2011年2月12日土曜日

いつも世界のどこかで朝が訪れている

↑ 超いい言葉ですね。

さっき名言集みたいなサイトで発見しました。







さて、新シーズン。



冬のオフは明けるまで長いと聞いていましたが、ホントに長かった。
怪我をしていた期間を合わせて、約2ヵ月半。
その間にいろんなことを考えました。



正直ダークサイドにも何回か陥ったし、今もまだまだ悩んでます。



が、とりあえずこの御殿下グラウンドに帰ってきたこと。いや、一回り丸くなって帰って来たことすら、やっぱりよかったなと思ってます。

むしろ常に悩んで、振り返りながら進むべきですよね。

そして、今はボール回しの終了とともにピッチサイドに引き上げる身であろうとも、また、フィットの時だけ不死鳥のごとく召還される身であろうとも、・・・・とりあえずガンバロって気持ちでいます。





さてさて、新シーズン。



熱い言葉を書くのは照れくさいですが、年に2回しか訪れないフィーリングスという機会だから、ちょっとだけ今年の抱負でも書きたいと思います。


今年したいことは、サッカーをより知る、ってことです。

俺は普段からあまりサッカーの試合を観ません。それほどJリーグや海外チームにも詳しくないです。

今までは別にこれでいいって思っていました。が、関東昇格という目標の大きさを感じれば感じるほど、やっぱりできることは全部やろうという気になってきました。

一足先に関東に踏み入れたたかさんに追いつくために、また健太郎さん率いる新制ア式にも置いてかれずついて行ける様に、必至になって頑張ろうと思ってます。

ということで、今年は今まで以上にサッカーまみれな生活をしようと、サッカー観戦やらコーチやらと、様々なことに挑戦しようと企ててます。




さてさてさて。


前々からやろうと思っていたことですが、このFEELINGSって様々な人の熱い話が読めて、面白いし、モチベーションになりますよね。

ってことで僕の偏見と独断の元、ちょっと気持ちがダウンしてる、そんなあなたに読み返して欲しいFEELINGSランキング的なことをしてみたいと思います。勝手にランク付けして申し訳ないですが・・

ではさっそくいきまーす。

第5位

2010年12月 「埋められた種」

だいぶ個人的なチョイスですね。一年は特に共感できたと思うけど、やっぱり中心メンバーとして望んだ初めての公式戦で負けたくやしさがすごく滲んでて・・・。特に、普段はマジメな話とか全然しない林が書いてるってとこがぐぐってきますね。
ちなみにこれに感化された元さんも某SMSで日記かいててこっちもすんごいよかったです。

第4位

2010年4月 「もしも」

かっこ良過ぎますよね。最後の一文とか。頑張るしかないって気になります。

第3位

2010年10月 「決戦前夜」

文章が美しいです(TT)。静かな闘志というか。秋季最終節を思い出します。

第2位

2009年7月 「スラムダンクみたいな」

すごく赤裸々に感情が書いてあって、ホントに俺もやろうっていうふうに思わされます。

第1位

2010年10月 「ゆめ」

やっぱり一位はこれかなって。サッカーが好きっていう一番核の部分をくすぐられますね。



うん、だんだん適当になってしまいましたが(笑)とりあえずこんな感じで。。


目指せ新2年   福永

0 件のコメント:

コメントを投稿