2010年10月18日月曜日

棚からぼたもち

今日というかもう昨日ですね。対学習院戦お疲れ様でした。
危なげのない勝利でホッとしました。
次はついに最終節の帝京戦!!
昇格への道はまだ残されているので全員で全力で勝ちにいきましょう!!


さて、タイトルに示した誰もが知っていることわざですがもともとの意味はご存じの通り
「思いがけない幸運に恵まれること」
です。しかし、幸運に恵まれたとしてもそれを活かすか否かは自分次第です。

最近読んだ本の中にこんなことが書かれていました。


「幸運な人間は軒並み努力をしている」


ぼたもちが落ちてきてもそれをキャッチする準備ができていなければ下に落としてしまうし、ぼたもちが落ちてきたことにすら気付かない場合もあるわけです。

要は幸運を最大限に生かす努力をしろということです。


一年会の度に彼女持ちのリア充どもに悪態をついていたのが同情を買ったのでしょうか。
そんな自分は晴れてア式の一年に舞い込んだ合コンという幸運を活かし、選抜メンバー5人に名を連ねることとなったわけです。


生まれてこのかた彼女いない歴年数がリセットされたことのない僕としては、
もうすぐ20歳が迫ってるわけで・・・
東京の寒い冬を一人で過ごすのが怖いわけで・・・
とにかく切羽詰まってるわけで・・・


そんなこんなで相手の子に「と~もきぃ~」と呼ばれ、すでに5回も場数を踏んだという幹事に不信の目を向けつつ・・・
我らの初戦は幕を開けました。


集合場所で相手と積極的にコミュニケーションをとる相方のCBに感心しつつ、LSBと共に健闘を祈りつつ、店へと向かったわけですが・・・

うちのFWは眠いと言って隣の席で睡眠をとり始めるわ、相手に自分の同クラの何人かと合コンの経験があるという事実を聞かされるわなど、波乱な展開となりました。

まあなんやかんやで自分はFOG BARと故郷鹿児島の力を借りつつ、楽しいひと時を過ごすことができました。

次回は「ぞん、今日合コンやんな~(ニヤリ)」と興味深そうに言っていた東野が参加することを期待します。


とまあ茶番はこの辺にして・・・
本当に書きたかったのはこんなことではなく・・・


今週僕のもとに落ちてきた一番のぼたもちは木曜の慶応戦です。
対外試合になかなか出場機会がなかった僕としては絶好のアピールの機会でした。
しかし、結果は散々なもので・・・
それまでの練習を活かすことができず、前に蹴るだけの単調な攻撃(あれが攻撃と言えるのか疑問ですが)になってしまい、おまけに大量失点を喫してしまいました。

自分がCBというポジションをやっている以上、常に周りに目を配り、ゲームのバランスを取らなければいけないわけですが、自分はまだまだ「見る」という段階でつまづいているように思います。技術の精度も全然だし、向上しなければいけない部分が多すぎて「どこから上げていくべきか」で悩むこともしばしばです。ミスを繰り返し、落ち込むこともしばしばです。

そんな自分がサッカーを続けているのはやっぱりサッカーが楽しいから。
小学校の頃からこれだけは変わりません。
そんなサッカーをもっと楽しくするためにも自分は努力を重ねなければならない。
秋季を通じてその思いがより一層強くなりました。


来るべき幸運に備え、今度は最大限にその幸運を活かせるように、日々を過ごしていきたいと思います。


浪人組唯一のteenager 1年 大薗

0 件のコメント:

コメントを投稿