2011年10月19日水曜日

時は待ってくれないんだなぁ

 お久しぶりです。八田です。

 まず今回の投稿が遅れたことは本当に申し訳ないです。いかんせんおっちょこちょいなもので。すいません。
 
 
 もう前回の投稿から三ヶ月以上が経ちました。その間僕は怪我をしてリハビリの大変さを知り、復帰を果たすもののうまく物事が進まないことにイライラを募らせ、19歳になり、心持ちを変えて、ようやく明るい兆しが見え始めたか、、というところでまた怪我をして、結局今現在サッカーをできていません。つまらん。つまらないどころか皆からはサボってんじゃないのかと思われていそうなので心苦しいです。東野軍団長の目線もどこか冷ややかです。悲しい。まぁケガ人がぐちぐち言うのもどこか説得力がないと思うのでもうこの話はやめましょう。おしまい。
 と、なにかと悪いことずくめの三ヶ月であった様に見えますが、思い返してみるとそんなことない、いやむしろ個人的にはこの三ヶ月を経て一段階上のレベルに上がったんじゃないかなぁとすら思います。今から考えると。
 
 いろいろ進歩したのですがとりあえず心にしまっておきます。

 
 実際変化はちょっとなんでしょう。けど少しずつでも伸びてはいるというのは重要なことだと思います。伸びないのは簡単だし。たぶん。

 後はこれをグラウンドの中で表現するだけ。
 
 とかかっこつけてみたけど、できるかなぁ。。いや、まぁ自信を持つんだ自分。やっぱり自信って自分のパフォーマンスにかなりの影響をもたらすと思うのですがそう思いませんか?

 いずれにせよ早く練習に復帰したいです。練習が楽しみです。へへへ。
 最近脳内でサッカーするとそこではもちろんミスをしないので現実と脳内とで大きなギャップが生まれそうでそこは少し怖いところですがまぁいいや。がんばろう!一日一日を大切に!無駄なことなんてない!
 
 とまぁこんなところが自分の近況です。のんきなものです。情けない。というか、今先輩方のfeelingsを読ませていただきましたが、やっぱりまだまだ自分子供だなぁ。視野が狭い。考えも足りない。必ず自分にも最後のfeelingsを書く時はやってくる。できることを今やらねば。

 ここからが本題です。
 秋季最終節がついに来週の日曜となりました。思えばここまであっという間でした。さっと駆け抜けてきたような。しかしまだまだ道半ばです。全員で力を合わせて最後まで走りきりましょう。そして歴史に名を刻みましょう。




 

0 件のコメント:

コメントを投稿