2010年3月31日水曜日

ドナウと椿姫

  今日気づいたこと。



  ①ヨハンシュトラウスの「美しく青きドナウ」とヴェルディのオペラ<<椿姫>>の「乾杯の歌」の類似点。



  ②理性と狂気の二元論的な分類は近代以降のもので、刑務所などもその産物である。



  ③もう電車代で週に三回くらい2000円とられる生活はやってこない。(?)



  アウェイロードお疲れ様でした。これだけ長い間電車に揺られてサッカーをしに行く僕らなら武蔵戦も大丈夫です。今日の試合でも課題が山積みで不安もありますが、自信を持って戦いましょう。



  先日ローマ対インテルを見ていて思いましたが、ローマのサッカーは気持ちが入っているかいないかで本当に違う。ローマは「魂」で勝利をもぎ取った感があります。



  今、高校のとき監督に言われていた「下手でもできる4か条」を思い出しました。

    ・走る

    ・切り替え

    ・玉際

    ・あと一個なんだったっけ…



  この4か条は意識次第なので実践あるのみです。応援よろしくお願いします。



   3年 MF 森元

2010年3月30日火曜日

出会いと別れの季節に

ワードで作って貼りつけという

就活で学んだ唯一にして最大のテクニックを使おうとしたらうまくいかないので、

要約して書きます。

せっかく長々と書いたのになー

・就活より蹴活のが楽しいお

・就活終わったらその分頑張るお

・イヤーブックできるお

・鈴木覚えとけ

特にイヤーブックに関しては多くの方にお世話になったので、

この場を借りて感謝いたします。

現役もOBも新入生も楽しめるはずです。

ご期待ください。

4年生になります佐藤裕人

2010年3月29日月曜日

shigeru315

桜が咲き始めたのに、寒いですね。
春よ、来い。


始まりの4月がやってきます。
新歓が始まって、
東京都トーナメントが始まって、
春季リーグが始まって。

4度目の春。最後の春。
そう考えると、背筋がしゃきっとします。



最近、改めて思ったのですが。
先輩は偉大です。
どんなに足掻いても、届かない気がしています。
それでも、少しでも近づけるように。

隣には並べなくても。同じようには出来なくても。
せめて「意志」を受け継いでいけたら、と思います


が、しかし。
卒業式にサリー着るのは無理かもしれません。

もうすぐ4年生 MG髙木美帆

2010年3月28日日曜日

魂の雑感


疲れ果てて死んだように寝たら夜なかなか寝付けない...

御殿下改修に伴い、アウェイでの練習試合が多く、しばらくは大変な日々であった。
しかし、そのおかげもあってか、格上のチームと対戦する機会が増えて、改めていろいろなことに気付くことができた。その中でも特に強く思ったことを書き連ねていこうと思う。


・iPhoneの偉大さ

  

未知の場所へ行くためのガイド・ナビとして、非常に役立った。
特に標準装備のアプリケーションである「マップ(Google map)」(1枚目)と、電車の乗り換えを検索する「乗換案内」は重宝した。特に、マップは駅から学校までもの最短ルート(車/徒歩)を検索でき、航空写真もみることができるので、グラウンドがどこかも一目瞭然である。
また、電車に乗っている時間も当然長いので、暇をつぶすアプリなんかも重宝された。(2枚目)


・層の薄さ

東農・慶應・拓殖・尚美・朝鮮と、関東リーグに所属する名門校との練習試合では、相手は当然トップチームではないわけだが、技術、玉際、走力と、さまざまな面で自分たちより一枚上手であるように思えた。
最近の練習試合では、僕らのトップチームが善戦を繰り広げてくれるが、メンバーを落とすと簡単に失点してしまい、総合では負けてしまう、ということが多い。
自分は後者のチームで出場する機会がほとんどなので、いつも悔しい思いをしている。
個人で勝てなくたって、全員で勝てばいい。
当然個人で相手を上回りたいのは当然だが、現状をみるとそうもいかない。
自分を含め、今二本目や三本目で出てる選手は多くがそうだろうと思う。
だからこそ!
指示の声やポジショニングの微調整、試合のビデオをみんなでみたり、そういうことを一つ一つこなしていけばいい。
悔しさを力強さに変えて、練習や試合で全面に押し出してプレーすればいい。
フィールドに11人もいるから、誰かがやればいい、とかじゃなく、自分がやる。
全員がそんな気持ちでいれば、もっといい試合ができると思う。
ビビってミスるよりも大胆にミスった方が切り替えだってしやすい。
ミスったら取り返せばいい。
そう思うとなんとなく気が楽になる。


・自分たちの置かれている環境の良さ


入学してばかりの頃は、「なんてきれいな人工芝グラウンドなんだ!」とか、「シャワー付き部室とか下手すりゃ住めるじゃん!(※実際に住んでいる人もいます)」とか思ったりして、感激ばかりしていたが、月日が経過するといい環境に慣れるというものは早いもので、それにありがたみを感じるどころか、当たり前になって、さらには、「グラウンドぼこぼこで危ないよ...(;´д`)」などと思うようになっていた。
しかし、他の東京都一部のチーム(東大は昇格したばかりだが)にとって、東大の環境はきっと、坊主に合コン猫に小判のようにみえるかもしれない。
23区、しかも山手線内にFIFA公認の人工芝グラウンド(もうすぐ全面改修工事も完了予定)...コーチ...トレーナー...MG・AT...ジム...シャワー(浴槽付き)...
ないものを探す方が難しそうなくらいだ。(※写真は国立競技場です)
外に出て改めて気付く内のよさ。
こういったアドバンテージを最大限に生かして、さらなるステップアップをしたい。



話題は変わって、このブログをみている新入生の皆さん!!
トップページからの「For Freshmen」の所にも記載されていますが、サッカーやア式に少しでも興味があったら、

todai_soccer_2009@yahoo.co.jp

まで、選手・スタッフ問わず、気軽にご連絡を!!


新2年 新歓担当 川瀬

過密スケジュール

御殿下改修に伴い、アウェイでの練習試合が多く、しばらくは大変な日々ではあった。
しかし、そのおかげもあってか、格上のチームと対戦する機会が増えて、改めていろいろなことに気付くことができた。
その中でも特に強く思ったことを書き連ねていこうと思う。

・iPhoneの偉大さ
未知の場所へ行くためのガイド・ナビとして、非常に役立った。
特に標準装備のアプリケーションである「マップ(Google map)」と、電車の乗り換えを検索する「乗換案内」は重宝した。

2010年3月24日水曜日

夜も遅くにこんにちは@部室

クラスメートの頓珍漢ではなく、部室に住み着いてる男こと宮川です


主将のフィーリングスにもあったように
慶応戦の惨敗
泣きたくなるほど悔しかった


東京23との試合
確かに気持ちは入ってたかも知れない
でも勝てなかった
俺は出てなかったけど相手チームとの差を感じずにはいれなかった

たしかに気持ちは大事だと思います
まずそれがなければ何も始まらない

でもそれだけじゃ勝てない

今日も拓大と戦ってそして負けてきたわけだが
正直点数以上に技術の差は感じた

特にインサイドキック、トラップといったような基礎技術の差は歴然
ミスの数の差は明らか

うちにはシンゴさんという強力な武器があるから
去年はその武器を最大限活かすという戦い方と
あとは気持ちで戦って昇格できたんだと思う


でも今年は去年とは違う
それだけじゃ目標には手は届かない

基礎技術が足りないのは、やっぱり今までにサッカーに費やした時間が足りないからだと思う
東大という大学のサッカー部においてはそれも仕方のないことなのかも知れない

時々、小学生のころからほかのことなんかに気を取られないで
サッカーばかりしておけば…
と後悔することもある

だが、それがどうした
今からやればいいじゃないか
基礎練をほかの人の二倍やればいい、シュート練を毎日欠かさずにやればいい

東大に入ってサークルじゃなくア式に入ったってことはそういうこと
本気でうまくなりたいなら練習するしかない


自分より上手い奴と同じことやってたってそいつより上手くはなれない
ならそいつより多く練習するしかないじゃん

久木田紳吾だけのチームって言われるのは悔しいことだ
今の実力では、ただの戯言に過ぎないけど
いつか、チームに欠かせない、一人で試合を決められるくらいの選手になってやんよ








といった熱い気持ちを持った新入生はぜひア式蹴球部で共に関東昇格を目指しましょう
御殿下グラウンド…
は改修中なのでさまざまなグラウンドで待ってます


もうすぐ20歳 新歓代表 宮川啓輝

根津に自転車置いてるの忘れてたorz

アシキの強さ

3月18日、慶應戦でトータル1-12の敗北を喫した。


一本目も不甲斐ない試合をしたが、特に三本目はア式の強みである「ひたむきさ」が感じられず、点を取られるべくして取られていた感じだった。


うちが推薦をとっているチームに勝つことができるのは、サッカーに取り組む姿勢、情熱で勝っているからだ。また、組織としてしっかりしていて、サッカーに真剣に取り組める環境を、ピッチ内外で作り上げることに長けているからだと思う。


根本でもあるサッカーへの情熱、負けたくないという姿勢が慶應戦では見られず、しかも若い選手が多く出ていたので正直ア式の将来が不安になった。


その長所がなくなったら、絶対に今の位置にはいられないと思うし、どこにでもある「ふつー」のチームになると思う。そうしたら少なくとも自分はア式に誇りとか自信を持てなくなる。




だが、3月22日の東京23との試合は、慶應戦の頃とは変わっていた。
左SBで試合に出てチーム全体を見渡すと、若い選手たちが勝ちを目指してひたむきに頑張っている様子が見えた。後ろから見ていて、これなら強くなっていけると思って嬉しくなった。まだまだ個人個人で意識に差はあるが、慶應戦で何か変わったのかもしれない。


今の1年生はもうちょっとで先輩になる。プレーでも声でもいい、ピッチ外のことでもいいから、ア式の良さである、ひたむきさ、真面目さを自分自身で示していってほしい。


やっぱり、こういう強みは文化、伝統として残していかないといけないし、残していくには、やっぱり上の代が示していかないといけないと思う。


自分自身も主将として、これまで以上にサッカーに真摯に取り組んでいこうと思う。




新4年 FW 久木田紳吾

2010年3月22日月曜日

君が彼といた3年の想い出にはまだかなわない

今日は風が強かったです。色んなものが飛んでました。花粉もとんでました。
もう春なんですか。
わたしは去年発症した花粉症のせいで、春はちょっと構えてしまいます。
 

この前入学したばかりな気がするのに、もう新三年生なんて驚きです。
新入生がもうすぐ入ってくるんですね。
今のままでは、新入生を迎えられません。
わたしは他の人よりかなりブランクがあるわけで、それがコンプレックスで、悶々としています。題名の歌詞がいつも頭から離れません。
でも、先輩に言われたことをよく思い出します。悩んだり落ち込んだりしても、それは他人にとっては見当違いだったりするって。
悩んでて動けなくなったら意味ないですよね。それよりどうしたら改善できるか考えて行動していかないといけないです。


あと2週間。どうにかしなければ。

新三年 MG小林

もうすぐ4月

今日はすごく風が強かったです。色んなものが飛んでました。花粉も飛んでました。

もう春なんですね。

わたしは去年発症した花粉症のせいで春はちょっと構えてしまいます。



4月ってことはもう学年も上がるってことですか。新三年生なんて信じられません。この前入学したばかりな気がします。

そして入学の季節です。

今のままでは新入生を迎えられません。わたしは他の人よりかなりブランクがあるわけで、それがコンプレックスで、悶々としてます。でも先輩の言葉をよく思い出します。落ち込んだり悩んだりしても、それは他人にとっては見当違いだったりするって。

見当違いの悩みで考え込んで落ち込むなら、どうしたら改善できるのかって考えて行動していかないといけませんよえみね。



これから2週間で成長してみせます。









2010年3月20日土曜日

後輩コワヒ

遅くなってすいません
ア式のダイナモこと石井です


もういつのまにか入学して一年経ってしまいました。
この一年間は人生の中で一番早かったし、一番充実していた一年でもあったかと思います。

去年の今頃はまだ行く大学も決まっていないのにも関わらず、華の大学生活に夢を広げていました。
あんな妄想をしていた僕が今は毎日こんなにサッカーをしているなんて
人も気の持ちようですね。


新入生の皆さん
もうア式でサッカーを本気でやろうと決めている人
とりあえず一回でもア式の雰囲気触っておこうかと思ってる人
サッカーはサークルである程度やろうと考えてる人
俺のサッカーは高校で終わりだと思っている人


どんなひとでも歓迎します!とりあえずきれいな人工芝の上でボールを蹴りましょう!


っていう新歓係りでもないのに新歓してみたFEELINGS





新2年 LSB石井

2010年3月19日金曜日

tide is getting high

昨日横浜駅を利用したのですが、
チョット遠回りして海を見てきました
やっぱり海のぞばはキモチいいです..
それから昨日私服を着ました
慣れないので心なしかキモチ悪かったです..




「お前上野動物園の年間パス持ってるっつったっけ?」
「はい」
「なに、動物好きなの?」
「はい、めっちゃ好きっスね」
「なにが好きなの?あー、じゃ動物んなかで何が一番好き?」
「えーっと、やっぱ熊っスかね」
「熊て、お前あれのなにがいいの?」
「いやーとにかくデカいんスよ」
「…」
「先輩ヒグマって首の太さどのくらいか知ってます?」
「…、室伏よりちょっと大きいくらい??..で、どんくらい?」
「こんなぶっといんスよ!!(with gesture)
こんなですよ!!もうホントに幹、樹の幹ですよ!!
 ヒグマと戦ったらチェ・ホンマンとか4秒で殺されますからね!!」
「へー、スゴいね…で、背はどんくらいあんの?」
「まぁ2mちょとじゃないっスか..ちょっと詳しくはわかりませんけど」
「お前動物めっちゃ好きっつって、詳しくは無いわけ?」
「はい!ただ見てるのが好きなだけです
 いやー動物見てると楽しいっつーか癒されるんですよね…」
「あっそ。じゃ熊の次に好きなのは?」
「なにかなー、やっぱパンダっスかね」
「そ。なんで、ライオンとかは?」
「いやいや、ライオンて全然動いてくれないんスよ
 やっぱ動いてくれないと見てても全然楽しくないっスよ」
「あー..じゃ次のセット行こか…」

リハビリでのカバさんとの会話です
花粉の影響でずるずる言いっぱなし、
部のタオルで鼻をかむ…心なしかキモチ悪かったです..


最近はこれといったことをfeelしていないので…
新入生へのア式蹴球部練習風景紹介、といった形になりました
新入生のみなさん、
あんなに動くカバはなかなか見られないよ..
是非見に来てください…


有山ごめん
ほんとにかくこと無かったわけで…苦笑


新3年 FW ミウラ

2010年3月17日水曜日

ぶんぶんぶぶぶーん

ここ最近まじできついっす。合宿の面白くない締めからのESからのWebテストからの試合…。まあいいんだけどね。

最近感じたことですか…。とりあえず、水虫だと思って下手にブテナロック使うと水ぶくれとかになるんで気をつけて使ってください。おかげで楽しかった箱根旅行、途中で帰る羽目になりました。と同時に足を3針縫ったためにしばらくサッカーができず、明治学院大学に対する憎しみが爆発寸前です。まじ次戦ったらぼこぼこにしてやる。そして昨日の夜やっと抜糸出来たと思ったら足の親指の付け根のねんざですよ。ほんとついてない。このやり場のない怒り、どうしてくれようか。あ、そういえば今日の試合でユニフォーム破られたし。ゆるせーん。

そんなこんなでもうすぐ総理大臣杯です。最高学年としての初めての大会だし結果出したいです。この前の合宿でアップしている際、自分の気が抜けている瞬間があり、後輩に怒られてしまいました。ほんと屑ですよ僕。でも、おかげで自分の甘さに気付くことができました。常に自分はクズみたいな人間でとるに足らない人間なのだから努力しなければならないのだと自分に言い聞かせ続けたいと思います。クズからの脱却。これを目指してこれから後8カ月、全力でサッカーに取り組みたいと思ってるんでーヨロシクー!

3年 SB 大内三千生

2010年3月7日日曜日

甘くない人

今チームは関東昇格、という目標を掲げています。


最近、
「甘くない人ってどんな人?」
という問いに答えなければならないことがあったんですが、

私はそれを、「自分にも他人にも妥協しない人」と考えました。


高い志を持ち、目標達成のために自分に妥協しないことは重要です。
しかし、一人ではとても達成できない、チームの目標に向かっている時、
他人にも妥協せず、必要に応じて意見の主張や叱ることが出来る人こそ、
チームにとって重要な存在なのではないでしょうか。
もちろん、努力の仕方は人それぞれだし、自分のやり方を他人におしつけたりするのはよくないと思います。
けれど各々が思うままに頑張っていたところで、チームの成長は見込めません。

他人に対して高いことを要求するには、
自分がそれと同等、あるいはそれ以上のことを行っていなければならない。
相手から反感を買う恐れなどもあり、非常に勇気のいることだと思います。
けれど、自分に対して妥協せずに努力を続けた人ならば、他人に対しても厳しく接することが出来るはずです。

引退まであと半年で、自分がそこまでの人間になれるかは自信がないですが、
最後まで成長したいです。




3年AT 小蒲

2010年3月5日金曜日

ヤメタァ

最初は17人もいた僕の学年も5人ほど減ってしまいました。非常に寂しい限りです。
でもそれぞれの人にそれぞれの理由があるのでそれは尊重しなければと思います。

こういう時にはいつも寂しいというより悔しいといった気持ちになります。
そんな気はまったく無いのだろうけどなんと言うか、自分たちのやってることを見限られたような気になってしまうんです。例えるなら大事に持ってた株券が大量に売りに出されているような(※株の知識は皆無です)。

ア式のブランド力ってなんだろうって考えるとやっぱり「誇り高い気持ち」でサッカーに関れることだと思うんですよね。

やっぱりそういう気持ちって大事だと思うしそれってア式の株価に直結することですよね。株に関する知識はありませんが。やめた奴らが泣いて悔しがるようなチームになっていきたいものです。

話変わりますが花粉症で寝れません。僕の体は既に花粉で圧倒的に毒されているようです。毎年憂鬱な時期です。

あと今週のfeelingsは開成出身が3連続でした。ぜひ僕にも直系の部下をつけて4連続、5連続といきたいものです。

怪我でご迷惑をおかけしました。週末の試合、合宿と引き続きがんばりましょう。

1年生 MF有山

2010年3月3日水曜日

プレミアみにいきたい。

遠征ばっかで疲れる日々ですね…。
合宿が二回とか…もはや何も言うまい。
最近は試験が終わって急に時間ができたので、ドラクエと英語の勉強に部活以外のほとんどの時間を費やしています。

DSのドラクエ6。
小学生の頃、一万円札を握りしめてゲーム屋にいったような記憶がある…。
たしか一万円じゃ買えなくて、一度家に帰らなきゃいけなかった。
それがリメイクされて半額以下になって、しかも画質あがってる!
なによりもセーブデータが消えるなんてことがない!
ラスボスの直前であの音楽が鳴ったときの絶望感といったら…。
技術の進歩ってスパラシイ。


…とまぁそんなことを書きたかったわけではなく。
試験終わってからというもの、少しずつだけど英語の勉強をしてるわけなんです。
中学生で放棄して、受験でようやく高校生レベルになった英語力をなんとか人並みにしようと。
語学の勉強はとても嫌い(というか苦手)なんですが、必要にせまられてやってます。
みんな知ってるかと思いますが、留学することにしました、一年間。
行先はまだ決まってません笑
イングランドの田舎のどこかだと思います。

イギリスの大学ではヨーロッパ内の交換留学として一年間のプログラムが昔からあったみたいなんです。
それを日本を中心とした、四月から新学期が始まる国向けにアレンジしたプログラムがありまして、それを利用します。
ただ東大は交換留学には消極的らしく、一年休学して私費留学という形になりました。

語学留学?ってよく聞かれるんですが、半分くらい正しいと思いますが、たぶん違います。
そもそも第一の目的は、外国に行くことなんです。
様々な背景を持った人々と一緒に勉強して、友達になって、語り合って…そういった経験ができればなと。
人生を豊かにする上でなにが今の自分に必要なのか、そう考えたときに留学が手っ取り早くいろいろな経験ができるだろうと。
それに日本語以外に英語も使えるようになったら、意思疎通できる人の数が何倍にも跳ね上がると思うんです。
もちろん経済学部生として、ちゃんと経済の勉強もしてきます。
ただでさえ難しいのに英語でやったら訳わかんなくなりそうですが。
だいたいの物事は気合いと情熱でなんとかなると個人的には思ってます笑

ア式を四年間続けることができないのが唯一の心残りです。
一年くらい前、ア式を続けることと留学を天秤にかけて悩んでました。
この選択がいいのか悪いのかはわからないけど、後悔だけはしないようにします。
できれば来年の四月、またア式にもどってこられるといいな。


二年 MF 蒔田祐貴

2010年3月2日火曜日

だんれちゅみん

じん帯切れようが
内定もらえなかろうが
留年しようが

とにかく笑えれば
最後に笑えれば

新4年 MF 江連