2010年11月17日水曜日

サッカーに追試なし

まずは秋季の感想から。
少ないながらも自分は試合に出ることが出来た。しかし、チームに貢献するには程遠かった。自分が出る出ないに関わらず、毎週日曜日の試合後は実力不足を再確認するとともに強烈な悔しさに見舞わる。自分にとって最大の成長の糧になるであろう悔しさを存分に与えてくれるという意味でも秋季は価値の大きなものであったと思う。しかし、先週味わった悔しさを噛み締めて一週間練習できたとはおもえなかった。良くも悪くも熱し易く冷め易い自分の性格でその秋季の価値を下げていたとしたらもったいない。秋季での借りは秋季のピッチでしか返せない。来年の秋季に向けて頑張るのみ。

新人戦について。
目標は優勝。一試合でも多く公式戦で成長しながら戦いたい。リーグ戦とは違った緊張も経験しながら。個人としては、試合に出て点を取りたい。これに尽きる。


何よりも点数が欲しい(学業においても…)。点の取らないFWは使えない。チームが弱くても点を取る前田さん(ジュビロ)を見習いたい。ということで、新人戦で一皮剥けたいと思ってます。

一年 賀茂

0 件のコメント:

コメントを投稿