2011年7月2日土曜日

新天地にて

電車に揺れらているとこんなフレーズが目に留まった。
「ますます小さくなる世界」
…報道系の広告だったから、グローバル化情報化社会うんぬんのことを言ってるんだろうけど

私にとって世界は広がりつつあるものだ。現在進行形で。

高校から地元熊本を離れたとき以上の衝撃が、東京という新しい世界には待っていた。…いや、東大にはというべきか。
新しい友人、新しいクラス、新しい環境。
(ちなみに幸か不幸かやたら偏差値の高いクラスに入ってしまいました)
そんな中、四年間の大学生活のメインとなるべき活動として選んだのはこのア式蹴球部。同じ高校の尊敬する先輩が二人、既に所属していたのでサークルと迷うなんてことはなかった。

入ってみると予想以上に上手い人ばかり。下手ではないと思っていた自分が恥ずかしい、、、
特に四年生はすごい。上手いだけでなくサッカーに対する取り組み方が真摯でほんと見習いたい。

…そんな先輩たちは文章が上手いです。これが東大生か、と思う。
東大にあって東大生ではない(国語力的な意味で)私にとって重荷ですよ、フィーリングは。



さて

ア式に入って約二ヶ月になります。
怪我に次ぐ怪我であたかもDLが定位置。
健太郎さんに名前覚えられてるのかな?笑

同期に後輩がいるせいでヌノさんと呼ばれてたりします。
ヌノさんは既に遅刻二回という大失態を犯しています。
(その節はほんとご迷惑をおかけして、、すいません。)
おかげで連帯罰走という制度が出来てしまいました。
(…そのせいか、それとも昔から変わらず空気を読めないせいか、やはりいじられてます笑。特に有○さんと植○さんに、、、)



あぁ早く試合に出たい。
これが今の本音。
下手くそでまだまだフィジカルも視野も状況判断も足りてないけど。
そのためにもまずは怪我をしない体作り。

今はまだAチームなんてほど遠いけど
来シーズンには皆に認めさせてやる!
今年はその下地をしっかり作り込んでいきたい。

そしてこんな贅沢な環境でサッカーできることにほんと感謝。
人工芝のグラウンド、すばらしい先輩達、健太郎さんをはじめとするスタッフ
AT,MGの人たち。
何より四年間一緒にサッカーできる同期の仲間達。

俺、がんばるっきゃなかっちゃかと?



たとえ二度あっても三度目はない(※遅刻的な意味で
一年      布井







P.S. 投稿遅れてすいません、、、気づいたらパソコンの前で寝てました笑
西田の二の舞だorz

0 件のコメント:

コメントを投稿