2011年9月18日日曜日

何でも深けりゃいいってもんじゃない

ア式に入部してもう半年近く経つ

きつい合宿も乗り越えて同期との絆も深まってきた気がする
電脳世界でちょっとはしゃいだおかげで一部の人とは溝を深めてしまった気がするけど、きっと気のせいだと思う。そう自分に言い聞かせてDLも乗り越えたし、これからもそう信じていこうと思う
信じる者は救われるっていうし

そんなこんなで改めて同期の顔を見てみると初めの印象とはずいぶん違って見えることに気が付く
まさか菅が僕の部屋で暴れるようになるとは思っていなかったし、角田がエロ動画を5画面で見るストイックな男だとは思っていなかった


本意としては同期全員について書きたいところだけど、時間も限られているので普段から親交(?)の深い文2勢4人についての意外な一面を紹介したいと思う
この紹介文を機に彼らへの理解がより深まれば幸いです

・菅正太郎
 初めて会った時こいつ絶対仲良くなれないなぁと思っていたはずなのに気づいたらうちに入り浸っていた。一見無口に見えるけど実はめっちゃテレビっ子でテレビの話なんかはテンション高めで話してくるし、ウイイレをやると点が決めるたびにドヤ顔ではしゃぎまくったり、点を入れられるたびに転げまわって悔しがったりする。グラウンドでもっとはしゃげばいいのに。というわけで、はしゃぐ菅をみたいという人はウイイレで一戦交えるべし。

・日下暢之
 日下は照れて自分では言わないけど、日下はとても妹思いのいいお兄ちゃんである。日下には卓間の妹に負けないくらい可愛くて小さい妹がいて、時間がある時はいつも妹と遊んであげている。どんなに部活で疲れていても妹と遊べばリフレッシュできるよ、と言う日下の顔はとても優しい顔をしていた。日下、これからも妹大事にしろよ。

・添田隆司
 添田はサッカーとゲームと漫画にしか興味のない男で、恋愛なんか全く興味ないんだろうなぁと思っていたけど、独自の恋愛論を持っていたりして結構興味深かった。あと人生についても色々考えてるみたいでやっぱ東大生侮れないですね。

・松田裕生
 ただのお調子者かと思いきや実は繊細で、ビッグマウスは奥手な内面の裏返しだったりする。最近は色々ディスっているけど実は仲良くしたくてしょうがないという残念っぷりもまた可愛いところ。ア式の盛り上げ役としての責任感を実は感じてたりするのも偉いよね。合コンでも絶対盛り上げてくれると期待してます。


こんな尊敬(?)できる同期達とサッカーできるのもあと3年。長いようだけど多分あっという間に過ぎていく時間を最高のものに、悔いの残らないようにしたい。そのためにできることは何かを毎日考えながらやっていきたい。
まず明日はしっかり準備して全力で応援しよう。




ぶっちゃけ紹介形式は字数稼ぎの苦肉の策
1年 MF 末吉弘昂


0 件のコメント:

コメントを投稿