2011年10月6日木曜日

そういえば

立正戦のあと、こんな一幕があった

応援席に挨拶して、ベンチに荷物を取りに帰ろうとしたとき、
相手チームが挨拶していたわけだが
「ありがとうございました」
ではなく、
「すいませんでした」
だった
拍手もまばらだった

そのときあまり気にしなかったが、寝る前にふとその光景が
目に浮かんで怖くなった

自分たちが負けたことにあれだけ腹を立てられるチームと戦ってたんだということ
自分たちにそこまで厳しくなれるチームに1点差まで詰め寄られたということ
何回もピンチをつくられたことを改めて思い返して、怖くなった

何年か前、千葉がJ2に落ちそうなとき、なかなか勝てなくて
サポーターが巻と怒鳴りあってたのを覚えてるが
東京都大学リーグの1部も、やはりそういう世界なのだと感じた
何万人の観客も日本全国から集まってくるサポーターもいないけど
負けたら罵倒される、それくらいの覚悟でやっている
立正だって勝ち点7で崖っぷちだったはずだ
負けたら終わりのつもりで臨んでいただろう

のまれたつもりも、弱気になったわけでも、ましてや手を抜いたつもりも
全くないが、それでもとられたあの2点はその気持ちがつくったんだと思う

ただ、それでも勝ちがこちらに転がったのはこちらの準備が、気持ちが、
それを上回っていたということだろう


あと3節、たしかに現時点ではいい位置につけている
でもよく考えれば、完全に道を絶たれたチームはわずかだ
ほとんどがこっから3連勝で関東行ってやる、そんな気概で
毎試合死に物狂いでやると思う

だからうちも今週は先週を上回る最高の準備をして
立教を倒しましょう
春には一度負けた相手だが、立正が最後に見せたような勝利への執念を
チーム全員が持って90分戦い続ければ、絶対に負けないと思う

「やることやってれば絶対負けないから。自信持っていい。」byケンタローさん

今週もやることやりましょう
まずは今日の練習から

3年DF浅井淳平


0 件のコメント:

コメントを投稿