2011年2月15日火曜日

I just wanna be with you

寒さが続く中みなさまいかがお過ごしでしょうか?
冬は汗かかないし朝が気持ちいいから夏より好きです。
雪はとてもきれいでしたね

さて
福永がランク付けしてくれたおかげでとってもfeelngsが書きにくくなった影響もなんのその、新4年としてそれっぽいこと書こうかななんて今は思ってます。


つまり

最近少女時代にはまってます。

ちなみに僕はジェシカとユナが好きです。

テヨンも結構…

KARAも結構…

<中略>

なんていうfeelingsは書かないようにします。笑


それに少し関連して、最近ア式にバ○が増えているような気がします。○カの人口密度が基準値を越えてるみたいです。○○が多いと部として成り立つかどうか不安です。

今から新1年生に期待ですね。
新歓が楽しみです。


さて本題へ

僕らの青春が今年の秋に終わろうとしています。

小さい頃から自分の中に築いてきたサッカーの歴史もここらへんでひとまず終焉を迎えそうです。
小さな小さな歴史ですが、大切に築いてきたつもりです。

どんな結末になるのでしょうね?
どんな想いを抱えて最期を迎えるのでしょうね?
最後みんなはどんな顔でフィールドに立ってるんでしょうね?
最高の笑顔であることを祈るばかりです。

ほんとの願いは
be with football forever
なんですけどね。
終わりは必ず訪れるみたいです。

もちろんファンとして死ぬまでサッカーには携わっていくつもりですが…



そういえばボールが丸いのには理由があるらしいです。by前主務@追いコン

自分なりに理由を考えてみると
(あくまで自分なりです。揚げ足取るのはなしね笑)

それはボールに自分の想いを込めて相手に届けることを可能にするためではないでしょうか。

つまりボールにメッセージを込めることができるってことです

例えば
受け手の少し前に出したら
そのまま前に進め!
になるし

少し弱めに出したら
ダイレで蹴ろ、あるいは少し手前に寄りながら受けろ
とかになるでしょうか。

受け手の左足に出したら
相手がお前の右側から来てるぞ
にもなりますよね。

パス一つとってもいろんな意図をつめることができます。

みんなはこんなふうに考えてパス出してますか?
受け手が次のプレーをしやすいように出してますか?

ボールは自分の意志通りに転がってくれます。
つまりボールに込めた想いがそのまま伝わるようにボールは丸く作られてるんです。
みんなが紡いできた信頼という想いがボールに伝わると、ゴールが生まれるんです。


会話のキャッチボール


こんな言葉がありますね。
会話は相手への思いやりがないと続きませんよね。
キャッチボールもそうですよね。

僕たちは手ではなく足ですが
パスも一緒だと思います。
さらに手ではなくて足を使う時点で想いを伝えるのはより難しいのかもしれません。
それでもパスで会話してみませんか?
だからこそ仲間のことを考えてプレーしてみませんか?


ボールに
自分の想いを、願いを、魂を込めて
サッカーしませんか?

そうしたらきっと
ゴールという結果に、
そして勝利という喜びに
つながるはずです。


みんなが幸せになるサッカー
見ている人を魅了するサッカー

何もバルサみたいなサッカーしようって言ってるわけではなくて、全員が信頼でつながろうって言ってるんです。そんなチームに見ている人は感動するものだと思います。

去年の帝京戦。
試合前に心が折れかけてた自分を引っ張ってくれたのは仲間でした。
後ろから押してくれたのも仲間でした。
だからこそあそこまで走れた。そんな試合を今年もしたい。

引退までに
他ならぬこのア式で
そんなサッカーがしたいんです

サッカーをしてなければ、
今までサッカーの歴史を自分の中で築いてこなければ、
知り合いにすらなってなかったであろう仲間と

そんなサッカーがしたいんです。

サッカー選手は引退したら一度死ぬらしいです。後生の頼みってやつです。よろしくお願いします。

さてと
少しクサくなってしまいましたね。
長々と書いてきましたが、1番言いたいことはたった一つってことに今さらながら気づきました。

あと短い期間ですが、
一緒にサッカーを楽しみましょう!もちろん関東昇格を目指して。

サッカーだけでなく人生でも楽しむ心が大切です。
そんな大切なことを教えてくれたのもサッカーでした。
最後に少しでも恩返しができればと思います。

OBのみなさん、保護者のみなさん、そして東大ア式蹴球部のファンのみなさん
どうか応援よろしくお願いします。その声援に応えられるよう精一杯がんばります。


P.S.関東昇格したら何年ぶりなんでしょう?分からないけどめちゃくちゃカッコイイことは確かですね。ア式の歴史に名を刻みたいものです…

新4年 点獲り屋 久保雅史

0 件のコメント:

コメントを投稿