2010年9月7日火曜日

三千生の生は生ごみの生である。

これはここまでの秋季の俺の動きをみれば自明。
VS.成蹊 4-0
何もしていない。後輩には「えっ?大内さん出てたっけ?」と言われていることだろう。
VS.立正 3-3
足を引っ張る。後輩には「えっ?大内ってあれでしょ?勝てるところを引き分けにした人でしょ?」とささやかれているであろう。
ちっくしょーーーーーーーーーーーーーーー!!!

そもそも生ごみとはなんなのか?恐らく、実際食べようと思えば食べられるけど不必要だからゴミとして扱われているもののことですよね。
これを自分に当てはめてみると、実際ゲームに出ているといえば出てるけど、何もしていないからゴミと等しいものですよね。

実際友人にもゴミ生と呼ばれる始末。しかし、俺はその呼び名、そして秋季では何の活躍もできていないことを受け入れようと思う。真摯に受け止め、次への糧にしよう。
本当の生ごみだって肥料にもなるし、へたすりゃ食料になる。だったら、俺は今から活躍すればいいはずだ。生ゴミからの脱却。

VS.日大では、絶対に活躍して見せる。後輩に「大内ってやればまあそこそこにはできるじゃん。」と言わせて見せる。こんなふがいない先輩として引退するつもりは毛頭ないのだ。


とにかく、我々は関東昇格を夢見て今シーズン取り組んできたのだから引き分けなんぞで満足してちゃいかんのだ。日大も勝ちにいく。後輩に任せきりにならない。


To ア式のeverybody
まじで関東行こうぜ。出れてない選手はがんがんアピールして来い。底から強くなって、真に強い東大目指そう。明日も明後日も…頑張ろうぜ!


4年 右の後ろの辺りに存在 大内三千生。
(日記などで生ごみという言葉にいい加減あきている方申し訳ありません。ただ今週で最後です。脱却。)

[これが最後のfeelingsじゃ俺が納得できないんでまたそのうち書かせてください。だめ?]

0 件のコメント:

コメントを投稿