2010年2月22日月曜日

明日から合宿!★♪

投稿遅くなりすみません。

土曜日は明学、
日曜日は一橋、
アウェイでの練習試合でした

この2日間アウェイに行き、
自分たちのグラウンドがあって
しかも人芝であることは
とても恵まれているんだなと
しみじみ感じました
御殿下がきれいな人芝グラウンドになるのが楽しみです

明日からは検見川で合宿です
朝絶対寒くてみんなカタカタすると思いますが、
がんばりましょう!



私は荷造りの前に、
1週間も遅れてしまいましたが、
バレンタインのチョコを作ります
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/



失敗しないかなあ、、
受け取ってもらえるかなあ、、
どきどき!!!







さいきん、、
わいわいな感じの先輩が
ウィーンに行ってしまいちょっと寂しいです



2年マネージャー石川蘭

2010年2月19日金曜日

あれから1年

世間は受験シーズン。来週には東大でも入試がありますね。去年の今頃は浪人生なのにやれ論述だとか、やれリスニングだとか結局焦っていた気がします。といっても、現役の頃よりはよっぽど落ち着いていましたが。駒場東大前に入試の日は急行が停まることも知っていましたし。

合格した今では浪人して良かったと思いますけど、浪人中は基本的に高校時代の勉強をやり直すわけで、一年間ほとんど新しいことは勉強しない。浪人の一年間は受験という経験をもう一度繰り返すだけ。

でも、長い一生のうちに同じことを繰り返すことのほうが珍しい。特に大学の4年間は新しいことに溢れている。そんな中でたまには失敗してもいいんじゃないかと最近思います。失敗も時にはもっと大きな成功につながることもあるし、浪人の一年間のように無駄じゃなくて貴重な経験だと後から振り返られるものもある。

なんだかよく分かんない文章になっちゃいましたが、来週の合宿は2回目だし夏よりも落ち着いて迎えられそうです。その前に週末の2連戦勝ちましょう!

1年 MF 有田

2010年2月17日水曜日

前にも書かれてたけれど、feelingsのまわりがはやすぎですね。
書くのが年に2、3回になってくれればうれしいです。

経済は月曜から、法が明日から試験と2年は今忙しい人が多いですね。
レポートがすぐに完成するs木君がうらやましいです。
自分も3月1~5日に13教科試験があり、その前に5泊の検見川…
来学期も週3の実験…

練習に出て、勉強もしっかりやっていけるかかなり不安です。
ただ、最初から無理だと思ってたら何もできないので、全力で取り組もうと思います。
サッカーも、勉強も、総務の仕事も、筋トレも。
できなかったらその時に考えることにします。


最近すごく忙しいですが、まったく何もすることがなく時間を無駄にしていると感じながら過ごすよりははるかにいいかなと。


走れないキャラが定着している疑惑
二年 野中

ありがとう、神。

今年も受験シーズンがやってきました。
時間が経つと記憶も薄れるものけど、
18歳の今頃が僕の人生の大きな岐路だったことは間違くて、
4年経った今年の頭も人生が揺れ動く期間です。

就活に明け暮れてる同期(3年生)がいっぱいいるけど、
自分は何もやってません。笑

学科主任が修士1年を集めて
「お前ら就活なんかしないで勉強しろ。
文系就職なんかしても使い捨てにされるぞ。
東大生が安売りするな」
と言った言葉を信用しようと思います。

2年前に僕と同じく修士に落ちたM城さんを
電話一本でF士通入れてくれた人なんで。笑

就活をやらないもう一つの理由は卒論です。
昨日パワポ発表が終わり、最終提出は26日。
あと10日で僕の学生生活におけるお勉強は終わりそうです。

12月1月は「卒論 自殺」でぐぐっちゃうほど病んでたけど、
提出間際、発表間際になると楽しんでる自分に気付きました。
睡眠不足も苦じゃないです。

やっぱり何でもできたり分かったりすると楽しいもんで、
それはサッカーでも勉強でも同じことです。
高校までは勉強好きで受験も苦じゃなかったし。

そう考えると別にそっちの道に行くのもありだし、
サッカー好きって思ってたのは、
ただの勉強からの逃避だったのかもって気もした。

って何か理屈っぽくなってきたけど、
そんなの考えたって分かんないから直感で生きようと思います。

おれはキネシンのために生れてきたわけじゃないと思うし、
就活はやりたくないから、やらずにちゃちゃっと決めたいし、
サッカーは楽しい。

今年は2部じゃなくて1部です。
首都大や桜美林や成城じゃない。
日大や亜細亜や立正がいる。
Jのユースや選手権出てる高校のやつらがいる。

日大とやって技術もがたいも勝てる気しないけど、
サッカーはそれで勝負するんじゃなくて結果が全て。

「関東とは言わないからひとまず残留」
なんて言うOBもいるけど、
秋季では上位校の帝京・明学・上智といいゲームしたから
結構イケるのではと思ってます。

入部当初より絶対上手くなったと思うし、
ア式でのここ数年が1番伸びたし楽しかったです。
自分のピークはこれから来ると思ってる(by Canizares)。

ただ、やる以上は、
サッカー通して得たものとか仲間とか思い出とか、
相対的成長なんかじゃなく、
絶対的実力が欲しい。
誰が見てもすごいって選手になりたい。

やってやろうぜ!
バレンタインありがとうございました。
藤安

2010年2月15日月曜日

バレンタインさんの命日にはっぴーなんてつけていいのかな、なんて思っているのはここだけの話。

サッカー大会おつかれさまでした。

相変わらず寒いですが、久しぶりに晴れて過ごしやすかったです。
といっても、今シーズン始まってからノロになったりなんだり体調不良続きで引きこもり生活のため、外の天気に疎いです。
寒くて、風邪が流行ってるときこそ、いつも以上に体調管理しなくちゃなあと痛感してます。


やらなきゃいけないこと、やった方がいいこと、やりたいこと、やってもいいこと、やらなくてもいいこと、やっちゃいけないこと
きちんと見極めてやりくりしないとそろそろキャパ越えです。

当面の目標は
部活にちゃんと来るように体調管理すること
残り2ヶ月に迫った期限内に免許を取ること
                 です。はい。がんばります。


そして次回フィーリングス書くときには2年生になっている予定です。なれると信じています。
先輩になる準備もそろそろ始めなくてはいけないみたいです。


1年 MG やないはらまい

2010年2月11日木曜日

走れ

走れないブタはただのブタだ
15キロ落ちたためもはや四月の面影はなし
A山氏よりも軽いです
やせたのはいいもののいっこうに走れない
別メニューばかりでチームに迷惑かけてばかり…
公式戦に出るなんて高すぎる壁
「高ければ高い壁のほうが登った時気持ちいいもんな」
有名なミスチルの歌詞ですね
オリンピック予選の時、当時キャプテンだったレッズの鈴木啓太はみんなが集まる前のミーティングルームの白板にこの歌詞を書いておいたそうです
公式戦に出た時は気持ちいいんだろな
チームが関東に昇格したときはすげえ気持ちいいんだろな
そんなことかんがえながら最後のテストのために机に向かいます

ポジションコンバート疑惑のある一年 荒川雄磨

主体性

最近自分が大切だと思っていること。
言い換えれば、自発性とか、積極性とか、能動的とか。

組織に属していると、必ず中心になって運営する人と、そうでない人が出てくる。
中心で運営してる人達って多分すごいやりがいがあって楽しいと思う(もちろん大変でもあるが)。
一方、そうでない人達って、得てしてただ上の決定に従ってたり、やらされたり。
で、そのうち組織の中での自分の存在価値がどうとか、意味がどうとか、つまんないとか、きついとか。誰かがやってくれるだろうとか、自分はいいやとか。少し前まで自分は結構このタイプだった気がする。

でも最近は、メーリスで「誰か~してくれない?」みたいな不特定多数に発せられたメッセージに対して反応するとか、シケプリとか積極的に探してみんなに供給するとか、いろんなコミュニティの飲み会とかに積極的に参加するとか。会を開いたりとか。人の相談に乗ったりとか。

誰かに勝たせてもらうんじゃなくて、自分が全部止めてチームを勝たせてやるんだって思いながら試合に出るとか。絶対試合に出るんだと思いながら練習するとか。(まあ結果はおいおい……)

主体性を持ってやれば、就活だって、バイトだって、ゼミだって、部活だって、追いコンのネタだって楽しい。そういうことに気付き始めた今日この頃。

3年 GK 田島史也

2010年2月10日水曜日

ゴールを決めたい

最近人格というか、人間的なチカラが何事においても大切だなと本当に改めて思うようになってきました。
サッカーでもそうですが、目に見えないところでそれが出てくるような気がします。
やるべきことは、やる。このゴミ拾ったほうがいいんじゃないかと思ったら、拾う。このパスどういう意図なのか聞いたほうがいいと思ったなら、聞く。笑顔でいるのがいいと思ってるなら、笑顔でいる。
自分の中にある日々の有言を実行に変えることってものすごく大事なんだと21歳になって少しずつ身にしみてきました。
そうしたことの積み重ねを日常からできている人は、ゴールを決めたいと思えばボールはゴールに入るし、応援が届いてほしいと思えばその応援は届きます。
そのようなところからサッカーの一瞬一瞬の局面の勝敗が分かれていくのでしょう。
おそらく、この先仕事を始めても成功につながるかどうかはそのような積み重ねなんだと思います。

また、有言を実行に変えるときに大切なことは、人間は思った通りのことしかできないということです。
これは脳科学の見地から言えることらしいです。
何かをしようとするときに少しでも無理だと思えばそれが実行されることはありません。
むしろ、それはそれで本人が思った通りになっているのでしょう。
だから、中途半端な気持ちでシュートを打つのであれば他の人にパスをしたほうがいいんです。
だから、ゴールを決めたいと思うのなら些細なことでも実行できる自分にならなきゃいけないんです。

ここまで書いてきて自分でも若干宗教じみているなとも思うんですが、今の自分がそういう段階にあるのだからそういうもんなんだと思っています。長い間サッカー続けてきて、サッカー人生も終わりに近づき今さら精神論が自分の中で大きな部分を占めてくるなんて思いもしませんでした。

とにかく、今シーズンは本当に勝負のシーズンです。今シーズンに人生をかけると決めた去年の年末を思い出して、もう一度気を引き締めて人格を高めて行こうと思います。





ちなみに今年2回おみくじ引いたんですが、2回とも凶でした。
十のうち六、七は死ぬべし。…ってどういうこと!?

2年 道喜

2010年2月8日月曜日

真夜中は純潔

投稿遅れてしまってごめんなさい。
どこから投稿するか分からなくて困りました、、、、
2回目なのに。


最近自分がfeelしたことは・・・

去年のちょうど今頃大学の合格発表があって第一希望には落ちちゃったけど上京することが決まって、でもそんな頃からもう1年も経つとか時間って早いなって思いました。しかも、部活少女になってるなんて。

自分は部活に所属したこともないし、人付き合い苦手で友達も多くなくて最初ア式に入った時やっていけるのかなぁって凄く心配でした。
東大生・・・部活・・・AT??テーピング??なんじゃそりゃ?って感じで。
今でも部内で上手くやってけてるか謎ですが、それでも部活が凄く好きです。


自分が落ち込んでるとき、御殿下に行くと変わらない練習風景がそこにあります。
雨とか雪が降ってきても、風が強くても、暑くても、寒くても。
みんなもテストとか色々大変なのに一生懸命サッカーをしてる姿をみると不思議と元気みたいなのが湧いてきます。

ああ、みんな高まってる!って。
じゃあ私ももっと頑張れるんじゃない?みたいな。
だから、辛いことあるけどもっと前向きに頑張ろうって思いました。
元気が一番です!笑ってる顔は素敵です。
いつも高まってたいです。
それでいつか自分も他の人に元気を与えることが出来たらいいなって思います。


今さらですが自己紹介します。
趣味は音楽です。音楽大好きです。
ライブによく行きます。
特に椎名林檎と東京事変大好きです。Perfumeも追っかけてます。
ほかにもm-floミドリホルモンaikoあっぱゴイステとか、、色々聴きます。
最近は木村カエラにきゅんきゅんしてます。
好きな映画はアメリです。

将来の夢は先生か働く人。
尊敬する人は母親。
今年の目標はテーピング上手くなる、リハビリメニューをちゃんと把握する、トレーナーさんともっとコミュニケーションをとる。です。
私生活ではダイエット!!!!・・・
中検も絶対とる!!!
あと今年20歳になるので、落ち着きが欲しいです。

これからも宜しくお願いします。

1年 AT 森田

2010年2月5日金曜日

負けて学ぶことよりも勝って学ぶことのほうが多い

これは高校の一つ上の代のキャプテンから頂いた言葉です。確か貴乃花か誰かの言葉だったような・・・。そのへんは忘れました。

強い人の言葉ですよね、僕はそう思います。

サッカーの試合にせよ何にせよ、負けた時には、「まあ今回は負けたけど、改善点もわかったし、学んだことも多い。次ぎに生かせばいいだろう。」と安易に考えてしまいがちな僕ですが、そんな僕を戒めてくれる言葉です。

レギュラー争いに勝った人には、公式戦という学びの場が与えられ、さらに成長する。
負ければそれはない。
トーナメントの大会では、一回戦に勝てば二回戦がある。それに勝てばさらにチャンスが与えられる。
負ければそのチャンスごと失ってしまう。
一回戦敗退のチームと、優勝チームでは、いったいどれ程学びの量に差が出るだろう。


新人戦、失ったのはボールだけではなかった。
悔やんでも悔やみきれない。


負けた者に、前向きな姿勢は必要だ。
だがそれだけでは不十分だろう。
そこに、「危機感」がなければ、敗者が勝者を逆転することはできない。

負けた悔しさを忘れず、危機感を持ち続けよう。
ミニゲだろうが練習の中のゲームだろうが、勝ちを喰らって成長していきたいと思う。


そしてチームとしても、これからの練習試合、一つでも多く勝ちを積み重ねて、成長していきましょう。
勝ちの数が成長の証だと思う。

勝って学びましょう。


一年MF浅井淳平

2010年2月4日木曜日

高校の時の出席番号は25

日本語という言語は50音から構成されている。
ア行からワ行まで10行、各行につき5音、総じて50音となる。
50の音があるならば名字の最初の文字も50音あるはずである。
名字というものを極めて機械的に解釈した場合、50人のクラスにおいて「すずき」の出席番号は13番になる。しかし実際には、「す」が50音で13番目ということは、出席番号も13番ということを意味しない。

たとえば「ん」から始まる名字は存在しない(ブルキナファソから来ました、ンデューです、みたいな留学生がいれば別だが)。同じように、ヴィルヘルムみたいなドイツ人がいて、「ワタシの名前はwilhelmデース。ワ行だからシュッセキバンゴウ後ろのほうデース、常識的に考えて」みたいなことを言っても、たぶん「う」から始まる名字扱いされるだろう。アドレス帳を見れば、ア行から始まる名字は多く、ラ行から始まる名字は少ない。

このように名字には偏りがある。特にア行、カ行、サ行は名字三大勢力として君臨しており、日本の名字の半分以上がこの3つの行から始まると言われている。そう考えると、「すずき」は50人のクラスだったら真ん中かちょっと前、場合によっては真ん中よりちょい後ろくらい、の出席番号になるはずである。これは高校の時の実体験から考えても正しい。

しかし、世の中というのは得てして常識という枠内を飛び出していくものである。
ベンジャミン・ディズレーリの名言に

「この世には3つの嘘が存在する
           『嘘』、『大嘘』、『統計』だ」

という言葉があるが、上記のデータは3つ目の嘘に該当したようだ。
ア式の2年で「すずき」の出席番号は1番だ。

かつてはア行、カ行の仲間達がいた。しかし、一人、また一人とこの部を去っていき、ついには絶滅してしまった。名字三大勢力の数ある名字のなかで生き残っているのは「すずき」だけである。まさに盛者必衰の理、諸行無常である。

そしてfeelingsも「すずき」から始まるようになってしまった。2年のfeelingsが本来の水曜でなく木曜に投稿されている理由も、このことと無関係ではない。スタートの合図が聞こえない者は遅れてスタートすることになる。それと同じようにfeelingsが自分の番ということを知らない者は投稿が遅くなる。
申し訳ない。

話を戻すと、部員が減ってしまった。辞めてしまったことはとても悲しいし、正直な気持ちで言えばすぐにでも戻ってきてほしい。しかし、悲しんでばかりはいられない。今いる者達で戦うしかないのだ。今いる仲間と、ともに戦い、ともに上達し、ともに学び、ともに迷い、ともに誓い、ともに笑い、ともに背負い、ともに願う。そんな日々を描きながら、今シーズンの目標である関東昇格に向け、死力を尽くしていきたい。

2年 出席番号1番 鈴木

2010年2月3日水曜日

オフのまとめ

得たもの

十分な休息
久しぶりの友人とのふれあい
新しいスパイク
少しばかりの大胸筋
少しばかりの単位(仮)
天皇杯のスタッフジャージ
たくさんの迷惑メール
こくとうどうなつぼう
リセッシュ


なくしたもの

ユニクロのネックウォーマー
いくぶんかのお金
少しばかりの体力
少しばかりの単位(仮)


臭くなったもの

湯河原に着ていったニット帽
同じく手袋
同じくダウンジャケット etc


再確認

勉学面での危機
自分の年齢
そしてサッカーとは・・・!?



遅くなりましたすいません。
駄文失礼しました。


本日も練習がんばりましょー!

3年 なんとか試験の山場を(たぶん)乗り切ったMF 松谷