ているのでしょうか。私に言わせれば、ピッチ外での出来事がプレーの出来を左右する状況でピッチに立っているような輩に、私のピッチ内での精神の持ち様を批判される筋合いなどありはしないのです。もっと言えば、熱中症で試合を投げ出しておきながら積み木だの徹夜だの、するのは止めないがそれを自分のせいで出場時間が限られてしまった選手に公表するような輩に、“チームのため”などと押し付けがましく他人の行動の表層だけを批判する権利など、断じてあってはならないのです。もっともっと言えば、『~は…って言ってたし、~は…って言ってた。俺はそんなこと思ってないけど』などという伝え方をした輩など、まさに“誰得”。私のモチベーションも私と彼らとの今後の関係もまるで無視した新しいカタチの“対話”(彼はそう謂った)の先に何を見ていたのか、全く以って理解に苦しみます。もちろん、私はピッチ外でのそうした精神的ダメージが自らのプレーに影響を与えるような人間ではありませんので、…失礼、PKの件はその影響だと謂われても仕方ないのかもしれません。そうです。あのPKに関しては全力で反省しているつもりです。私のような人間にとって許されざるミスでした。(中略)…まとまりのない文章になってしまいました。兎に角皆さんに伝えなければならないことは、自分の牛乳にはしっかりと名前を書いておきましょう、ということです。」


ネタバレし兼ねないのでこの辺で。
4年MF 白井

0 件のコメント:

コメントを投稿