2011年5月19日木曜日

2/3

シーズンインしてから3カ月が経つのか。
あと3カ月したら秋季開幕か。
そしてもう3カ月経ったらシーズンは終わっているのか。
ということはシーズンの1/3が終わったっていうことか。残りは2/3

大臣杯負けた直後はもうすぐに秋季が始まってしまう、このままではまずい、時間がないぞ、と焦燥に駆られていたけど、なんか今こうやってちょっと冷静に考えてみることで、この2/3の捉え方が変わったように思う。

具体的に今までの1/3でやってきたことを思い返したら、選手個人の小目標だとかその日その日の練習テーマだとか小さな(?)ことは達成してきたかもしれないけど、あまりたいしたことはやってきていないのではないかと思ってしまう。
だからこそ今シーズン初めての公式戦だった大臣杯はどれだけできるのかものすごく不安だった。
練習試合でこそ例年より勝っていた印象が強かったけど、それも試合の相手が強くなかったからではないかとか思ったりもした。
4年になって、副将という立場に立って、チームの運営を進めていく中でもこれでいいのかと思うことは多々あった。
震災の影響でナイターが使えず、今までの3年間とは違った環境でサッカーをしなければならなかったこともこの不安に拍車をかけたのではないかと思う。

でも、そうした中でも力を尽くしてきたということが自分の中での大きな自信となっているのかもしれない。
なぜなら、あと2/3という時間が思っていたよりも長く感じられるからであり、まだまだこのチームは成長できるという感触をしっかりと掴んでいるから。
そして、なによりも自分自身が成長できるという気がしてならないから。

先週1週間は怪我でリハビリをしていたが、そういう状況でも少しばかりの焦りを感じながらも、今は自分の体を見つめなおし、弱いところを鍛える良い機会だと思えるようになっていた。

要はその場その場の状況で全力を尽くすことがベストなんだと思う。

今シーズン始まる前に「相対的に頑張ってはいる印象を受ける。」と言われたことがあり、その時にはマジで悔しかったし、じゃあ何をすればいいのかと考えたりもしたけど、結局は全力を尽くすことで相対的な何かから抜け出せるのではないかと思うに至る。

何が言いたいのかさっぱりになってしまったけど、あと2/3でやることはいっぱいあるんだという焦りを持ちながらも、関東へ昇格するという確固とした自信を持ってモチベーション高く進んでいきましょう。

最後ひどいな。
投稿遅れてすいません。

4年 道喜開視

0 件のコメント:

コメントを投稿