2010年8月5日木曜日

リカバリーのミニゲの方が普段の練習よりきついという逆説

 二部練お疲れ様でした。猛暑でしんどい中、みんなよく走るなと、後ろで見てて感心しきりの田島です。でも、GKはGKで体力的にはきつくないけど、精神的というか神経は疲れるんですよ!ほんとに。

 ところで、京大戦、二部練が終わり、夏の三大イベントも残すところ合宿のみとなりました(拍手)!!
 
 というわけで、今回の個人的合宿テーマは、「手持ちの武器でどう戦うか」です。
 秋までもう間もないわけで、そしてもう引退間際の4年生なわけで、技術的に飛躍的な向上はもはやそう望めない以上、現状の技術でどういう風にすれば試合で戦っていけるかっていうのを考えていきたいと思います。
 キックが飛ばないなら飛ばないなりにどこにどういう風にければいいのか。
 どこまでは飛び出してどこまではDFに任せるのか。
 集中力をいかに持続させミスをなくすか。
 
 合宿ではゲーム形式の練習が多くなると思うので、その辺を確認して、整理して、自分の判断基準や型をつくる作業をしたい。結局GKのプレーの大部分は、「当たり前のことをノーミスでやること」+「運(シュートストップ)」で構成されてるので、秋季開幕までの残りの期間で、前者を安定してできるようにしていきたい。それが出来れば、とりあえずはどんな試合でも最低限やっていけると思う。もし出番があれば、下手は下手なりにでも試合で戦っていかなければならないので。

とりあえず、合宿最終夜のハーゲンダッツ(僕はノンアルコールビール)目指して頑張りましょう!!

4年GK田島史也

0 件のコメント:

コメントを投稿