2011年9月17日土曜日

Halice river in Woderland

投稿クソ遅れてすいません。
おそらくラストフィーリングスということで
構想を練るの時間が掛かりすぎ…

ということはまったくなく忘れてました。

さて最後なら最後らしくこの4年間の軌跡
サッカーに対する熱い思い、仲間との思い出
などなどを情熱大陸風に書き記そうかなと思う所存です。

僕がア式蹴球部に入部を決めたのは浪人生活が終わり
大学生活をイメージし始めたころでした。

当時の僕は勉強が終わってやることがなく
とりあえずジャンプの立ち読みを再開しただけでした。

ジャンプと言えば次週は注目の作品が多いですね。
特に針栖川くんの今後の動向には期待が持てますね。
修学旅行でドキドキの温泉シーン?
そして夜のガールズトークでは遂にまおの好きな人が…
いやー楽しみ。
けどやっぱ2~3週間後には叶恭弘先生の次回作にご期待してんのかな?

はい、完全にフィーリンクズになってしまいました。
てか4年間振り返るとか長すぎるし
仲間との思い出とかただの内輪ネタだし
情熱大陸とか見たことねーし

という訳でサッカーに対する熱い思いだけを
サラッと書いて終わりにしたいと思います。

サッカーって上手くなるのがなかなか難しいスポーツだと思います。
ただの止める蹴るでも上手くやるのはやっぱ難しいし、
かつそれを相手がいるなかでやんなきゃいけないし、
しかもボールをもらうためにもいろんな動きをしなきゃいけないし、
捕ったらファーストに投げる、みたいな明確なセオリーがある訳でもないし、
本当難しいなって思います。

ただ上手くなろうと思って練習すれば劇的には上手くならなくても
ちょっとずつは上手くなると思います。

僕も入部当初はリフティングしてるとこを松谷さんに見られて
会心の笑みを浮かべられるような下手さでした。
今では苦笑いくらいでとどまるようになりました。

そしてちょっとずつでも成長を感じられるのはやっぱ楽しいです。
特に練習でしてきたことが試合で出来たなって時は最高です。

なんで後輩諸君にはまだたくさん時間があると思うんで
成長する楽しみを存分に味わってほしいです。
そして自分も残りのわずかな期間で最高に成長したいと思います。

まとめるとボールは丸いんで一人でも練習できるよってことかな?

4年 最近CB 鈴木

0 件のコメント:

コメントを投稿