2011年7月29日金曜日

smells like teen sprit

もうfeelingsがまわってきました。前書いたのは5月11日でしょうか。3カ月近くたっていますね。時の流れの速さに頭がついていけてないようです。

夏学期最後の授業が今朝ありました。震災について書いたレポートの内容を発表するというものです。学科のみんなはほとんど発表を終えており、遅刻して教室に行ったら先生を含めて3人しかいませんでした。
その発表の中で、先生に「どう力になりたいのか」と聞かれました。僕は「過去は未来で取り返さなくてはならない(キリッ」と答えました。
失ったもの、とりわけ命は元に戻ることはないけど、その命が未来の命を救うためのものでなければならない、というような旨です。

先生には「質問に答えてください」と言われました。

やり直したい過去なんていくらでもあります。
昨日の演習の発表
春季の帝京戦
科類選択
高校時代
小学校
幼少期
前世

数え上げればきりがありません。
昨日はやりなおせないから、昨日出来なかったことを今日やる。
時間が有限である以上そうやって生きていきたいし、生きなければと思います。
おまえのせいで負けたな、なんてもう言われたくない。

とりとめのない感じになってしまいました。希薄な内容ですみません。次はちゃんと書きます。

とりあえず彼女はできてません。お母さんが心配するといけないので。
次に書くのは10月。楽しみです。
投稿遅くなりすみません。

3年 MF有山(21歳になりました)

0 件のコメント:

コメントを投稿