2011年6月3日金曜日

運命の焼肉

はじめまして、一年の篠原直登です。

「え、お前ア式入ったの? え!? お前ア式入ったの!? なんで?」
最近高校の同級生に会うと言われることが多かった台詞です。二度見ならぬ、二度聞きされます。
それもそのはず、自分は高校では”サッカー部だけどバレー部”というキャラを確立していたからで、まぁ要はへたくそだったわけです。
自分でも入学当初はア式に入るつもりは全然なくて(すいません…)、サッカーサークルとバレーサークルの兼サーでもしてゆるゆるやってようかなとか思ってたのですが、どういうわけか今ここでfeelingsをかいています。
実際、ア式に入ると決めるまでかなり悩み、入部も一人遅れて迷惑をかけました。それでも入部を決めたのには本当にいろんな理由があるんですが、皆さん興味ないと思うのでそのうちの二つを書きます。

ひとつは、純粋にサッカーがうまくなりたいということ。
自分はへたくそのまま高校サッカーを終えてしまったので、このままでは終わりたくない、いつまでもバレー部キャラに甘んじてちゃだめだ、と思って一番厳しい環境を選びました。
実際にはいってみて高校の時とはサッカーに対する姿勢が明らかに変わったし、モチベーションも違い、とても楽しいです。

もうひとつは、理由というよりきっかけですが、体験でに朝練に出たことです。
開成サッカー部という関係で一度有山さんとぐっさんさんに焼き肉をおごってもらうことがあって、その次の朝練に参加しました。そのとき自分の気持はヨット部に傾いてて、おごってもらったんだから一度くらい朝練出てもいいかな、ぐらいの気持ちで出たのですが、やっぱり人工芝でできるということ、そして何よりボールを蹴るってこんなに楽しかったっけという思いからア式にまた気持が傾き、今に至るのです。

今、自分がア式に入って毎日を楽しんでいるのは有山さんとぐっさんさんのおかげで、先輩方にはこの場でお礼を言いたいです。ごちそうさまでした。
とりあえず今はその焼き肉にこたえるプレーができるように一つ一つのプレーを大事にして上手くなりたいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿