2010年10月14日木曜日

スポーツには教育的側面がある

なんてよく聞きます。
サッカー的なこともそうだけど、
人間的側面でどのように成長すべきか。
シーズンが始まる前にいくつか
標語みたいなものを立てました。


1年の時の講義で
「何を持って進化とし退化とするか。
それらは所詮、変化の直線上にある標識で、
二元論という、理解を容易にするための
道具のひとつである」
みたいなものを習った気がします。


書き連ねるようなことはしませんが、
自分はどれだけ変わることができたのか。
いろいろ見えてきたものもあり
視野が広がったと自負しております。
それがプラスかマイナスかは状況によるかもだけど、
自分では成長と捉えております。


「全てに感謝する」なんてよく言うけど、
自分は少なくとも、大学4年間、成長(?)の場を与えてくれた
ア式には感謝しています。
人間的環境、特に同期の6人と4人には本当に。


いただいた恩は
返すのが世の義理ってやつらしいです。
きっと気付けていない恩も
多いことだと思います。


残された時間で何をどれだけ返せるのか。
少し他力本願になってしまうけど、
東経のダイナマイツに期待しつつ。
学習院・帝京を倒す。
それが自分の考えうる最大の恩返しかもしれません。


変な文章で失礼しました。
明日からも頑張ります。全力で。

4年 松谷



PS,
先の日曜日での得点や神奈川会で
恩人達に喜んでいただけたのならば、
これ以上の幸せはありません。

0 件のコメント:

コメントを投稿