2010年7月13日火曜日

変化

茨城に二回ほど一人旅をしている間に、自分を取り巻く環境が急激に変わった。





<中略>





そう、いつの間にか後輩に彼女ができていて、監督が新婚旅行に行っていたのだ。

その後輩とは同じ学科で、学科の女の子に一喜一憂した間柄だ。そんな彼もついにアッチガワ。
頑張ろうな、宮川。

監督は結婚式で現役部員作成のビデオレターを見て号泣されたそうだ。自分の出演部分を思い返しても、あんなので泣くはずがない。きっと小坊主の歌唱力に感動したに違いない。

いずれにせよめでたいことに変わりない。おめでとうございます!


この流れでチームも上昇気流に乗せねば。
去年より高い目標なんだから去年より努力しなければ叶うはずがないわけで。

今日はA、B混じっての練習だったけど、学年の低い選手ほどおとなしい人が多い。

自分も色んなチームの練習に参加して気づいたことだけど、声を出したり、積極的に自分のプレーをすることでチームの輪に入っていける。元々実績はないわけで、黙って無難にただ練習していたら何も残せず終わっちゃう。指示の声を堂々と出したり、自分を表現することで、コミュニケーションができるし、チームの一員として見てくれる。それはピッチ外の態度にも現れる。

試合に出たい、活躍したいっていう気持ちがあるのなら、もっと自分を出そう。とりあえず声を出すことは一番簡単なことだと思う。
feelingsをひらがなで書いたりAKBファンだったと明かして自分を表現するのもいいけど、もっとピッチの中で積極的に取り組んでほしい。(別に吉清を責めてるわけじゃないよ笑)

レギュラーが確約されてるやつなんていないし、当然自分も試合に出たい、活躍したいという気持ちがあるから、負けないように頑張ります。


そうやって同輩、後輩と切磋琢磨できるのもあと少し・・・大切にせねば。



4年 FW 久木田紳吾

0 件のコメント:

コメントを投稿