2011年10月1日土曜日

アスリートは2度死ぬ。

それは引退するときと、本当に命を絶たれるとき。イバン・サモラーノ


twitterのサッカー選手名言集をフォローしてたらしばらく前に出てきたもの。
時期が時期なだけに心に残った。


小学3年のときから続けてきたサッカーが今の自分という人間を形成する過程でどれだけ影響したか、ということを考えて、それがなくなるということを考えると「死」っていう表現もなんとなく間違ってないような気がする。


サッカーは、自分の人間性を浮き彫りにしてくれると最近思う。きつくなってきたときに自分がどれだけがんばれるか、自分に余裕がないときにどうなるか、苦しい状態でどのように振る舞えるか、どれだけ自分をコントロールできるのか。など普段生活しているだけではなかなか見えてこないことがわかると思う。自分自身について知ることや改めなければと思う点も多々見つかる。


そして自分のサッカー人生を振り返ってみる。初めは小学校の中休みにやるだけだった。友達に誘われ流れで始めたサッカーをここまで長く真剣にやるとは思わなかった。イギリスに行って、まったく英語が話せない状態でもサッカーを通じて友達ができ、そこから徐々に会話ができるようになっていった。高校生活を振り返って思い出すことは部活の事が大半だし、人見知りが解消されたのも高校の部活があったからだと思う。大学にまで入って部活をやることはないと、高校で引退したときは考えていたが、入学して気づいたらア式にいた。ア式に入っていたからこそ、今の自分があるし、入っていなかったら総務含めいろいろなことをやったりすることはなかった。サッカーがなければ今の自分はあり得ないし、今まで下した重要な決断や人生を変えるであろう出来事はサッカーが何かしらの形でかかわっていたように思う。
そして今までの大学生活がとても充実してると感じられたのは、生活の中心にいつもア式があって、毎日真剣にサッカーに取り組む環境、なんとなく長居できてしまう部室があったからだと思う。
そして自分が今までサッカーを続けてこられたのは、どのチームにいる時も、先輩、後輩、そしてなによりも同期に恵まれたからだと思う。本当に感謝してもしきれません。ありがとうございました。




そして引退が近づくにつれて浮かぶ言葉がもう一つ。
「結果が大事なんじゃない、結果が全てなんだ」
というしばらく前まで部室のPCのデスクトップにあった言葉。


結果が全て。過程良し悪しは結果の重要性の前には霞む。
東京大学ア式蹴球部をまったく知らない外部の人が見れば、
関東に昇格した。とか東京都1部で何位だった。という結果しか見てくれないと思う。
自分たちがいくら頑張ろうが、その過程は自分たち身内にしかわからない。
いくら練習しようが、フィット頑張ろうが、試合で結果を残して初めて評価される。
だからこそ、チームとして関東昇格という目標を達成して、結果というものを残したい。


では自分個人はどうか?
秋季はおろか、サタデーにすらあまり出られていない。
今のまま終わるのであれば、結果という意味ではほとんど何も残らないだろう。
少しでも上に上がれるようにしたい。


過程について考えてみる。
今までサッカーをやってきた過程を振り返る。きつかった練習、悔しかった試合、嬉しかったゴール。思い出すことは数多くある。ひとつひとつが良い思い出だと思うし、自分を成長させてくれたと思う。他者に評価されるものではないかもしれないが、自分の中の成長を見ることができる。
チームについても同じだと思う。1年に入部した頃から比較すると練習は遥かに頭を使うようになったし、おもしろいものになった。サッカーの質も格段に上がったと思う。
考えてみるとすごく良い過程を進んでいると思う。あとは関東昇格という結果のみ。


いろいろ書いてごちゃごちゃしてきたが、何が言いたいかというと、
過程は個人、チームをあらゆる面で成長させる。
ただ最後に第三者から見られたり、後々まで残るのは結果だけということ。




あと引退まで3年残ってる人、2年の人、そろそろ1年の人、あと数週間の人。
この残された時間の中で、何が自分がどれだけ成長し、どれだけ結果が残せるのか。
自分も引退するまで、全力で高まっていきたいと思う。
もちろん来年以降もア式という集団がもっとよくなるように、できる協力をするつもりですが。
来年は本郷生ではないですが、キャンパスが白金なのでいける日は行こうと思います。






平日は実験と練習だけの生活だったので、ここまで遅れてしまいました。すみません。
(ここではどうでもいいですが、実験はなかなか進みません。今週はほぼ毎日電気泳動でした笑
文章を書くのが苦手で、とても嫌だったfeelingsも今回で最後(どんなに引退が長引いてももう回ってこないはず)なので、いろいろ書いてみました。おそらく4年間で自分の一番feelingを素直に書きました。
引退まであとわずか。引退後に進まない卒業研究に打ち込まないといけないということは今は考えない。引退したらすぐに中間発表…それを乗り切れるかが引退後最初の試練。




意外にfeelingsが多くの人に読まれていることを最近改めて知って、自分の幼稚な文章を見られるのが恥ずかしいですが…








秋季リーグ残り4試合、立正、立教、東農、帝京、全部潰して、関東行きましょう!
そして最高の形で引退を迎えたい!


4年 MF 野中尚輝

0 件のコメント:

コメントを投稿